ノート:夫婦別姓

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページには削除された版があります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/夫婦別姓 20160513」をご覧ください。 このノートには削除された版があります。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/ノート:夫婦別姓をご覧ください。 ※2007年7月15日までの内容を過去ログとしてノート:夫婦別姓/過去ログ20080125に移しました。--Baumkuhen 2008年1月25日 (金) 06:05 (UTC)


太政官指令 について 提案 その2[編集]

-海底窓際族さんの提案によりますと、「日本政府や日本人が作成した文書は政府が発行したものであってもウィキペディアでは使うことはできない」「法律の話であるが法曹資格のない者による独自研究の方が日本政府の法令出版物より出典にふさわしい」といった主張が見られますが、これらの主張を裏付ける出典がありませんので、まずは出典を付することをされてはいかがでしょうか。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:19 (UTC)

すみませんが、何を言っているのか意味がわかりません。そんな意味不明な主張を私がいついいましたでしょうか?勝手に発言を捏造されないようにお願いいたします。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:22 (UTC)

私は、出典に載っていないあなたの追加した語句を何度もあなたが追加しようとしていることについて独自研究である、と何度も言っています。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:26 (UTC)

-海底窓際族さん 出典に記載された文言を記事に使用した点について、「出典に載っていない」とするあなたの独自解釈を裏付ける「出典」をまず付することをされては如何でしょうか。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:28 (UTC)  なお[1] 婚嫁後は婿養子同一に看倣し夫家の名字を終身称さる」と記載(--以上の署名の無いコメントは、橋本琴絵会話投稿記録)さんが 2020年9月4日 (金) 09:29(UTC)) に投稿したものです。

いい加減にしてください。私だけでなく、他の編集者も反対していることです。あなたの編集について合意できないことについては、すべて下に書いています。それに答えず、わけのわからない意味不明な強弁をするのは、対話拒否、ということでしょうか? 他の編集者の方からも、「議論する気はあるのですか?」と聞かれているかと思いますが。あと、お願いですが、新たなトピック(セクション)は、必ず一番下に作ってください。これも他の編集者の編集を見ていれば普通わかることかと思いますが。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:34 (UTC)

その婿養子云々、という記載は、「伺」であって、法令でもなんでもありません。そこを解釈するのはWikipediaの編集者で行うべきことではなく、専門書等の2次出典によるべき、と私は何度も述べています。また、そこの記述と指令の記述を混合するのは完全に独自研究です。あなたが編集されたような解釈をあなたが持っていることは別に否定する気はありませんが、Wikipediaの基準であなたの記述はあなたの独自研究であって、そのような記述はできません。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:46 (UTC)

「参照元が独自研究であり夫婦別姓とは無関係のものであったため消除。および、法律の記載を誤って記述していたため、これの修正。」などと参照元の論文に対する誹謗中傷を行い、大量除去する荒らし行為を強行するのはやめてください。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:52 (UTC)

日本政府発行の出典に記載された記述を削除したり、原典に無い文章を捏造した記載することはおやめください[編集]

海底窓際族さん 日本政府発行の出典 法令全書明治九年1453頁に記載されている記述を削除したり、記載されていない記述を捏造する行為はウィキペディアのルール違反ですからおやめください。日本政府発行の法令等に対して疑義があり、異なる事実がある場合は、当該法令等に対してくだされた確定判決の事件番号など出典を付してください。--橋本琴絵会話) 2020年8月19日 (水) 22:22 (UTC)

いい加減にしてください。何度も何度も言います。これまでも何度も警告していますが、あなたが書いている内容は、出典に書かれている内容以上の「独自解釈」で、そのような解釈を行った出典なしに記載することは許されないことです。あなたこそ法典に書いていないような記述の創作を強行編集することをおやめください。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 00:41 (UTC)

海底窓際族さん 日本政府発行の出典の転記が「独自解釈である」とするあなたの主張を裏付ける出典をまず付することをされては如何でしょうか。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:21 (UTC)

私がいつそのような意味不明な主張をしましたでしょうか?勝手に私の言葉を捏造しないでください。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:24 (UTC)

養子に関する出典に関しては「情報の合成」であるため削除、と明確に述べています。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:25 (UTC)

出典つき記述を除去するのはおやめください[編集]

