パトリック・ロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パトリック・ロワ
生誕 (1965-10-05) 1965年10月5日(52歳)
カナダの旗 カナダ
ケベック州の旗 ケベック州 ケベック・シティー
身長
体重
6 ft 1 in (1.85 m)
210 lb (95 kg; 15 st 0 lb)
ポジション ゴールテンダー
キャッチ 左利き
所属クラブ モントリオール・カナディアンズ
コロラド・アバランチ
代表 カナダ
NHLドラフト 全体51番目(1984年)
モントリオール・カナディアンズ
現役期間 1985年 – 2003年
2006年殿堂入り

パトリック・ロワPatrick Roy, 1965年10月5日 - )は、カナダのプロ・アイスホッケー選手で、ポジションはゴーリーである。

NHL史上で最多試合出場、最多勝利数記録を更新、エクスパンション時代で最高のゴーリーと評価されることが多い。

経歴[編集]

ケベック州ケベック・シティー生まれのアイルランド系移民。

ロワは、モントリオール・カナディアンズからNHL人生をスタートさせ、ここで1984年から1995年までプレーした。その後2003年の引退まで、コロラド・アバランチで選手生活を送った。

スタンレー・カップ優勝経験、カナディアンズとアバランチで2度ずつ合計4度経験している(1986年1993年1996年2001年)。また、これと並んでコーン・スマイス賞も、3度獲得している(1986年、1993年、2001年。なお、1996年はアバランチのキャプテンジョー・サキック (Joe Sakic) が獲得)。

ロワに関してよく知られた逸話(奇行)としては、青や赤のライン上をスケートで横切ることがないとか、試合毎に子供の名前をスティックに書くだとか、シャットアウトを決めた試合に使用したパックは、シーズン終了までロッカーにしまっておくなどがある。また、試合中にゴールポストに話しかけることでも知られている。

また、ロワの自負心の強さは有名である。かつてジェレミー・ローニック( Jeremy Roenick)が、パトリック・ロワから3点を取った後のインタビューで「この第3試合、パトリックはどこで何してたんだろうか知りたいもんだね。たぶん、・・・」と皮肉ると、ロワも負けじと「ジェレミーが何を言ったかよく聞こえなかったよ。だって、僕は耳をスタンレー・カップ優勝記念のリングで栓をしていたからね。」と応じた。

ロワは、シュートをセーブすると、グラブを頭上に持ち上げて、まるで自由の女神のようなポーズをとることがあった。2002年、西部カンファランス決勝の第6試合で、ロワは自身がパックをつかんでいると誤信し、このポーズをとっている間に、ブレンダン・シャナハン(Brendan Shanahan) に得点されたこともあった。 

これらの出来事にもかかわらず、ロワの卓抜さは、数々の受賞歴が示している。1989年、1990年、1992年にはヴェジーナ賞(最優秀ゴーリー賞)、1987年、1988年、1989年(この3年は Brian Hayward と同時)、1992年、2002年にはウィリアム・M・ジェニングス賞(最少失点ゴーリー)をそれぞれ受賞している。

さらに、完封勝利数ではリーグ1位、平均失点率でも2度のリーグトップを記録している。オールスターでは、第1チームで3回、第2チームで2回、通算8回の出場を果している。

1990年6月9日、Michèle Piuze と結婚し3人の子供を儲けた。

2003年10月28日、コロラド・アバランチは、ロワの背番号33を永久欠番とした。

2006年ホッケーの殿堂入りを果たした。

2008年11月22日モントリオール・カナディアンズも33を永久欠番とした。

現役当時達成したNHL記録[編集]

  • ゴーリーによるシーズン30勝以上の回数(10)
  • ゴーリーによるポストシーズン最多出場(196)
  • ポストシーズン出場時間(12094分)
  • ポストシーズン無失点記録(15)
  • 最多生涯勝利数(551)後に更新された。
  • 最多出場試合数(1029)後に更新された。
  • 最多プレイオフ勝利数(151)
  • 最多プレイオフ出場数(247)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]