ハラルド・ソールベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハラルド・ソールベリ
Harald Sohlberg
Sohlberg-selvportrett.jpg
自画像、1896年
生誕 Harald Oskar Sohlberg
(1869-09-29) 1869年9月29日
ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ
死没 1935年6月19日(1935-06-19)(65歳)
 ノルウェー オスロ
国籍  ノルウェー
著名な実績 絵画
代表作 山の冬、北の花畑 、夜
運動・動向 新ロマン派

ハラルド・ソールベリノルウェー語: Harald Sohlberg1869年9月29日 - 1935年6月19日)は、ノルウェー新ロマン派画家

生涯[編集]

クリスチャニア(現在のオスロ)でソールベリは毛皮商人のヨハン・ソールベリとクリスチャニアの妻Johanne Lardsdatter Vikerの11人兄弟の第8子として生まれた。絵画の才能を見出され、クリスチャニアでエーリック・ヴァーレンショルドエイリッフ・ペーテシェンに学んだ後、1891年からデンマークのコペンハーゲンクリスチャン・サートマンに1年間学び、その後ドイツに渡りヴァイマルの美術学校で1年間、学んだ。2年間、軍務に就いた後、1896年に奨学金を得てパリに滞在した。1901年に結婚しノルウェーのレーロースやイタリアのヴェネツィアに住んだ。油絵や多色版画で各地の風景を描いた。、

ギャラリー[編集]

山の冬[編集]

参考資料[編集]

Oivind Storm Bjerke: Edvard Munch, Harald Sohlberg – Landscapes of the Mind. University Press of New England, 1996, ISBN 978-1887149013

出典[編集]

英語版Harald_Sohlberg (13:20, 21 June 2012 UTC) を翻訳


外部リンク[編集]