以上。--КОЛЯ 会話 2017年4月7日 (金) 10:14 (UTC)

問題のない出典であるにも関わらず除去されていた記述を一部ですが復帰しました。--BaltosR会話) 2017年9月15日 (金) 18:46 (UTC)

→原典(太政官指令明治九年三月十七日)に存在しない単語(結婚・夫婦など)や概念を捏造したり改ざんして用いた「問題がある独自研究の出典」であるため、記述の復活は学術的に不適切です。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 11:50 (UTC)

あなたが独自に「問題のある独自研究の出典」と判断して勝手に出典を除去するのをおやめください。問題があるけれども合意が取れない場合は、〇〇は、とどの人の説であるかを記載すればよいと思います。橋本様のこれまでの編集に賛成することはできません。 また、橋本様は、同姓の国名にスウェーデンなど参考文献に全く載っていない国名を捏造あるいは間違って(?)お書きになり、また独自の解釈で「相続権のない」などを入れられていますが、独自研究を記載するのはおやめください。また、そのような記載を何度も強行して編集することはおやめください。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 12:03 (UTC)--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 12:04 (UTC)

→歴史的な法令等の記載において政府刊行物より、個人の書いた出版物が優先される理由はありません。また、当該太政官指令(明治九年三月十七日)は、相続権が無い婦女は別姓を認めるが、妻が夫の家(家督・私有財産・祭祀財産)を相続した場合は夫婦別姓は認めないといった「指令」であるにもかかわらず、「夫婦別姓を認めたもの」との記述は明らかに原典の改ざんにあたり、wikipediaの基本方針において許される理由がありません。くわえて、「婿養子は夫婦同氏」とも明確に記載されており、嫁入の記述のみして婿入(夫婦同氏と決定され変更の余地が無い)の記述をしない(ないことに改ざんする)ことは、明らかに「荒し」行為です。 法令(政府刊行物である法令全書明治九年)という一次資料がある以上、その一次資料の改ざんや、一次資料に存在しない概念や単語(結婚)を使った独自研究が認められる理由はありません。相続権が不存在であることは太政官指令に明記されたことであり、解釈や研究である理由は毫もありません。繰り返しますが、荒し行為はやめてください。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 12:12 (UTC)

→書証として争点となっている太政官布告明治九年三月十七日の原典(政府刊行物)を国会図書館デジタルアーカイブより引用します。 法令全書明治九年1453頁 --橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 12:14 (UTC)

その引用に関しては問題ありませんし、それで構わないと思いますが、それに勝手な橋本様の独自解釈を掲載するのはおやめください。それとは異なる解釈の出典を消したうえで、出典もなくそのような解釈を掲載するのは極めて悪質です。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 12:18 (UTC)

→法令等に対して異なる解釈をする権限があるのは裁判所のみです。異なる解釈が存在する場合は、大審院または控訴院の当該指令にかかわる判例・裁判例をご提示ください。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 12:20 (UTC)

一般社会ではそうでしょうけど、Wikipediaのルールでは、検証可能性がすべてです。文献の解釈が異なる解釈である、とまで思いません。一方、橋本様の記載の方こそ、異なる解釈です。「夫の家を相続する」という表現を現代の「相続権」という概念で記述するのは誤りです。(もちろん、そのような記述をされた方がいらっしゃれば、それを出典に書くことは可能ですが。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 12:37 (UTC)

コメント 橋本琴絵さんへ。他の方々がお伝えしているのは、ひとえに、Wikipediaにおける記事の執筆ルールである方針とガイドラインに基づいたものです。執筆を行うには、執筆を行う根拠となる出典が必要となり、その出典を元に執筆されているものであれば記事のありかたとしては問題ありません(→Wikipedia:出典を明記する)。一方、橋本琴絵さんの主張は、それは法解釈を巡っての発言と考えられることから、Wikipedia:独自研究は載せないという方針に反している可能性があります。いずれにせよ、出典を根拠に執筆されている内容は、記事から削除すべきではありません。ご自身のお考えをもっていらっしゃることそのものは私達も尊重致します。ですが、Wikipedia:中立的な観点という方針も守りつつこれまで執筆された内容を、お一人の判断だけで覆すことは推奨されません。ですので、このノートページにて、合意形成にて合意を得られた場合にのみ、出典付きの記述を削除するよう心がけてみてください。少なくとも現時点では、橋本琴絵さんの編集について、それをよしとする合意はありません。--静葉会話) 2020年8月15日 (土) 12:45 (UTC)
追記、というか書き忘れ。海底窓際族さんがおっしゃっているように、明確な出典がある場合は、その出典を元にした執筆は問題ありません。ただ、実際のところ、法律も一次資料になってしまうため、できるだけ二次資料を用いていただくのが無難です。もちろん、ものが法律ですので一次資料であってもそれを出典として執筆することそのものは問題ないのですが、しかしながらそれを元に独自の考えを執筆していると判断された場合は、その編集を取り消すこともあり得ます。できれば、その法律について言及している二次資料を基に執筆されるのが無難ではあります。--静葉会話) 2020年8月15日 (土) 12:53 (UTC)

