日劇ミュージックホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日劇ミュージックホール(にちげきミュージックホール)とは、東京都千代田区有楽町日本劇場の5階にあったミュージックホールのことである。

昭和27年(1952年)、5階の小劇場に開場し、その後、有楽町再開発に伴い有楽町センタービル(有楽町マリオン)が同地に出来ると興行場所を移動して昭和59年(1984年)、東京宝塚劇場において閉場した。コント55号らを産んだ浅草フランス座と並び昭和の裸体舞踊の全盛期を支えた。上演されるレヴューは主にトップレスの女性ダンサーによるものであったが、衣服を脱いでいく過程のあるストリップとは異なる。あき竹城らは東京12チャンネル(テレビ東京)の山城新伍の番組に出演し、トップレスでのダンスを披露した。

沿革[編集]

劇作家の丸尾長顕が日劇において設立。東宝小林一三から「女性が見ても上品なエロチズムの探求」という承諾を受けてスタートする。以降、数多くの優秀なダンサーたちやコメディアンをそれぞれ輩出した。

日劇ミュージックホールをささえた黄金時代とは、創立時の昭和27年から昭和33年頃であり、この頃の代表的なダンサーとしては伊吹まりメリー松原春川ますみ奈良あけみなどがおり、トニー谷泉和助関敬六E・H・エリックたちがコントを担当。のちの作家深沢七郎が「桃原青二」名でギターを弾いた時期もあった。また、特別な演目として三島由紀夫、寺山修司、新藤兼人、武智鉄二、山口清一郎、高林陽一、勅使河原宏らが脚本を手がけた。山口監督脚本で女優、田中真理が出演したこともある。

その後は、小浜奈々子舞悦子朱雀さぎりなどが劇場に華を咲かせた。また松永てるほは、日活ロマンポルノ『赤い花弁が濡れる』に出演するなど、女優としても活躍した[1]。なお、ミュージックホールがあった場所は現在のマリオンが建っている場所であるが、解散する頃にはメイン舞台である日劇は取り壊され、代わって東京宝塚劇場を借りて公演を行っていた。浅草フランス座と並んで昭和を代表する正統派の娯楽の殿堂でもあった。

出演者[編集]

ダンサー[編集]

コメディアン[編集]

ゲスト[編集]

女優[編集]

歌手[編集]

ビデオ[編集]

  • 日劇ミュージックホール《復刻集》 - VHSビデオ2巻

参考資料[編集]

  • 日劇ミュージックホールのすべて 丸尾長顕 1964
  • 裸の女神たち―日劇ミュージックホール物語 石崎勝久 1982

脚注[編集]

関連項目[編集]