ハワード・ファスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Howard Fast
ハワード・ファスト
ペンネーム E・V・カニンガム
(E. V. Cunningham)
ウォルター・エリクソン
(Walter Ericson)
誕生 Howard Melvin Fast
1914年11月11日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没 (2003-03-12) 2003年3月12日(88歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州グリニッジ
職業 小説家
活動期間 1933年 - 2001年
主題 小説
代表作 『スパルタクス』(1951年)
デビュー作 Two Valleys
子供 2人
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ハワード・ファスト(Howard Melvin Fast, 1914年11月11日 - 2003年3月12日)は、アメリカ合衆国小説家ハワード・ファーストとも表記される。E・V・カニンガム(E. V. Cunningham)とウォルター・エリクソン(Walter Ericson)のペンネームも持っている。

来歴[編集]

ニューヨーク生まれ。父親はウクライナから、母親はイギリスからそれぞれ移住してきたユダヤ人。9歳の時に母親が亡くなり、父親が失業したため、兄と共に新聞配達をして働いた。のち、ニューヨーク公共図書館でパートとして働く。

サッコ・ヴァンゼッティ事件を題材にした『ぼくらは無罪だ! -サッコとヴァンゼッティの受難-』、スパルタクスの起こした第三次奴隷戦争を題材にした『スパルタクス』、レキシントン・コンコードの戦いを題材にした『四月の朝』、ピークスキル暴動を題材にした『ピークスキル事件』など、歴史上の事件を題材にした小説を多数執筆、その多くが映画・テレビドラマ化された。中でも有名なのが、1960年の映画『スパルタカス』である。

アメリカ共産党の党員でもあり(1943年に加入)、1950年、下院非米活動委員会に召喚されたが、証言を拒否した事から3カ月の禁固に処せられている。1953年、スターリン平和賞を授与されたが、この後、脱党した。

兄のジュリアス・ファスト、息子のジョナサン・ファストも作家。

2003年3月12日、88歳で死去。

著作[編集]

小説[編集]

  • 『市民トム・ペイン -「コモン・センス」を遺した男の数奇な生涯-』Citizen Tom Paine (1943) 宮下嶺夫訳、晶文社/晶文社アルヒーフ
  • 『自由の道』 Freedom Road (1944) 山田敦訳、青銅社
  • 『アメリカ人』The American: A Middle Western Legend (1946) 山田敦訳、青銅社
  • 『スパルタクス』 Spartacus (1951) 村木淳訳、三一書房/三一新書
  • 『ぼくらは無罪だ! -サッコとヴァンゼッティの受難-』 The Passion of Sacco and Vanzetti, a New England legend (1953) 松本正雄藤川健夫訳、新評論社
  • 『平凡な教師 サイラス・ティンバマン』 Silas Timberman (1954) 白井泰四郎訳、理論社
  • 『邪教の神殿―作家と共産党』 (1959) 後藤富男訳、日本外政学会
  • 『ディナー・パーティー -ある上院議員の長い一日-』The Dinner Party (1987) 宮下嶺夫訳、サイマル出版会
E・V・カニンガム(E. V. Cunnigham)名義
  • 『いとしのシルヴィア』Sylvia (1960) 永来重明訳、ハヤカワ・ミステリ
  • 『おひまなペネロープ』Penelope (1965) 乾信一郎訳、ハヤカワ・ミステリ
  • 『復讐するサマンサ』Samantha (1967) 永来重明 訳、ハヤカワ・ミステリ
ウォルター・エリクソン(Walter Ericson)名義
  • 『蜃気楼』Fallen Angel / Mirage (1952) 平井イサク訳、ハヤカワ・ミステリ

短編[編集]

  • 「大蟻」The Large Ant (1960) 中村保男訳、創元推理文庫、ジュディス・メリル編『年刊SF傑作選1』所収
  • 「ネズミ」The Mouse (1969) 伊藤典夫訳、S-Fマガジン(1974)
  • 「冷凍資本」The Cold Box (1959) 武野貞俊訳、 S-Fマガジン(1961)
  • 「猫と時間と」 伊藤典夫訳、 Men's Club (1986)

ノンフィクション[編集]

  • 『ピークスキル事件』Peekskill USA (1952) 松本正雄訳、筑摩書房
  • 「1937年 シカゴの大虐殺事件 リパブリック製鋼事件」 木下秀夫訳、岩波書店/岩波現代叢書、イザベル・レイトン編『アスピリン-エイジ』The Aspirin Age所収

映像化作品[編集]

  • 荒原の女 Rachel and the Stranger (1950)
  • スパルタカス Spartacus (1960)
  • 銃殺指令 Man in the Middle (1963)
  • 蜃気楼 Mirage (1965)
  • 美人泥棒 Penelope (1966)
  • デラウェア渡河作戦/勝利への決断 The Crossing (2000) テレビ映画
  • フリーダム・ロード Freedom Road (1979) テレビ映画
  • スパルタカス Spartacus (2004) テレビドラマ

脚注[編集]

外部リンク[編集]