ハリエット・クインビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハリエット・クインビー
Harriet Quimby 1911.jpg
クインビー、1911年頃
生誕 (1875-05-11) 1875年5月11日
アメリカ合衆国の旗ミシガン州アルカディア
死没 1912年7月1日(1912-07-01)(37歳)
アメリカ合衆国の旗マサチューセッツ州スクアンタム
職業 文筆家、脚本家、飛行家
アーシュラ(旧姓クック)、ウィリアム・クインビー
ハリエット・クインビー
操縦を学んだモアザン単葉機に乗るクインビー

ハリエット・クインビー(Harriet Quimby, 1875年5月11日 - 1912年7月1日)は、アメリカ合衆国の女性パイロット、映画脚本作家である。1911年にアメリカ航空クラブから操縦士ライセンスを取得したうえ、1912年ドーバー海峡の横断飛行に成功した最初の女性となった。

生涯・業績[編集]

ミシガン州Arcadiaに生まれた。1900年代の初めに家族とともにサンフランシスコに移り、ジャーナリストになった。1903年ニューヨークでLeslie's Illustrated Weeklyの劇評家となり、9年間に250以上の記事を書いた。

1910年には飛行機に興味に持ち、ロングアイランドで行われたBelmont Park International Aviation Tournamentを観戦した際、ジョン・モワザンマチルデ・モワザン英語版の兄妹と親しくなった。ジョンは有名な飛行家で、航空学校を経営していた。クインビーは1911年8月1日アメリカ航空クラブ英語版 (ACA) の試験を受け、パイロットのライセンス[注 1]を得た最初のアメリカ人女性となった。すぐ後にマチルデが2番目のライセンスを得た女性となった。

1911年には5編の映画脚本を書きBiograph Studiosでサイレント映画として撮影された。D・W・グリフィスが監督し、Florence La Badie、 Wilfred Lucas、Blanche Sweetらのスターが出演した。

清涼飲料水のメーカー、ヴィン・フィズはスポンサーとなっていたパイロットのカルブレイス・ロジャースが事故で死んだ後、クインビーを雇って紫の飛行服を着せ、広告に用いた。1912年4月16日カレーから60kmを飛行し、ドーバー海峡を横断した最初の女性パイロットとなったが、その前日に起こったタイタニック号の悲劇により、メディアの注目を集めることはほとんどなかった。

死去[編集]

1912年7月1日、クインビーはマサチューセッツ州スクアンタム英語版で開かれた第3回ボストン航空大会に参加した[1]。クインビーはACAの開催イベントで飛べるよう飛行士免許を取得していたが、ボストン大会はACA免許とは無関係の競技会だった。クインビーはボストン港英語版ボストン灯台英語版まで高度3,000フィート (910 m)で飛び、引き返して飛行場上空を周回した[2]。この時の機体は新品の複座型ブレリオ XI単葉機で、大会主催者で飛行家チャールズ・ウィラードの父であるウィリアム・ウィラードを同乗させていた。

その後、着陸を意図してか高度1,000フィート (300 m)まで降下したところ、突然機体が前にピッチングして200フィート (61 m)ほど落下し、クインビーとウィラードは機外に投げ出され、クインシードーチェスター英語版の間を流れる浅いネポンセット川に落ち、即死した[2]。機体はそのまま滑空し、近くの泥の中に墜ちた[2][3]

クインビーの遺体はニューヨーク市ブロンクス区ウッドローン墓地に埋葬され、翌年ニューヨーク市ヴァルハラのケンシコ墓地英語版に移された[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 米国で操縦士免許が法定要件になったのは第一次世界大戦後。クインビーの当時は法定ではなく私設の認定資格(アメリカ航空クラブ英語版を参照)。

出典[編集]

参考文献[編集]