パスティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水で割ったパスティス
パスティスの1銘柄“Anilou”
パスティスの1銘柄“Ricard”

パスティスPastis)はフランスリキュールの一種。

歴史[編集]

パスティスは元々、ニガヨモギを加えて作る香草系リキュールアブサンの代替品として生み出された。パスティスの名はSe pastiser(似せる、まがい物の意。パスティーシュと同語源)に由来する[1]スイスでは1907年に、フランスなどでは1915年にアブサンの製造・流通・販売が禁止されたため、1932年にポール・リカールによりアブサンの製法を改良して「リカール(Ricard)」が作られた[1]。その後ペルノー社など、アブサン製造元であった多くのメーカーで製造されるようになり、現在に至る。

特徴・背景[編集]

マルセイユ産のスターアニスと、リコリスフェンネル等のハーブにより風味付けされている。

アルコール度数(ABV)は40-45度と強く、甘口だが、強烈なアニス風味が特徴。特にフランスのマルセイユで作られ、アルコール度数45度以上かつ、アニスが1リットルあたり2グラム以上含まれるものにはパスティス・ド・マルセイユと表示されることが認められる。

フランスでは特に南部地方を中心に食前酒として愛飲されてきた。

一般に氷や水で割るか、シロップを加える、カクテルに用いるなどして飲む。緑色のアブサンに対しパスティスは琥珀色だが、アブサン同様水で割ると白濁する。

イギリスの作家ピーター・メイル著のエッセイ『南仏プロヴァンスの12ヶ月』(ISBN 4309202098、日本語版は1993年出版)中で紹介されてから特に有名になった。

パスティスのブランド[編集]

パスティスを使ったカクテル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 福西英三『リキュールブック』第8刷 柴田書店 2004年、ISBN 4388058033 pp.46-49.

関連項目[編集]