バルバラ・ザーポリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド王妃バルバラ

バルバラ・ザーポリャポーランド語表記:Barbara Zápolya / ハンガリー語表記:Szapolyai Borbála,1495年 - 1515年10月2日)は、リトアニア大公を兼ねたポーランド王ジグムント1世の最初の妃。

ハンガリーの大貴族サポヤイ・イシュトヴァーンの娘、母はピャスト朝の流れをくむチェシン公国(テッシェン)の統治者プシェミスワフ2世の娘ヤドヴィガ。後にハンガリー王となったサポヤイ・ヤーノシュは兄である。1512年にジグムント1世と結婚し、間にヤドヴィガ(ブランデンブルク選帝侯ヨアヒム2世に嫁ぐ)とアンナ(1515-1520)と二人の娘をもうけた。バルバラの死後、ジグムントはヴァヴェル城内にジグムント礼拝堂の建設を命じ、そこに妻の遺骸を埋めた。