ヒロセ元美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒロセ もとみ
ヒロセ 元美
本名 廣瀬 元美
生年月日 (1926-04-29) 1926年4月29日(91歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国 上海市
職業 ストリッパー女優
ジャンル ストリップ映画
活動期間 1949年 - 1950年代前半

ヒロセ 元美(ヒロセ もとみ、1926年4月29日 - )は、日本のストリッパー女優である[1]。本名廣瀬 元美(読み同)[1]

人物・来歴[編集]

1926年(大正15年)4月29日中華民国上海市(現在の中華人民共和国上海市)に生まれ、両親の経営する日本料理屋で育つ[1]。1946年(昭和21年)、日本に帰国する。

1949年(昭和24年)、ダンサーとしてデビュー、翌1950年(昭和25年)、日劇小劇場(のちの日劇ミュージックホール)のストリップショーに出演する[1]。同年2月、「わいせつ物陳列罪」(わいせつ物頒布等の罪)で検察庁に送られ、「劣情を催すかどうかは見る人の勝手」と主張して、不起訴処分となる[1]

人気絶頂の同年、新東宝が製作・配給した『青春のデカメロン』を初めとして、4本の映画に出演した。作家の坂口安吾も、1950年(昭和25年)8月1日発行の『文藝春秋』に掲載された『安吾巷談 ストリップ罵倒』で、ダンサーのなかでもヒロセに注目している[2]

フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ヒロセ元美、デジタル版 日本人名大辞典+Plus, コトバンク、2012年4月18日閲覧。
  2. ^ 安吾巷談 ストリップ罵倒坂口安吾青空文庫、2012年4月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]