コンテンツにスキップ

ハッサン・グレド・アプティドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハッサン・グレド・アプティドン
Xasan Guuleed Abtidoon

ハッサン・グレド・アプティドン(1977年)

任期 1977年6月27日1999年5月8日

任期 1977年6月27日1977年7月12日

出生 (1916-10-15) 1916年10月15日
イギリス領ソマリランド(現 ソマリランド)、ルガヤ
死去 (2006-11-21) 2006年11月21日(90歳没)
政党 進歩人民連合 (RPP)
配偶者 アイシャ・ボゴレ

ハッサン・グレド・アプティドンソマリ語: Xasan Guuleed Abtidoon, アラビア語: حسن جولد أبتيدون‎, フランス語: Hassan Gouled Aptidon, 1916年10月15日 - 2006年11月21日)は、ジブチ政治家。同国の初代首相、及び初代大統領を務めた。なお、ムスリムの名前は、本人の名前、父の名前、祖父の名前から構成されるため、グレド、アプティドンはそれぞれ父、祖父の名前である。

生涯

[編集]

イギリス領ソマリランドの小さな村ルガヤで生まれる。

1977年5月18日、フランス領アファル・イッサ最後の政府評議会議長(首相格)に就任。6月27日にアファル・イッサは独立してジブチとなり、そのまま同国の初代首相となり7月12日に退任した。また6月27日に同国の初代大統領にも就任し、1999年に甥のイスマイル・オマル・ゲレに大統領職を譲った。

任期中、阪神・淡路大震災に対して日本赤十字社および兵庫県に合計1万ドルのポケットマネーを義捐金として送っている。

2006年11月21日、90歳で死去。

大統領職

[編集]

1981年、グレドは自身の政党である進歩人民連合の一党独裁としたが、ジブチ内戦を始めとする諸問題に対処できず、1992年6月、11年ぶりに多党制導入を再度行った。1990年代にはグレドの病気による衰弱も目立ち、1990年代は甥のゲレへの権力世襲が矢継ぎ早に進んだ。

公職
先代
(建国)
ジブチの旗 ジブチ共和国大統領
初代:1977年 - 1999年
次代
イスマイル・オマル・ゲレ
先代
(建国)
ジブチの旗 ジブチ共和国首相
初代:1977年
次代
アハメド・ディニ・アハメド英語版