ハッピーエンドが書けるまで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハッピーエンドが書けるまで
Stuck in Love
監督 ジョシュ・ブーン英語版
脚本 ジョシュ・ブーン
製作 ジュディ・カイロ
製作総指揮 パトリック・W・ドゥーガン
ジェフ・ライス
マイルズ・ネステル
リサ・ウィルソン
マイケル・A・シンプソン
エリック・ブレナー
出演者 リリー・コリンズ
ローガン・ラーマン
グレッグ・キニア
ジェニファー・コネリー
ナット・ウルフ
リアナ・リベラト
音楽 マイク・モーギス英語版
ナサニエル・ウォルコット英語版
撮影 ティム・オアー英語版
編集 ロブ・サリバン
配給 アメリカ合衆国の旗 ミレニアム・エンタテインメント英語版
日本の旗 AMGエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年9月9日
日本の旗 2015年6月27日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ハッピーエンドが書けるまで』(ハッピーエンドがかけるまで、Stuck in Love)は、2012年アメリカ合衆国恋愛映画ジョシュ・ブーン英語版監督が『きっと、星のせいじゃない。』の前に手がけた監督デビュー作。3組のカップルが織り成すそれぞれの愛をテーマに描いた作品。PG12。

ストーリー[編集]

3年前に離婚したベテラン作家ビル・ボーゲンズは、別れた妻エリカに未練があり、彼女への付きまとうことがやめられないでいた。ビルの娘サマンサは、独立心旺盛で初めて小説を出版することになる。父親と別れて新たな男と付き合う母親を嫌い、1年以上も母親との会話がない彼女は、自分が傷つくことを恐れて同じ大学に通う青年ルイスとの恋愛に踏み出せずにいた。一方、ビルの息子ラスティは、作家としてどう歩んでいくべきなのか、そしてクラスメイトの少女ケイトへの打ち明けられていない初恋に悩んでいた。 愛を失った父親ビル、愛を信じない娘サマンサ、愛に臆病な息子ラスティ。それぞれの愛に悩みを抱えた3人は、それぞれの未来へと踏み出していく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

関連項目[編集]

外部リンク[編集]