ヒドノラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒドノラ科
クロンキスト体系
HydnoraAfricanaEmergingFlowerInDesertDominatedByEuphorbiaMauritanicaNearFishRiverCanyonSouthernNamibia2000.jpg
Hydnora africanaの花
Euphorbia mauritanicaに寄生したもの)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ラフレシア目 Rafflesiales
: ヒドノラ科 Hydnoraceae
学名
Hydnoraceae C.Agardh (1821)

本文参照

ヒドノラ科 (Hydnoraceae) は双子葉植物の科で、すべて全寄生植物から構成され、2属に分けられる。

ヒドノラHydnora属はアフリカ、アラビア、マダガスカルの乾燥地帯に5種が分布し、プロソパンケProsopanche属は中南米に2種が分布する。

葉はまったく生えておらず、他の植物に寄生した(茎に由来するともいわれる)から蕾が直接生えて開花する(一部の種では地中に開花する)。花は悪臭を放ち、甲虫授粉する。一部の種は発熱し、これはザゼンソウと同じように臭いを発散させるのに役立つと思われる。花には花被が3または4個、雄蕊が同数または2倍あり、子房下位。果実はさく果、または芳香のある液果で動物が食う。微細種子が多数できる。Hydnora属はトウダイグサ科アカシア属に、Prosopanche属はマメ科の植物に寄生する。

多くの寄生植物と同じく、従来の分類学上の位置は確定していなかった。クロンキスト体系ではラフレシア科などとともにラフレシア目に入れていたが、新エングラー体系では花の形態がウマノスズクサ科に似ることからウマノスズクサ目に入れていた。APG植物分類体系ではウマノスズクサ科と一緒にコショウ目に入れることが確定している。

外部リンク[編集]