ハリー・シンデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
カナダの旗 カナダ
男子アイスホッケー
オリンピック
1960 スコーバレー 男子
アイスホッケー世界選手権
1958 オスロ 男子

ハリー・シンデン(Harry Sinden 1932年9月14日- )はカナダオンタリオ州キングストン出身のアイスホッケー指導者。NHLボストン・ブルーインズゼネラルマネージャー、コーチ、球団社長などを長年務めた。1972年のサミット・シリーズではカナダ代表を率いた。1983年にホッケーの殿堂入りを果たした。選手時代のポジションはディフェンスマン

経歴[編集]

選手時代[編集]

Toronto Marlboro bantamsでプレーした後、オンタリオ・ホッケー協会英語版(OHA)のオシャワ・ジェネラルズ英語版のジュニアチームに入った[1]。1949年から1953年までジェネラルズのシニアチームでプレーした後、同じOHAのホイットビー・ダンロップス英語版で6シーズンプレーした。1957年にはチームキャプテンとしてアラン・カップ英語版(カナダのアマチュアチャンピオンに与えられるトロフィー)獲得に貢献した。アイスホッケーカナダ代表(当時の国際大会にはプロは参加できずカナダ代表はアマチュアクラブチームのチャンピオンで結成された。)として1958年のアイスホッケー世界選手権で優勝、1960年のスコーバレーオリンピックにもKitchener-Waterloo Dutchmenを中心としたチームにダンロップスから加わり、銀メダルを獲得した[2]

キャリア晩年、モントリオール・カナディアンズが彼を獲得する交渉をしてきたが両者は合意に至らずイースタン・プロフェッショナル・ホッケーリーグ英語版ハル=オタワ・カナディアンズ英語版でプレーした。その後ボストン・ブルーインズゼネラルマネージャーリン・パトリックと出会い、選手兼任コーチとしてブルーインズの下部チームのキングストン・フロンテナクスで1960-61シーズンよりプレーした。彼は1961-62シーズンのオールスターファーストチームに選ばれ1962-63シーズンのMVPとなった。その後リーグが消滅しチームはセントラル・ホッケーリーグ英語版所属のミネアポリス・ブルーインズ英語版となったが引き続き彼は選手兼任コーチを務め、2シーズン後に再度チームが移転しオクラホマシティ・ブレイザーズ英語版でもプレーし1956-66シーズンを最後に現役を引退した。この年彼はチームをリーグチャンピオンシップまで導いた。

NHLコーチ[編集]

1966年5月、彼はボストン・ブルーインズのヘッドコーチに当時NHL最年少の33歳で就任した。ボビー・オアの存在もあったが就任1年目はNHL最低の成績でプレーオフを逃した。2年目チームはシカゴ・ブラックホークスからフィル・エスポジトを獲得、3シーズン目には100ポイントを超えトップのモントリオール・カナディアンズに次ぐ位置までチームを引き上げた。そして4シーズン目の1969-70シーズン、彼はチーム創設29シーズン目で初のスタンレー・カップ優勝を果たした。

引退とサミット・シリーズ[編集]

こうした成功を修めたもののチームと彼の間はぎくしゃくしており優勝後彼はチームを離れることを発表した。これに対してチームはvoluntary retired listに入れて1年間は他のチームを指揮することができないようにした。1970年10月彼はスポーツ・イラストレイテッド上でブルーインズを離れたのはチームがシーズン半ばに彼の翌年の年俸アップを拒否したからだと述べている。

1972年初めにニューヨーク・アイランダーズからヘッドコーチのオファーがあったが彼はこれを断りトロント・メープルリーフスセントルイス・ブルースからのオファーも同様に断った。同年6月、カナダとソビエト連邦の間で行われることとなったサミット・シリーズのヘッドコーチに就任した。8戦に渡るシリーズは最終戦の残り34秒でポール・ヘンダーソンが決勝ゴールをあげて4勝3敗1分でカナダの勝利となった。またかつてブルーインズで指導したエスポジトがシリーズの得点王となった[3]

ボストン・ブルーインズへの復帰[編集]

サミット・シリーズ終了後、彼はゼネラルマネージャーとしてボストン・ブルーインズに復帰し28年間に渡り同職を務めた。これはチームの初代ゼネラルマネージャーであるアート・ロス(1924年から1954年までの30年間)に次ぐ長期間となった。ゼネラルマネージャー退任後も球団社長として2006年までチームに残った。彼がGMの間、チームは30年間プレーオフに連続出場したがこれは北米四大スポーツトップの記録である。ファイナルに1974年、1977年、1978年、1988年、1990年と5回出場し、1983年、1990年と2回レギュラーシーズン最高勝率を修めた。

1996-97シーズンのオタワ・セネターズとの試合ではビデオリプレイオフィシャルに対して暴言をはいて5,000ドルの罰金を受けた[4]。1999年には29得点をあげたドミトリ・クリスティッチ英語版との年俸調停を拒否した。これはクリスティッチのプレーオフでのパフォーマンスに対して代理人の要求する280万ドルが高すぎると考えたためであった[3]

現在彼はボストン・ブルーインズオーナーへのアドバイサー[5]ホッケーの殿堂選考委員などを務めている。

人物[編集]

著書[編集]

  • 『Hockey Showdown』[7]1972年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ONE ON ONE WITH HARRY SINDEN”. ホッケーの殿堂. 2010年12月19日閲覧。
  2. ^ Harry Sinden Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2010年12月18日閲覧。
  3. ^ a b Honoured Builder”. legendsofhockey.net. 2010年12月19日閲覧。
  4. ^ Outburst Costs Sinden”. ニューヨーク・タイムズ (1997年1月31日). 2010年12月19日閲覧。
  5. ^ Harry Sinden moves into new role”. ボストン・ブルーインズ (2006年8月9日). 2010年12月19日閲覧。
  6. ^ Canada Russia '72”. インターネット・ムービー・データベース. 2010年12月19日閲覧。
  7. ^ サミット・シリーズ当時彼がテープレコーダーで記録した日記を後に書籍化したもの。

外部リンク[編集]


先代:
ミルト・シュミット
ボストン・ブルーインズ
ヘッドコーチ

1966–1970
次代:
トム・ジョンソン
先代:
フレッド・クレイトン
ボストン・ブルーインズ
ヘッドコーチ

1979–1980
次代:
ジェリー・チーバーズ
先代:
ジェリー・チーバーズ
ボストン・ブルーインズ
ヘッドコーチ

1984–85
次代:
ブッチ・ゴーリング
先代:
ミルト・シュミット
ボストン・ブルーインズ
ゼネラルマネージャー

1972–2000
次代:
マイク・オコネル