コンテンツにスキップ

バウルジャン・ムルザバエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バウルジャン・ムルザバエフ
2023年東海S表彰式
基本情報
国籍 カザフスタンの旗 カザフスタン
出身地 アルマトイ
生年月日 (1992-09-17) 1992年9月17日(31歳)
身長 169cm
体重 54kg
騎手情報
所属厩舎 アンドレ・ファーブル
テンプレートを表示

バウルジャン・ムルザバエフカザフ語: Бауыржан Мұрзабаев, 英語: Bauyrzhan Murzabayev, 1992年9月17日 - )は、カザフスタン出身、ドイツ連邦共和国を拠点に活動している競馬騎手である。

経歴・人物

[編集]
  • カザフスタン・アルマトイ出身。実家が競走馬所有家庭であったことから少年時代より競馬に興味を持つ[1]
  • 2007年にカザフスタンのアルマトイ競馬場英語: Almaty hippodromeで見習騎手となり、レースにデビュー。
  • 2016年にチェコ共和国プラハへ活動の場を移し、プラハ・ヴェルカチュフレ競馬場チェコ語版で開催されている「Europeran Jockeys Cup」では2016年、2018年と二度の優勝を飾っている[2]
  • 2013年に初めてドイツ連邦共和国で騎乗し、ギュータースローアンドレアス・ウォーラードイツ語版厩舎を経て、ケルンペーター・シールゲン厩舎に所属した[3]
  • 2020年に528戦119勝で、初めて独リーディング1位となる。
  • 2021年に545戦110勝で、2年連続独リーディング1位となる。
  • 2022年7月3日、第153回ドイチェスダービーサンマルコで制覇[4]
  • 2022年11月6日、独バイエルン大賞(GI)をテュネスで優勝。
  • 2022年の成績を446戦96勝とし、2020年から3年連続で独リーディング1位となる[5]
  • 2022年11月に日本中央競馬会(JRA)の競走限定免許を取得し、同月26日の東京競馬場第1レース2歳未勝利戦で日本初騎乗(2着・キープブライトン)、翌27日の第42回ジャパンカップ東京競馬場)ではテュネスに騎乗(9着)[1]
  • 2022年12月17日、日本中央競馬会の短期騎手免許を取得した(同月30日まで)。身元引受調教師は清水久詞、契約馬主は米本晃子[6]
  • 2022年12月18日、中京競馬場第2レース(3歳以上1勝クラス)ルーパステソーロで日本競馬初勝利。
  • 2022年12月28日、中山競馬場で開催された第39回ホープフルステークスに於いて14番人気のドゥラエレーデに騎乗し、ゴール前で逃げ粘るトップナイフを鼻差で交わして1着となり、日本での初オープン特別以上勝利、初重賞勝利、初GI制覇となり[7]、また、ドイツ拠点騎手としても初のJRA・GI制覇となった。
  • 2023年1月7日、JRAの短期騎手免許を取得した(2度目、同年3月5日まで)。身元引受調教師・契約馬主ともに前回と同様[8]
  • 2023年3月、アンドレ・ファーブル厩舎所属の騎手になる[9]
  • 2023年11月30日、JRAの短期騎手免許を取得した(3度目)。期間は同年12月2日から30日まで。身元引受調教師、契約馬主とも前々回・前回と同様[10][11]
  • 2024年2月14日、JRAの短期騎手免許を取得した(4度目)。期間は同年2月17日から4月14日まで。身元引受調教師及び契約馬主は引き続きそれぞれ清水久詞と米本晃子[12]。期間中に阪神競馬場で17勝をあげて、2024年の阪神競馬場年間リーディングジョッキーを獲得した。

主な勝ち鞍

[編集]

ドイツ

[編集]

イタリア

[編集]

日本

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b 【ジャパンC】4年連続の独リーディング目前、ムルザバエフ騎手が初来日 テュネスに「満足」 日刊スポーツ 2022年11月24日
  2. ^ Bauyrzhan Murzabayev won the Cup for the second time Chuchlearena 2018-09-25
  3. ^ JOCKEYS ペーター・シールゲン公式サイト
  4. ^ 独ダービーはサンマルコが接戦制す、デットーリ騎乗のソームーンストラックは3着”. JRA-VAN ver.World. 2022年12月28日閲覧。
  5. ^ ドイツで3年連続リーディング バウルジャン・ムルザバエフ騎手にJRA短期免許交付 netkeiba.com.
  6. ^ バウルジャン・ムルザバエフ騎手に短期免許交付 - JRAニュース(日本中央競馬会)2022年12月17日
  7. ^ 【ホープフルS】3連単246万超の大波乱! 14番人気ドゥラエレーデが2歳中距離王に輝く サンケイスポーツ 2022年12月28日
  8. ^ バウルジャン・ムルザバエフ騎手に短期免許交付 - JRAニュース(日本中央競馬会)2023年1月7日
  9. ^ Godfrey, Nicholas (2023年3月14日). “German champion Bauyrzhan Murzabayev moves to big leagues as first jockey to Andre Fabre”. Thoroughbred Racing Commentary. 2023年9月16日閲覧。
  10. ^ バウルジャン・ムルザバエフ騎手に短期免許交付 - JRAニュース(日本中央競馬会)2023年11月30日
  11. ^ バウルジャン・ムルザバエフ騎手に短期騎手免許を交付 今週末から12月30日(土)まで - 競馬実況web(ラジオNIKKEI)2023年11月30日
  12. ^ バウルジャン・ムルザバエフ騎手に短期免許交付”. 日本中央競馬会. 2024年2月17日閲覧。

外部リンク

[編集]