ノート:幸福の科学

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは一度削除が検討されました。削除についての議論は「Wikipedia:削除依頼/幸福の科学」をご覧ください。

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

幸福の科学」上の1個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年10月4日 (水) 05:07 (UTC)[返信]

編集提案[編集]

幸福の科学は日本以外のほとんどのソースからカルトと呼ばれています。 https://en.wikipedia.org/wiki/Happy_Science

7 批評  のところに『日本の新宗教』島田裕巳著P285からの概要文を追記したいと思います。

島田裕巳の評価(平成29年時点)概要

1980年代の終わりから・・・・略 --Tokinokawa会話) 2020年3月23日 (月) 00:11 (UTC)[返信]

上記提案について、問題が無いようですので、本文に移行したいと思います。また、

本尊

宗教法人「幸福の科学」の本尊は、霊天上界に存在するとされる、至高神 エル・カンターレ(El Cantare)である。 詳細は「エル・カンターレ」を参照 。・・・・ この下に下記の文を追記したいと思います。

代理本尊と信仰

「代理本尊」 大川隆法教祖の写真を用いた「家庭用本尊」や、「エル・カンターレ像」、「布教所エル・カンターレ像」等を崇拝している。

「大エル・カンターレ像」、総本山の礼拝堂に置かれていて崇拝されている。

「エル・カンターレ信仰」大川隆法教祖は主エル・カンターレの本体部分が地上に下生した者として崇拝されている。また、主エル・カンターレを体現しているところの「現成の仏陀(悟りたる者)」としての大川隆法教祖を崇拝している。--Tokinokawa会話) 2020年3月29日 (日) 04:52 (UTC)[返信]

上記提案について、問題が無いようですので、本文に移行したいと思います。--Tokinokawa会話) 2020年4月6日 (月) 02:31 (UTC)[返信]

また、本尊代理本尊と信仰の次に以下の文を追記したいと思います。(追記の場合、「エル・カンターレ信仰」大川隆法教祖は主エル・カンターレの本体部分が地上に下生した者として崇拝されている。また、主エル・カンターレを体現しているところの「現成の仏陀(悟りたる者)」としての大川隆法教祖を崇拝している。   という部分は削除になります。

エル・カンターレ信仰の確立

・1989年に『仏陀再誕』を出版し、1990年第12回大講演会において、自身は「仏陀の魂の再誕」であると明示した。幸福の科学の信者は、主エル・カンターレを体現しているところの「現成の仏陀(悟りたる者)」としての創始者大川の崇拝を始める。

・1991年創始者大川の「御生誕祭」において、大川は自身が「エル・カンターレ」であると宣言した。幸福の科学の信者は、主エル・カンターレの本体部分が地上に下生した者としての創始者大川の崇拝を始める。--Tokinokawa会話) 2020年4月11日 (土) 04:47 (UTC)[返信]

問題が無いようですので、本文に移行したいと思います。--Tokinokawa会話) 2020年4月17日 (金) 07:35 (UTC)--Tokinokawa会話) 2020年7月22日 (水) 06:21 (UTC)--Tokinokawa会話) 2020年7月22日 (水) 06:30 (UTC)[返信]

会員数・信者数[編集]

宗教の自己研究を行っております。 各団体の信者数ですが、宗教年鑑の人数すら、入信条件がバラバラで定義がありません。

①その数はどういう条件の人数なのか ウィキペディアで一定表記できれば、そしてもし全てどう条件での数を割り出せれば、ウィキペディアが日本初の一定条件下による信者数表記メディアになりえます。

まずは入会条件の表記から始めれば次の時代につながるのではないでしょうか。 宗教研究家会話) 2020年8月9日 (日) 00:07 (UTC)[返信]