パヴェル・ポポフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パヴェル・ポポフPavel Popov, 1975年 - )はロシアヴァイオリニスト

略歴[編集]

ノヴォシビルスクの音楽家の家庭に生まれ、サンクトペテルブルク音楽院ウラディーミル・オヴチャレクに学ぶ。1997年の全ロシア・ヴァイオリン・コンクールに入賞し、「2000年のヴィルトゥーゾ達」国際音楽祭(1993年モスクワ)に「ヴィルトゥーゾ・クインテット」の一員として、またカルタニッセッタ・ベッリーニ国際コンクール(1999年)に「トリオ・ヴィクトリア」の一員としてそれぞれ入賞している。1996年にはドイツ・ワーグナー協会の給費生となり、2002年にはロシア大統領奨励金を給付された。1991年にコンサート・デビューし、1995年にはサンクトペテルブルク・フィルハーモニー大ホールで初めて演奏している。その後「トリオ・ヴィクトリア」のメンバーとしてアメリカドイツなど各国で演奏するとともに、ロストロポーヴィチテミルカーノフマルク・ゴレンシュタイン等の指揮者と協演。現在はサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の第一ヴァイオリン次席をつとめるとともに、ソリストとしても活躍する。またサンクトペテルブルク音楽院をはじめ各国のマスタークラスで教鞭を取っている。日本では馴染みがなく、音源もスタニスラフ・ゴルコヴェンコ指揮サンクトペテルブルク放送交響楽団(現サンクトペテルブルク市立交響楽団)と協演したヴィヴァルディ四季」ぐらいしか入手できないが、サンクトペテルブルクでは非常に評価の高いヴァイオリニストである。