→私の記載が独自研究であるとする学術的理由は存在しません。  書いてある法令等が現代文(日本語)である以上、その解釈を裁判所以外がすることは「独自研究」であり、学術的に認める理由はありません。「できるだけ二次資料を用いていただくのが無難です」ですが、判例批評がそうであるように裁判官ないし検察官の任官経験のある法曹資格者がそれをすることは可能だと思いますので、そういった「有資格者の二次資料」ならばよいと思います。しかし、法律の素人による無資格者の独自研究が「法令等の解釈」で認められる理由は一切ありません。それは、医師ではない素人が医学を語る行為と同じです。なお、夫を家を相続するが「相続権」の概念で記述することを誤りとする理由は存在しません。詳しくは法令彙纂. 第二版 民法之部(明治九年)相続編をご覧ください。  争点となっている当該太政官指令は「伺ノ趣婦女人ニ嫁スルモ仍ホ所生ノ氏ヲ用ユ可キ事 但夫ノ家ヲ相続シタル上ハ夫家ノ氏ヲ称スヘキ」と、「夫家の氏を称すべき」と明確に記載しており、「夫婦別姓を規定したもの」ではありません。元の記載は前段の部分のみ記載し、後段の部分を隠して記載しています。二次資料もすべて「後段を隠して改ざんしたもの」になります。当該太政官指令は「夫婦別姓が認められるケースと認められないケース」を明記したものです。改ざん行為はやめましょう。wikipediaのルールに反しています。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 13:06 (UTC)

二次資料が改ざんした、というのであれば、そう言っている別の出典をお願いします。話はそれからです。 それからこの記事にこの太政官指令の但し書きも含めた内容をその一次資料と、注11の2次資料を基に書くことには反対していません。 それ以外の資料でより良いものがあるのであればご提示ください。あと、近藤氏という方の二次資料について、「近藤によれば」と書くことにももちろん反対しません(いずれもそのように編集しました)。ですが、橋本様が「改ざんである」というだけでは、Wikipediaでは改ざんと判断されることはありませんので、ご注意ください。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 13:14 (UTC)

あの、何度も言っていますが、合意のない内容を追加しないでください。「相続権」などという単語は、出典に出てきませんし、「独自研究」などというあなたの独自の意見による注釈も記載しないでください。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 13:21 (UTC)

→では原典に従い「相続」にしましょう。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 13:26 (UTC) 合意の無い内容を追加しないでください。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 13:26 (UTC)

→あなたの「原典に存在しない単語を使わないこと」に合意します。すなわち「結婚・夫婦・相続権・別姓」の文言は原典に存在しないため、使用は認められません。原典に存在する文言にて、当該太政官指令を記述することにしましょう。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 13:31 (UTC)

あと、新たな編集で「学術的な理由はない」と書いていますが、出典があれば書いても良いですが、ここで使われている原典のひとつはは政府系出版物ですね。こういった独自研究も書かないでください。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 13:32 (UTC)

→原典に「結婚」「婚姻」「婚前」などの文言はありません。「嫁ぐ」に統一しましょう。現在の結婚・婚姻と当時の「嫁ぐ」は同一の制度・同一の意味ではありません。なお、政府系出版物と「政府系の刊行物」は全く違います。政府系と「系」とするのはあなたの独自研究であり、認められません。政府刊行物とは発行元が省庁であるものをいいます。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 13:47 (UTC)

