ハタイ国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハタイ共和国
Hatay Eyaleti
ハタイ自治州 1938年 - 1939年 トルコ
ハタイ県
ハタイの国旗
(国旗)
ハタイの位置
トルコ国内のハタイの範囲。 この範囲が、共和国であった。
公用語 トルコ語
首都 不明
大統領
1938年9月 - 1939年6月 タイフル・ショクメン英語版
変遷
シリア、ハタイ独立 1936年10月
国際連盟、ハタイ承認1937年
共和国選挙、共和国樹立1937年8月~翌月
トルコ、ハタイ編入1939年6月
通貨トルコリラ
現在トルコ

ハタイ共和国は、1938年から1939年にかけて、現在のトルコ共和国ハタイ県の範囲にあった、トルコ系の短命国家である。

歴史[編集]

独立まで[編集]

第一次世界大戦までは、オスマン帝国の一部としてあった。オスマン領シリアの海岸部の州だった。 ムドロス休戦協定で、イスゲンデルン県(アレクサンドレッタ県)は、アナトリアに進んだフランス軍に占領された。1921年10月のアンカラ条約シリア領内におかれた。しかし、特別自治区として、トルコの文化が尊重された。 French Mandate for Syria and the Lebanon map en.svg

独立[編集]

1936年のシリア独立にあたって、フランスは、ハタイを自治州ではなくシリアの一部としたが、トルコ政府は抗議し、国際連盟に訴えた。ムスタファ・ケマル・アタテュルクがフランス大使に独立を強く訴えた結果、同年10月にフランスはこれを承認し、シリア独立と共にハタイも自治州として、独立した。その後、1937年には、国際連盟もこれを承認した。

共和国時代[編集]

ハタイ独立後、議会選挙が行われたものの、これの監督がフランス軍であることに対し、トルコ政府はシュキュル・カナトル大佐率いるトルコ軍を派遣した。結果、1937年8月の議会選挙で、多数派をトルコ人が獲得し、1938年9月にハタイ共和国が建国され、大統領も選出された。

編入[編集]

共和国が建国されても、トルコ人が多数派の議会であることは変わらなかった。ハタイ編入を強く望んでいたケマル・アタテュルクの死去後、1939年6月のハタイ共和国議会の決議をもって、7月にトルコへ編入された。ハタイ共和国は、ハタイ県に取って代わられる形で崩壊した。

参考文献[編集]