ハンス・シュタットルマイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ハンス・シュタットルマイヤー

ハンス・シュタットルマイア(Hans Stadlmair, 1929年5月3日 - 2019年2月13日[1])は、オーストリア出身の指揮者作曲家[2][3]

ノイホーフェン・アン・デア・クレムスの生まれ。1946年から1952年までウィーン音楽院クレメンス・クラウスアルフレート・ウールに指揮法を学び、1956年にはヨハン・ネポムク・ダーフィトに作曲を学んだ。1955年から1995年までミュンヘン室内管弦楽団の首席指揮者を務めた。作曲家としては、ヴィオラとオルガンのための教会ソナタや管弦楽曲《ミロ》などがある。1989年にドイツ連邦共和国功労勲章を受勲。

脚注[編集]

  1. ^ “DAS NATURELL HAT MIR GEHOLFEN” (ドイツ語). BR. (2019年2月14日). https://www.br-klassik.de/aktuell/news-kritik/nachruf-hans-stadlmair-100.html 2019年2月17日閲覧。 
  2. ^ [1]
  3. ^ bach-cantatas.com