→原典に「婚姻」の文言は存在しないため(当時は妾が戸籍に記載されるなど現在の婚姻制度自体と全く異なるため、意味が同一ではない)、「生家の氏」としました。なお、原典は「実家の氏」と表現しているので、それでも差し支えありません。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 13:52 (UTC)

ちなみに政府系出版物であろうが政府系の出版物であろうが、この場合、Wikipediaの出典の基準は十分満たしていると思います。(それがどちらだろうと私は気にしませんが)。おっしゃる婚姻、という言葉がないことに関しましては同意です。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 14:00 (UTC)

→資料を併記するには「同格」でなければなりません。政府刊行物に対しては政府刊行物・判例・裁判例であり、個人研究には個人研究です。政府刊行物に対して個人研究が学術的意味を有する理由はありません。また、御同意いただけで感謝します。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 14:31 (UTC)

→これはあなたのために私が勝手に書くことですから読む必要はありませんが、男女が結合する目的は二つあります。第一に生殖、第二に私有財産の結合。庶民の多くは残すべき私有財産がなかったため、今日の「男女交際」の域を超えませんでした。従い、所属する家をあらわす「氏」も存在しませんでした。しかし、子孫に残すべき私有財産を有する場合は、その私有財産の帰属先が重大な争点となるため、あらかじめ決めておく必要がありました。しかし、明治期になり国民皆兵がはじまると、英米式に「戦争応召義務」を持つ貴族と同じように「庶民全員」を扱う必要があり、ここで「貴族と同じように庶民の氏の創設」となり、「身分間の結婚制限」が撤廃されました。ここにきて、問題となるのは「夫婦の一方が私有財産をもつが一方が私有財産をもたない」とするケースです。こうして、私有財産を持つ妻が私有財産を持たない夫と配偶する際、「家格」をあらわす氏を夫に統一しなければならないのか? という問題が発生しました。詳しくは、争点となった太政官指令の次のページ「支那人に嫁いだ妻の氏」や、明治九年民法典「外国人との結婚した際の氏」などをみれば、類似の太政官指令が無数あるので、ご興味があればご参照ください。夫婦別氏が認められるケースと認められないケースは、私有財産の規模とその帰属先(相続方法)によって判断されていることが伝わると思います。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 14:31 (UTC)

ありがとうございます。ところで、法的な議論とここでの編集に関する議論がかみ合わないのは実のところ当たり前の話でありまして、Wikipediaの出典の基準が学術出版物の出典の基準と異なるので当たり前、ということをぜひご理解いただきますようお願いします。たとえば学術出版物では、ほとんど一般に手に入らないものを頑張って探して引用してもOKですが、WikipediaではNGです。逆に、新聞記事くらいでは学術出版物の出典とするには弱すぎますが、WikipediaではOKです。(それ以外にもこまごまいろいろあります。ぜひ紹介されたページなどご覧ください。要はサーベイ論文≠Wikipediaの記事(全く異なるもの)です。)。そういったこともぜひご理解いただければ、と思います。今後ともよろしくお願いいたします。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 14:42 (UTC)

コメント 橋本琴絵さんへ。海底窓際族さんが仰っているのは、Wikipedia:検証可能性及びWikipedia:独自研究は載せないというWikipediaの方針に基づいたものです。この2つはガイドラインではなく方針ですので、熟読されることを強くお勧めします。また、Wikipedia:ウィキペディアは何ではないかという方針もお読みいただければと思います。--静葉会話) 2020年8月15日 (土) 19:53 (UTC)

→静葉 日本国政府刊行物に記載された法令等が「独自研究」であるとするあなたの見解は、人種差別ですから、差別思想をwikipediaに記載することは認められていません。あなたが日本人を差別した言動を記載したことについて、訂正と謝罪を求めます。差別思想を書き込まないでください。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 21:24 (UTC)

→「新聞記事くらい」当該記事の真実性が担保されたものである限り、との認識です。何故ならば、英Daily Mailなど、英国ウィキペディアで出典にすることに一時的に禁じられた事例もあります。新聞といっても幅広く、「真実性の一定の担保」が必要であるとの認識であり、それには「一次資料」(特に判例・法令等)の重要性が強調 されると思料されます。--橋本琴絵会話) 2020年8月15日 (土) 21:24 (UTC)

