ウーブン・シティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地図

ウーブン・シティ(英:Woven City)は、静岡県裾野市に建設中の実験都市。

概要[編集]

東北地方での事業を拡大したトヨタ自動車東日本は、2020年年末の東富士工場[注 1]の閉鎖を決定。その跡地にて、トヨタ自動車が建設予定の実証都市がWoven Cityである。敷地面積は、東京ディズニーランド約1.5個分(約70万平方メートル)。2021年2月23日着工。

自動運転車ロボット、住宅など、モノや人がインターネットでつながり、集めたデータを活用して最適なサービスを提供する「ヒト中心の街」「実証実験の街」「未完成の街」「Woven City」をめざす[1][2]

最初は、子育て世帯から高齢者まで、トヨタ社員を中心に360人程度が入居し、将来的には2,000人規模にまでなる予定、事業の主体になるのは、ウーブン・プラネット・ホールディングス、都市設計は、デンマーク出身の建築家ビャルケ・インゲルスが手掛ける[3]

名称[編集]

「ウーブン」の読みは誤りで、正しくは woven(ウォウヴン)[注 2]。「織り込まれた」の意。トヨタグループの祖業が織機の製造(豊田自動織機)であることにちなんでいる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ かつての関東自動車工業東富士工場。
  2. ^ [ˈwoʊvən][4]

出典[編集]

  1. ^ “トヨタの未来都市「ウーブン」が着工、入居は4年以内に”. 朝日新聞デジタル. (2021年2月23日). オリジナルの2021年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210224031616/https://www.asahi.com/articles/ASP2R53CZP2MOIPE01M.html 2021年2月24日閲覧。 
  2. ^ “トヨタ、「Woven City」地鎮祭を実施”. トヨタ. (2021年2月23日). オリジナルの2021年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210224031742/https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/34827665.html 2021年2月23日閲覧。 
  3. ^ “トヨタの未来都市、2月23日着工「ウーブン・シティ」10の疑問”. 日経TECH. (2021年2月21日). オリジナルの2021年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210224031935/https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01537/00018/ 2021年2月21日閲覧。 
  4. ^ wovenの意味・使い方・読み方” (日本語). eow.alc.co.jp. 2021年4月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度13分13.3秒 東経138度54分43.9秒 / 北緯35.220361度 東経138.912194度 / 35.220361; 138.912194