道管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

道管(どうかん、導管とも)は、被子植物木部組織における主要構成要素であり、主に分通導の役割を担っている。

道管の形成は、細胞壁へのリグニンの蓄積による強度向上と原形質の消失による細胞死が一方向に連続して起きることで形成されていく。

その他の維管束植物シダ植物裸子植物と一部の被子植物)では、道管の代りに隔壁を失っていない仮道管があり、こちらは水分通導と機械強度の二つの機能を担っている。

関連項目[編集]