外出先からですので簡潔に。とりあえず、呼び捨てはやめましょう。また、私の発言が人種差別に当たるとのことですが、なにを根拠におっしゃっているのか、私以外のコミュニティが納得する形での説明をお願いします。 また、繰り返し、あなたの独自解釈は掲載すべきではありません。他言語版Wikipediaでの出来事は日本語版Wikipediaとは関係がありません。 いずれにせよ、合意無き編集は絶対になさらないよう。 静葉会話) 2020年8月16日 (日) 00:19 (UTC)

橋本様が新たに編集された「婿入り養子の場合は夫婦同姓」もあなたの独自研究になります。婿入り、養子といった言葉は、明治民法や現代で使い方が変遷している言葉で、太政官指令の説明に使うにはそのような使い方の出典がない限り不適切かと思います。使いたい場合は、そのような出典をご提示ください(法令の原典だけではなく)。なお、より法令に近い言葉に修正させていただきました。

なお、いろいろ自説を述べられていますが、基本的にWikipediaは自説を開陳する場所ではありません。自説を「封印」して世の中の出典をうまく紹介する場所、と言った方がよろしいですかね。自説を述べ、自説を記載に反映し続けようとするならば、Wikipediaの「目的外使用」と判断されることがあることもご承知おきください。また、他の編集者の通常の意見に対し、「人種差別をした」などと中傷されるのはWikipediaでは他人への攻撃と判断される行為ですので、ご注意ください。--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 00:50 (UTC)

婿養子云々、は内務省伺、の方の記述のことですね。指令の内容とまぜて書くのはよくないと思います。これを解釈して何かを記述するのは適切な2次資料が必要かと思います。近藤氏の文献から記述することは可能だとは思いますが。--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 10:23 (UTC)--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 10:25 (UTC)

「また、同太政官指令内務省伺に記載されているように、婿入養子は妻の氏での夫婦同氏とされていた。」と書かれていますが、これもあなたの独自解釈です。上で 静葉様がご紹介してくださった、Wikipediaの方針を今一度お読みくださいますようお願いいたします。伺は伺で、そこでは何も規定されていませんが、そこがどう解釈するかは、2次資料の出典に拠るべきです。--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 13:51 (UTC)

法令全書明治九年1453頁に明確に「婚嫁後は婿養同一に看倣し夫家の名字を終身称さる」と明記されています。日本政府が発行した出典に対して、日本政府発行であることを理由に疑義を述べ、ウィキペディアの修正をすることはルヘル違反ですから、ただちにやめてください。通報します。--橋本琴絵会話) 2020年8月19日 (水) 22:15 (UTC)

あと、これはお願いですが、参考文献を同じものを何度も使う場合は、同じ番号を振ることができるので、そうお願いできれば、と思います。除去する必要が出てきた場合は、おおもとの情報を消すと、他がおかしくなるので、そのあたりも気を付けていただければ、と思います。これらは私もよくするミスですので、お互い気を付けましょう、ということで、よろしくお願いいたします。--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 13:59 (UTC)

この伺いについての解釈を何かもし記載したい、というのであれば、近藤の論文では、「内務省は、女性は結婚しても終身実家の氏を称すべきなのか、或いは、妻は夫の身分に従うのであるから、氏についても婚姻後は夫家の氏を称えさせるのが穏当と考えるが、成例がないので決し兼ねるとして、太政官の判断を仰いでいる。ここで、 「身分」というのは、華士族平民の族称を指す」(引用)といった解説をしています。この内容を書いて、それに対する回答が伺いであった、とこの論文の引用の元書くことはできるかと思います。書く必要があるかどうかは私はどちらでもよいと思いますが。あと、「近藤によれば」を付けるかどうかは自由です。--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 14:07 (UTC)

とりあえず、近藤の論文をもとに、注11の中の記載に伺に関する記載を追加しました。「近藤によると」を入れており、万一この記述が間違った解釈であったとしても(それは我々Wikipedia編集者の判断するところではありませんが)、問題のない記載になっているはずです。よろしくお願いします。--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 14:19 (UTC)

