ノート:読売ジャイアンツ

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキプロジェクト スポーツ / スポーツチーム  (記事品質: Bクラス、重要度・中に指定されています。)
Sports icon.png 「読売ジャイアンツ」は、スポーツを対象としたウィキプロジェクト スポーツの関連記事です。
Bクラス記事 B  プロジェクトの評価基準によって、この記事はBクラスに分類されています。
   この記事は、プロジェクトの評価基準によって、 重要度・中とされています。
Sports icon.png
「読売ジャイアンツ」は、スポーツクラブやチームを対象としたウィキプロジェクト スポーツチームの関連記事です。

読売ジャイアンツ歴代4番打者一覧の統合について[編集]

過去ログの9.

関連[編集]

記事の削減もしくは分割[編集]

記事がかなり長くなっているようなので記事の削減もしくは分割を提案いたします。--210.153.213.7 2008年6月4日 (水) 11:12 (UTC)

巨人軍史上最強の高橋由伸伝説[編集]

王・長島・原と並ぶ歴代最高の打者であり、故障がなければ王の上を圧倒的に抜く。--60.45.0.215 2009年10月4日 (金) 9:07 (UTC)

本文のTemplateの「アジアチャンピオン」「アジアシリーズ出場」の表記に関しての疑問点[編集]

2009年度シーズンにおいては「アジアシリーズ」は開催されず、その代替として「日韓クラブチャンピオンシップ」が開催されました。名称の通り日韓クラブチャンピオンシップには、2005年度シーズンより従来行われてきたアジアシリーズと異なり、台湾中国のチャンピオンチームが参加していません。ですから日韓クラブチャンピオシップへの出場、そして優勝を「アジアシリーズ出場」「アジアチャンピオン」と表記するのは形式的に誤りであると言えます。現に台湾王者は上記のアジアシリーズのリンク先をご覧になれば分かる通り、過去のアジアシリーズにおいては韓国王者とほぼ同等の実績を残しており[1]、その台湾王者と中国王者が不参加である日韓クラブチャンピオンシップで優勝したというだけで「アジアチャンピオン」と表記するのは形式的には誤っており、訂正すべきであると考えます。。現に日本野球機構のホームページにおいては、過去のアジアシリーズ優勝チーム(千葉ロッテマリーンズ北海道日本ハムファイターズ中日ドラゴンズ埼玉西武ライオンズ)に対しては「アジア王者に輝く!」との表現が使用されていますが[2][3][4][5]、これに対して2009年度シーズンの日韓クラブチャンピオンシップ優勝チームである読売ジャイアンツに対しては「日韓クラブチャンピオンシップを制す!」と言う表現となっています[6]。加えて「シリーズ」と言う言葉は一般的に「一定期間連続して行われる野球の試合[7]」の事を指し、1試合のみの決戦を「シリーズ」とは言いません。よって日韓クラブチャンピオンシップへの出場を「アジアシリーズ出場」と表記するのは文法的にも誤りです。ですから本文のTemplateの表記に関しては、「アジアチャンピオン」「アジアシリーズ出場」ではなく、「日韓統一チャンピオン」「日韓クラブチャンピオンシップ出場」等と言う表現に改めた方が適切であると考えます。--211.126.94.178 2010年5月5日 (水) 12:10 (UTC)