パイオニア (パチスロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 パイオニア
PIONEER CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 577-0013
大阪府東大阪市長田中1丁目4-6
設立 1972年5月
業種 機械
法人番号 4122001011225
事業内容 スロットマシンの企画・開発・製造販売
代表者 代表取締役社長 野口三次
外部リンク http://www.slot-pioneer.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社パイオニアは、大阪府東大阪市に本社を置くパチスロメーカーである。

特徴[編集]

沖スロにおける代表的なメーカーである。沖スロに限らず、販売した機種のほとんどが付加機能を持たないゲーム性の「純Aタイプ」の機種であるばかりか、創業から現在までタイアップ機種や液晶付きの機種を一切出したことがない企業である。(3号機以前から参入した企業では唯一となる)

沿革[編集]

パチスロ・ハナハナの日[編集]

株式会社パイオニアが自社の人気パチスロ「ハナハナ」シリーズをPRするために制定。日付は8と7でシリーズ名の「ハナハナ」と読む語呂合わせと、機種イメージが夏であることから。機種名の「ハナハナ」の語源は沖縄の言葉で「乾杯」を意味している[2]

発売機種[編集]

3号機以前(主要機種)[編集]

  • 1985年 - フォーチュンワン(1号機)
  • 1988年 - スーパーセブン(2号機)
  • 1990年 - ムサシ(3号機)

4号機(主要機種)[編集]

5号機[編集]

機種名 発売年月 備考
ニューオアシス 2006年2月 初の5号機
ゴールドシオ-30 2006年5月
ブリチカ-30 2006年9月
マリーンギャング 2007年1月
ニューハナハナ-30 2007年2月
ビッグハイビ-30 2007年9月
華一番(-30) 2007年11月 新筐体採用
ハナダマシイ(-30) 2008年3月
スペシャルハナハナ-30 2008年7月
シオサイ-30 2008年11月
スペシャルオアシス 2009年1月
スーパーアロハ 2009年5月
スーパーセブン 2009年7月
サンサンハナハナ-30 2009年8月
シオサー-30 2010年1月
ハイハイ-30 2010年2月
サンサンオアシスキュイーンVer. 2010年6月
ビッグシオV 2010年9月 初のART機
スペシャルハナハナII-30 2010年12月
シオサイマックス-30 2011年2月
キングハイビ-30 2011年6月
ミルキーマーチ 2011年7月 初の完全後告知機
キングハナハナ-30 2011年10月
オアシス 2012年6月
シオサイA-30 2012年7月
ドラゴンハナハナ-30 2012年10月
スーパーシオ-30 2013年4月
キンバリー-30 2013年4月
ラクラクビスカス 2013年7月
クイーンハナハナ-30 2013年10月
クイーンオアシス 2014年2月
テンパイラッシュ 2014年6月
ニューキングハナハナ-30 2014年9月
スーパーラクラクビスカス 2015年3月
沖縄フェスティバル-30 2015年6月
ハナハナホウオウ-30 2015年9月

5.5号機・5.9号機[編集]

機種名 発売年月 備考
スーパーオアシス 2016年2月
ユルビスカス-30 2016年3月
ドリームハナハナ-30 2016年6月
もっと!沖縄フェスティバル-30 2016年10月
オアシスデイズ 2017年1月
ドキドキマンゴー(-30) 2017年4月
グレートキングハナハナ-30 2017年7月
グレートキングハナハナ 2017年11月 5.9号機、ハナハナシリーズ初の25パイ版
ニューシオサイ-30 2018年3月 5.9号機
シークレットハイビスカス 2018年5月 5.9号機
マシマシ(-30) 2018年8月 5.9号機、RT機
ツインドラゴンハナハナ-30 2018年10月 5.9号機
プレミアムハナハナ-30 2019年4月 5.9号機

6号機[編集]

機種名 発売年月 備考
ハイハイシオサイ 2019年8月 シオサイシリーズ初の25パイ版

脚注[編集]

外部リンク[編集]