なお、伺いがどのような意味なのか、については、他にも文献はあるかと思います。この記事の中でreferされている文献にも書いている文献がいくつかあると思います。だいたい書いていることは同じだと思いますが多少違うことを書いていることもあるかもしれませんので、そういったものを見つけられましたら、それを引用するとともに修正いただいても結構かと思います。いずれにせよ、何度も言っていますが、ご自身のご意見を記載することのないようにお願いします。--海底窓際族会話) 2020年8月16日 (日) 14:36 (UTC)

橋本琴絵様。何度も言わせないでください。出典にない説明を創作するのはWikipediaでは(Wikipedia用語で)「独自研究」と言われ、禁止されています。「同太政官指令内務省伺に記載されているように、婿入養子は妻の氏での夫婦同氏とされていた」という説明など、その伺の中には書いていませんし、そこからこれを読み取ることが可能かどうかは論じませんが、それを記載するには何らかの出典が必要です。--海底窓際族会話) 2020年8月17日 (月) 11:10 (UTC)

なお、法令の文の前に「夫の家を相続しない」とわざわざ入れると、意味が変わる可能性があるため除去させていただきました。(法令の文章を変えるといけない、とおっしゃった、まさにその理由です)。そもそも、なくて意味がとおりますし、ないと意味がわからない文章であれば、それは二次資料を用いた出典が必要ですし、で、ない方がよいと思います。よろしくお願いします。--海底窓際族会話) 2020年8月18日 (火) 12:33 (UTC)

海底窓際族さん 新しいトピックを作成しましたのでそちらでどうぞ。また、「日本政府発行の文書は意味が分からない」とするあなたのと独自解釈を裏付ける出典がありませんので、まずはあなたの考えを裏付ける出典を付されては如何でしょうか。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:24 (UTC)

海底窓際族さん 新しいトピックを作成しましたのでそちらでどうぞ。また、『「同太政官指令内務省伺に記載されているように、婿入養子は妻の氏での夫婦同氏とされていた」という説明など、その伺の中には書いていません』とするあなたの独自解釈ですが、明確に「婚嫁後は婿養子同一に看倣し夫家の名字を終身称さる」と日本語で記載されていますので、ご確認ください。[2]--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:26 (UTC)

出典[編集]

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

夫婦別姓」上の8個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年10月1日 (日) 03:33 (UTC)

各国の同性婚に関する情報[編集]

各国の情報で、同性婚に関する情報が無関係として除去する編集がございましたが、各国でどのような頻度で民法が改正されているかは重要な情報だと思います。また、同性婚の方も同姓か別姓か、という問題も切り離せない議論としてあります。議論中でも同性婚との関連に関する情報もあります。そのようなことから、戻させていただきました。よろしくお願いいたします。--海底窓際族会話) 2020年4月22日 (水) 05:18 (UTC)

同性結婚のページがあるので、ここに書いた必要がない。また、節の冒頭部分は「2014年現在、夫婦別氏を認めず夫婦同氏を法で規定している国家は、日本のみである。かつては、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、ノルウェー、フィンランド、トルコ、タイ王国など夫婦同氏を法で規定していた国は日本以外にも多く存在していたが、そのいずれの国においても現在では別氏を選択できるよう法改正されている。同氏あるいは複合姓のみの選択しかなかったフィリピンも、婚前氏をそのまま用いる別氏を選択できるよう法改正されている(以下参照)。」で、同性婚は触らない。--Softyu会話) 2020年4月22日 (水) 09:04 (UTC)
同性結婚のページがもう少し出典を含め整備されましたら、そちらに集約するのもよいと思いますが、現在のところ、いまいちきちんと出典も含めて書いていませんので、このままでは賛成できません。そちらの出典等の整備を行わず、こちらの出典付きの情報を消去することには反対いたします。--海底窓際族会話) 2020年4月22日 (水) 11:25 (UTC)

情報を同性結婚に集約するべき、ということでしたら、そちらの方に、掲載されていない出典などの整備をまずはよろしくお願いできますでしょうか?--海底窓際族会話) 2020年4月22日 (水) 11:27 (UTC)

情報を同性結婚に集約された[1]。--Softyu会話) 2020年4月22日 (水) 13:54 (UTC)

ありがとうございます。--海底窓際族会話) 2020年4月22日 (水) 14:13 (UTC)

明治9年の太政官指令の解釈について[編集]

