バンコク芸術文化センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯13度44分48秒 東経100度31分48秒 / 北緯13.74667度 東経100.53000度 / 13.74667; 100.53000 バンコク芸術文化センター(バンコクげいじゅつぶんかセンター、タイ語:หอศิลปวัฒนธรรมแห่งกรุงเทพมหานคร、英語:Bangkok Art and Culture Centre、略名:BACC)は、タイ王国バンコク都パトゥムワン区にある美術館。英語による正式名称は『バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター』。

概要[編集]

バンコク芸術文化センター 外観
バンコク芸術文化センター 内観

バンコク芸術文化センターは、バンコクのMBKセンター向かい、パトゥムワン交差点にある総面積25,000m²、地上9階、地下2階建ての美術館。現代美術・文化振興を目的にバンコク都によって設立され、美術音楽舞台芸術映画文学デザインの展示を行っている。バンコク芸術文化センター財団が管理する。2008年7月に開館した。

建物内の施設として、オーディトリアム(222席:5階)、多目的ホール(300席)、スタジオ(350席)、ミーティングルーム、図書館(600m²:地下階)アートコンベンション・スペース、レストラン、ミュージアムショップがある。開館時間は10:00 - 21:00(図書館:10:00 - 18:00)。月曜休館。入館無料、しかし展示によっては入場料必要。

沿革[編集]

1994年から、タイの芸術家ネットワークによって精力的な設立運動が行われた。当時バンコク都知事であったピチット・ラッタグン (พิจิตต รัตตกุล) がその設立計画を承認した。2000年に建物の建設が始まったが、資金不足から中断された。その後、2005年12月に再着工し、2006年末に落成した。もともと計画ではバンコク・メトロポリタン近代美術館 (Bangkok Metropolitan Museum of Contemporary Art:BMOCA) という名前を使っていたが、開館前に現在の名前に変更をした。

立地[編集]

展示スペース[編集]

作品展示スペースは3,000m²(7、8、9階にそれぞれ1,000m²のスペース)、さらに追加1,000m²の拡張スペースがある。

外部リンク[編集]