ノート:Nintendo Switchのゲームタイトル一覧

ナビゲーションに移動 検索に移動

パッケージソフトとダウンロードページの分割提案[編集]

発売から1年過ぎましたがこの1年間特にダウンロードソフトが週約平均5本前後とパッケージソフトの本数より倍以上配信されてます、まだ早いお話ですが2019年1月以降、パッケージソフトとダウンロードソフトのページ分割の提案検討をしなかればならないと思ってます。 理由としてはパッケージソフトは出典情報の記載や2018年内までパッケージ、ダウンロードソフトの本数のリリースによる追加や編集、ページの限度等が出て来ます、そこで皆様がページに参加されている方でページの分割提案を議論をお願いいたします。光朝会話) 2018年5月31日 (木) 13:50 (UTC)[返信]

  • 賛成 このページは今動作が重いです。--御湯利会話) 2018年11月1日 (木) 21:47 (UTC)[返信]

Nintendo Switch Liteについて[編集]

私はゲームタイトル(ゲームソフト)ごとにNintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト)で遊べるかどうか記述するべきだと思います。理由はNintendo Switch Liteで遊べないゲームタイトルもあるからです。--2409:13:94C1:ED00:C5D1:C51B:5E3:A3D7 2019年9月23日 (月) 05:00 (UTC)[返信]

  • とりあえず、備考欄に「携帯モード非対応」という記述を入れてみました。漏れはあるかもしれませんが、現時点で「携帯モード非対応」は約400本中13本なので、備考欄への記述で十分かと思います。--Aoiya会話) 2019年10月3日 (木) 08:32 (UTC)[返信]

日本未発売のゲームタイトルについて[編集]

このページの文面上、日本で発売したゲームしか書いてはならないように見受けられますが、日本以外で発売された日本未発売のゲームを書くのは禁止されていますか?--Inglid会話) 2021年2月19日 (金) 20:30 (UTC)[返信]

ソフト内のセーブスロットの数について[編集]

このようなゲーム内の情報を記入する必要はありますか?

「DL」列は不要では?[編集]

現時点でほぼすべてのNintendo Switch用ゲームがDL販売を行っており、わざわざDL販売の有無を記入する列は意味をなしていないように思われます。DL版がないゲームについてのみ備考欄に記入する形で良いのではないでしょうか。Joy-Conやランキング機能の有無なども特記する必要性があるとは思えませんが、とりあえずDL列についての提案です。--114.168.123.97 2021年12月12日 (日) 02:33 (UTC)[返信]

テンプレートについて[編集]

現在このペースはテンプレートが呼び出せていない状態になっています。 ソースを確認したところPost-expand include size:が上限の数値に達しており、そのことが原因で表示ができないと思います。 ですのでこれを解消するために何かしらの編集を行わなければいけないと考えます。 個人的にはPlayStationのゲームタイトル一覧のように発売年ごとにページ分割を行うことによって改善ができるのではないかと思いました。--はい1111会話) 2021年12月23日 (木) 04:50 (UTC)[返信]

  • 私もこの意見に賛同したのでここでページの分割を提案をします。ここでどのようにページを分割をするかについてですが、
  1. Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2017年-2020年)と、中国語版ウィキペディアの『任天堂Switch遊戲列表2017-2020年』と同じ様に分割する
  2. Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2017年-2018年)Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2019年)Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2020年)と、2017年と2018年に発売された作品(207タイトル)を一纏めにして分割する
  3. Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2017年)Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2018年)Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2019年)Nintendo Switchのゲームタイトル一覧 (2020年)と、単純に発売年毎に分割する

の3案を思いつきました。個人的には2番目の2017年と2018年に発売された作品を一纏めにする案が良いと思いますが、分割するかしないかも含めて意見を頂けると幸いです。--Biáng会話) 2022年1月14日 (金) 04:29 (UTC)[返信]

  • 賛成 発売年別の分割に賛成します。あと、別件で申し訳ありませんが、分割する際には、現在2つに分かれている「Nintendo Switchのゲームタイトル一覧」と「Nintendo Switchダウンロードソフトのタイトル一覧」の統合も併せて行うべきと考えます(統合提案を提出しました)。この2つは上記節の「パッケージソフトとダウンロードページの分割提案」でのページ容量限界の指摘を踏まえて分割されたものですが、今回の発売年別の分割によって問題が解消されるためです。また、この2つに重複して記載されているタイトルが結構あり基準が不明瞭な状態となっていることも理由の一つです。
    「Nintendo Switchのゲームタイトル一覧」と「Nintendo Switchダウンロードソフトのタイトル一覧」を統合すると、2017年と2018年のタイトル数はそれぞれおよそ「51+148=199」「156+485=641」(重複があるため実際は少し少ない)となり、2017年と2018年を分けても十分な数であることから、Biángさんの案では「3」を推したいと思います。--Highcollar会話) 2022年1月14日 (金) 11:27 (UTC)[返信]
  • 賛成 Highcollarさんと同意見です。一つ確認ですが、ダウンロードタイトル一覧と統合する場合はアケアカNEOGEOのようなブランドものも年別に分けるという認識でよろしいでしょうか。(ブランド単位の表であればそのブランドの記事を参照していただくことになりそうです)--リトルスター会話) 2022年1月15日 (土) 13:34 (UTC)[返信]
    • 返信 返信が遅れて申し訳ありません。リトルスターさんのおっしゃる通りアーケードアーカイブスなども年別に分け、現在「Nintendo_Switchダウンロードソフトのタイトル一覧#アーケードアーカイブス」にあるような「「アーケードアーカイブス」も参照」などの文章を添えておくというのが良いのではないかと考えています。--Highcollar会話) 2022年1月17日 (月) 10:22 (UTC)[返信]
      こちらもお返事が遅くなり申し訳ありません。そのような形でしたら、そのブランドから配信された全作品が見られるので安心です。----リトルスター会話) 2022年1月18日 (火) 12:45 (UTC)[返信]