明治9年の太政官指令について、「相続権の無い妻は結婚してもなお所生の氏(婚姻前の氏)を用いること」、すなわち内縁夫婦は別氏が許されていた」のようなどの出典にも載っていない記載を掲載するのをおやめください。もし記載するのでしたら、そのような記載が載っている出典を掲載してください。--海底窓際族会話) 2020年8月15日 (土) 10:59 (UTC)

法令全書明治九年1453頁 --橋本琴絵会話) 2020年8月19日 (水) 23:06 (UTC) また、大判明44・3・25民録17輯169頁。

  • コメント横から失礼。まず「相続権の無い妻」は内縁の妻のことではありません。内縁の妻とすると婚姻をしているわけではないので「結婚してもなお所生の氏(婚姻前の氏)」の部分と矛盾が生じます。内縁の妻は戸籍にも入りません。家督を息子等に相続させる場合「(家督を)相続権の無い妻」となります。これに関しては法務省が見解を出してるのでそれで決着がつく話かと思います。橋本琴絵さんはノートにて合意形成を計り他者の意見を聞いた上で記事を編集するようにしてください。--Naga-r-juna会話) 2020年8月20日 (木) 00:36 (UTC)
    •   コメント理解の齟齬があるのかと思ったので追記です。海底窓際族さんが「出典を示してください」と言っているのは「あなたの解釈の出典」ではなく、「内縁夫婦は別氏が許されていたとしている出典」のことです。二次資料が必要ということですので、よろしくお願いいたします。--Naga-r-juna会話) 2020年8月20日 (木) 00:46 (UTC)
        • 会話「内縁夫婦は別氏が許されていたとしている出典」は裁判例・学説ともに三点の出典を添付済みです。ウィキペディアは、「自分が読めないものは出典ではない」とすることはできず、またあなたの政治的思想を主張したり独自研究を載せる場所ではありません。今後はお気を付けください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:09 (UTC)
      • 橋本様。この法令は明治時代のものです。「別姓であり相続しない夫婦関係は「内縁」と学説・裁判例において定義される。」と出典付きで書かれていますが、これは現代のもので、出典としてきわめて不適切です。
        •  これは「法令」ではありません。通達です。また、現代の出典が不適切ならば、あなたがこれまで提示した出典はすべて現代のものであるため不適切ということになりますので、その点合意致します。なお、明治以降の法令・判例は現在有効であると法律で決まっているため、ご了承ください。刑事訴訟法405条2号3号、刑訴法397条1項2項。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:09 (UTC)
      • また、Naga r juna様のご指摘はいずれもそのとおりだと思います。ありがとうございます。
      • また、新たに記載された、請願が出されている、までは良いですが、「だが、我が国では認められていない」はあなたの意見ですよね。そんな感想文を記事に記載しないでください。
        •  いいえ。同請願は棄却されている事実を出典からお読みください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:09 (UTC)
      • また、「相続しない」を法文の最初に加えることに固執されていますが、理由は何ですか? 法律を改ざんするな、とかいっていながら、ご自身で法文にない文を追加して改ざんするのをおやめください。
      • また、「相続権」は記載しない、と合意があったように思いますが、きわめて悪質な合意違反であることを指摘しておきます。
        • 合意したにもかかわらず記事を合意前に改変したのは-海底窓際族さんですから、明確な「合意違反」であることを指摘しておきます--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:09 (UTC)。
      • 出典や検証可能性といったWikipediaの基本的なルールを理解されていないように思われます。もし理解されているなら今すぐあなた自身であなたの問題投稿を元に戻されてください。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 01:07 (UTC)
        • 海底窓際族さんは、出典や検証可能性といったWikipediaの基本的なルールを理解されていないようですから、ご自身の政治思想と出典となった判例・法律書の内容が違うからといって、書き換える行為はやめましょう。独自研究ではなく、行政文書である法令等がテーマであるため、裁判例やその解説などを出典に付し、今後もウィキペディアの記事を充実させていきましょう。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:09 (UTC)

同意のない強行編集をおやめください。これは警告です。>橋本様。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 01:57 (UTC)

海底窓際族さん、一度合意した内容の強行編集は「荒し」行為です。これは警告です。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:09 (UTC)

橋本様、私はあなたに対し、様々な警告を行い、質問も行い、釈明も求め、謝罪も求めていますが、それらに対するお答えが「私の行動が「荒らし」である」ということでよろしいでしょうか?--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:21 (UTC)

