パチスロモンキーターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パチスロ「モンキーターン」は、2011年3月に山佐から発売されたパチスロ機(5号機)である。

テレビアニメモンキーターン』のタイアップ機。根強い人気でじわじわと導入台数を増やし、累計販売台数は導入当初の20倍となる6万台を超える大ヒット作となった。

概要[編集]

本機は、ビックボーナスなどのボーナス(役物)を一切搭載しておらず、アシストリプレイタイム(ART)「SG RUSH」のみで出玉を増やす仕様となっている。

通常時[編集]

ARTの当選契機は3種類。

  1. 規定G数到達
    4号機のストック機にあった「G数解除」をモチーフにしたシステム。内部モードによって、最大G数(天井)が128G(天国モード)から1280G(通常モードA)までの振り分けがある。
    またART中にグランドスラムを達成した場合のみ、最大G数が32G(超天国)となる。
  2. 「超抜チャレンジ」からの当選
    通常時のレア役で抽選される「超抜チャレンジ」では、基本的規定G数が10Gor20Gでプロペラ(ベルに相当)成立時に抽選を行い、10%(設定5は11%、設定6は12%)の確率でARTに当選する。
    各設定毎に規定G数の振り分けが抽選されるが、仮に内部的に10Gが規定G数の場合、その10G間でベルが成立しなかった時、規定G数は20Gまで保証される。
    また、20G間に一度もプロペラが成立しなかった場合、規定G数が無限となりART当選まで継続となる。
  3. 通常時のレア役からの当選
    レア役成立時のART直撃抽選も行ってはいるが、当選確率は非常に低い。特にART当選+「超抜チャレンジ」のストックが確定する「究極目」の成立確率は65536分の2である。
    また、ART準備中のレア役は超抜チャレンジの抽選のみとなりメイン管理の弊害ともいえる。

ART「SG RUSH」[編集]

ART「SG RUSH」は、初期G数は50G(通常ART40G+継続をかけたレース10G)、1Gあたりの純増枚数は約2枚。

ゲーム性は、G数上乗せと最大8セットのシナリオを用いた継続率管理である

ART中に主にレア役(チェリー・チャンス目など)が成立するとG数の上乗せ抽選を行うほか、10~20Gの上乗せ特化ゾーンとなる「全速モード」への突入抽選も行う。「全速モード」中はプロペラ成立時の100%でG数の上乗せが行われ、 レア役などでも高確率で上乗せ抽選が行われる。また、全速モード中のカットインは青Vダブル揃いが確定する。

シナリオによる継続管理

セット間の継続に関しては、予め各セットごとに継続率を設定した「シナリオ」をART突入時に抽選する。ART中はシナリオに基づいた確率で継続抽選を行うが、ART中のみ出現する青V揃いの特殊リプレイが成立した場合は継続率に関わらず継続が確定する。 シナリオは全9種類あり、各シナリオごとに1~7セットの継続率が予め定められており継続抽選は、ART突入時に当該シナリオに応じた各セット毎の継続抽選が行われている。

V揃いと継続管理詳細

上記に記述しているように青V揃いすれば継続確定となる。ただ、シナリオ管理の各セットの継続有無はART突入時に予め定められている為、内部的に継続抽選に当選している場合は無駄引きとなってしまう場合もある。

その為、V揃いするタイミングが非常に重要になってくる。例えば、1セット目(非継続)→2セット目(継続)→3セット目(継続)と内部的に抽選されていた場合、1セット目にV揃いすれば3セット目まで内部的に継続確定となる。

後に、この機種のシナリオ管理をオマージュした戦国コレクション(KPE)が登場し、この機種は当該機種よりもシナリオ管理の継続システムを特徴づけたシステムとなっており、セット継続の連チャンが激しい機種となっている。

演出等

ART中の演出やラウンド表示画面で継続率やシナリオの推測が可能となっており、ラウンド表示画面に「澄&ありさ」が登場すると8セット完走のモード滞在が確定するが、8セット目までにラウンド表示画面に「澄&ありさ」が登場しなければ自力での8セット完走が濃厚となる。

全8セットを完走すると「グランドスラム」となり、ART終了後32G以内に次回ART突入が確定する「超天国モード」に入る。

備考[編集]

本機は「東日本大震災」の直前に設置されたが、震災以後に発売された「青島パネル」では「がんばろう日本」の表示がある。

脚注[編集]


外部リンク[編集]