ハイジャンプ作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイジャンプ作戦(Operation Highjump)は1946年から1947年にかけて、アメリカ海軍が行った大規模な南極観測プロジェクトとされている。リチャード・バード少将が指揮を執った。南極における恒久基地建設の調査や合衆国のプレゼンスの提示、寒冷地における人員・機材の動作状況の確認・技術研究などが目的だったとの説明が後日なされた。公式記録では作戦に参加した人員規模は4,700名、13隻の艦船と多数の航空機により支援されていたという。

概要[編集]

調査隊のうち、西部グループは1946年12月2日にサンディエゴを出港。南太平洋のマルキーズ諸島を経由し、12月下旬に南極海に到着した。バレニー諸島周辺から調査を開始している。西部グループは主に西南極周辺を調査した。

東部グループは12月2日にノーフォークを出港し、12月下旬にピョートル1世島近海に到着した。12月30日にはPBM飛行艇が悪天候により墜落した。3名が死亡し、6名が13日後に救助されている。東部グループは主に東南極周辺を調査した。

中央グループは12月下旬に南極に到着。1947年1月15日には主力はロス海クジラ湾にあった。主にロス海周辺を調査している。

1月にも調査隊は、空母と砕氷艦の増援を受けている。空母フィリピン・シーR4D 6機の輸送を行っている。なお、全調査隊は2月から3月にかけて調査を終了し、帰還している。

ハイジャンプ作戦には多数の航空機が投入された。そのため、「南極の沿岸を広い範囲にわたり、航空写真を撮影することに成功し、科学的意義は評価された。」というのが公式見解となっている。

だが当時の状況を振り返ると、以下の不審な点が挙げられる。

① 当時は第二次世界大戦が終結して間もない時期でもあり、世界各地へ落ち延びたナチス残党軍(特に多数のUボートが終戦と共に行方不明となった後、その一部が南米沖で発見・拿捕されている)への追跡調査活動が継続されていた軍事的事情があった(自殺と見せかけて行方不明となったヒトラーの捜索も兼ねていたと思われる)。

② 参加艦艇が科学調査能力よりも索敵と遭遇戦を意識した編成だった事やソ連軍を含む未公表の参加艦艇部隊が他に多数存在する様子が伺え、ただの科学調査にしては物々しすぎる事。

③ この作戦で死者もしくは行方不明者が出た上、作戦終了時に多くの機材設備を沿岸部に残した状態で参加艦艇群の作戦海域からの離脱が進められた事(これは作戦日程がいきなり短縮化されたか、まともな撤収作業を進める余裕が無かった様子が伺える)。

④ 作戦を終えて帰国した指揮官のリチャード・バード少将が突如、精神病院に送られて一般社会(マスコミも含む)から隔離されたという不審な経緯がある事(後の公式発表まで作戦内容が民間にまるで伝達されなかった状況は他の作戦参加将兵にも厳重な緘口令が敷かれた事を意味する)。

それらの状況から、当作戦が本当に公式説明のような科学調査活動だったのかを疑問視する向きもある(一部で指摘されるように何者かの秘密軍事施設に対する威力偵察活動だった可能性もある)。

なお、作戦終了直後のマウント・オリンパスの記者会見でバードは次のようなことを語った。

「アメリカ合衆国は、敵対地域に対して、至急、防衛網を張る必要がある。次に起こる第三次世界大戦は、南極から北極までを信じられないスピードで飛ぶような兵器をもった相手と戦うことになるだろう。」 (1947年3月5日付『エル・メルキュリオ』紙)

部隊[編集]

第68任務部隊(司令官:Richard H. Cruzen少将)

東部グループ(第68.3任務群 司令官:ジョージ・J・デュフェク英語版大佐)

西部グループ(第68.1任務群 司令官:チャールズ・A・ボンド大佐)

  • カリタック(Currituck AV-7):カリタック級水上機母艦
  • カカポン(Cacapon AO-52):シマロン級タンカー
  • ヘンダーソン(Brownson DD-785):ギアリング級駆逐艦

中央グループ(第68.2任務群 Cruzen少将直率)

空母グループ(第68.4任務群 司令官:リチャード・E・バード・ジュニア少将)