パリ造幣局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Monnaie de Paris
企業形態 国有企業(100%)
業種 硬貨とメダルの生産
設立 西暦 864年6月25日
本社 フランスパリ & ペサック
事業地域 欧州連合
主要人物 Aurélien Rousseau
(最高経営責任者)
製品 コイン
メダル
所有者 Agence des participations de l'État
従業員数 500人[1]
ウェブサイト www.monnaiedeparis.fr
テンプレートを表示

パリ造幣局フランス語:Monnaie de Paris)は、フランスユーロ硬貨の生産を担当している国有企業である。連続稼働している造幣局としては最古のもので、創立は西暦864年である。パリペサックの二か所で運営されている。

元はフランス財務省下の「通貨とメダル局(Direction des Monnaies et Médailles)」であったが、2007年に独立した法人格となった[2]

歴史[編集]

西フランク王シャルル2世ピトル勅令によって、西暦 864年6月25日に設立された。したがって、フランス最古の行政機関となる[3]

パリ造幣局の施設[編集]

パリの施設

en:Hôtel des Monnaies, Parisは、18世紀の建物でパリ6区に建っている。

最寄駅は、パリ地下鉄7号線ポンヌフ駅である。

一般市民に公開できるようにする2011年に開始された改装プロジェクト「メタルモルフォーゼ[4]」が2017年9月30日に終了し、敷地内の80%が見学可能となった。「Musée du 11 Conti」と呼ばれ、希少なメダルなどのコレクションが展示されている貨幣博物館、イベント会場、レストランなどが入った複合施設となった[5][6][7]

ペサック

ジロンド県ペサックの施設では、偽造ユーロ硬貨の分析研究を行う機関などが置かれている。

造幣[編集]

フランスのユーロ硬貨の他、タイやレバノンなど海外の硬貨製造を請け負っている[8]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Le Monde du mardi 9 février 2010, Economie p.6
  2. ^ Loi du 21 décembre 2006, art. 36
  3. ^ (fr) « La Monnaie de Paris, un futur lieu touristique », sur La Tribune (consulté le 31 mars 2016)
  4. ^ MétaLmorphoses:メタル+メタモルフォーゼをかけた造語
  5. ^ Pierre de Boishue, « Les valeurs inestimables de la Monnaie de Paris », Le Figaro Magazine, semaine du 29 septembre 2017, pages 74-81.
  6. ^ 今見ておきたい、パリの新名所フランス観光開発機構
  7. ^ https://www.monnaiedeparis.fr/ retrieved 27 Sept 2017
  8. ^ 新硬貨、パリ造幣局が無断公開=機密漏えいで法的措置検討-タイ時事通信2017/12/06-20:19)

外部リンク[編集]