会話)さん、私はあなたに種々の警告を行い、質問をなし、謝罪も求めていますが、それにら対する答えが「相手のコメントのコピー・アンド・ベースト」でしょうか? まずは、あなたの独自研究を裏付ける出典(裁判例・法曹有資格者の発行された書籍等)を添付するようにしましょう。ウィキペディアはあなたの独自研究を発表する場所ではないことをご理解ください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:25 (UTC)


・横から失礼します。初心者です。 まず、編集合戦の結果、日本語として不的確になっています。一刻も早く改善されることを望みます。 文頭で「相続しない婦女」とあっても、何を何時、相続しない事にしたのか意味が不明です。このままでは親や夫の遺産相続放棄した女性は名字が変わってしまうのか?と思ってしまいます。この部分を削除したほうが、後の文章の「ただし夫の家を相続した場合は」で文全体の意味が通じます。--ほろほろ鳥会話) 2020年8月22日 (土) 03:31 (UTC)

・「また、別姓であり相続しない夫婦関係は「内縁」と学説・裁判例において定義される。[139][140][141] 」 この補足の説明部分も、その出典は戦後の憲法による民法概念での学説・判例で、 戦後「家」という家督の相続概念は廃止されているので、明治9年での「夫の家」の相続とは関係がありません。 よって、この部分は削除が順当と思います。--ほろほろ鳥会話) 2020年8月22日 (土) 03:46 (UTC)

・また出典については、裁判例・法曹有資格者の発行された書籍等との指摘もありますが、wiki本文のその前後の事柄の記述においての出典の著者の我妻栄氏や山中永之佑氏は民法学者、法制史学者であり、この事柄だけ出典を裁判例・法曹有資格者の発行された書籍に限定する理由はないはずです。--ほろほろ鳥会話) 2020年8月22日 (土) 04:01 (UTC)

 ほろほろ鳥様、コメントありがとうございます。同意いたします。おっしゃる通りで、現在の状態はきわめて不適切な状態だと思いますので、Wikipedia記事の信用を保持するためにも、橋本様の強行編集からの復旧が必要不可欠であると思います。--海底窓際族会話) 2020年8月22日 (土) 05:19 (UTC)

編集合戦[編集]

節が分散しているので新規話題として。記事が編集合戦状態になっている模様ですが、議論のある記述は合意形成がなされるまで変更しないでください。逆に言えば、合意形成後に合意に従った形で記述を変更する分には問題ありません。特に利用者:橋本琴絵会話 / 投稿記録さんは編集合戦を理由に保護依頼を提出しておきながら自ら進んで編集合戦を行っています。それぞれの主張はともかく、力ずくの編集合戦によって得られるのは疲弊と負荷だけです。どうか手をお止めください。 -- ansuiT/C 2020年8月20日 (木) 02:30 (UTC)

利用者:ansui会話 / 投稿記録さん、いつもウィキペディアの編集をありがとうございます。今回、「自らすすんで編集合戦を行った」とする事実が存在しません。存在すると立証したい場合は、事実を立証する書証をつけましょう。事実ではないことをノートに書きこむことは「ウィキペディアのルール」に違反しています。今後も続くようでしたら、ブロックの対象となりますからお気を付けください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 14:58 (UTC)

会話ページをご覧いただければ。 -- ansuiT/C 2020年8月20日 (木) 15:01 (UTC)

利用者:ansui会話 / 投稿記録さん。コメントありがとうございます。あなたの主観がウィキペディアのルールとして必ずしも認められるものではないことをご理解頂ければ幸いです。主張には必ず出典や書証をつけるようにしましょう。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:10 (UTC)

意味不明ですが、会話ページをお読みください。 -- ansuiT/C 2020年8月21日 (金) 07:20 (UTC)

利用者:ansui会話 / 投稿記録さん。日本語の文章の意味が不明の場合は、学校に通うまたは独自学習をするなどして、努力されることを願います。ウィキペディアはあなたの独自研究を発表する場ではないことをご理解ください。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 08:52 (UTC)

提案[編集]

ご提案、どうもありがとうございます。橋本様の3つの編集、この3つの編集が事実に基づかない編集であるため、そのような編集を行わないことを提案いたします。理由は上で述べたとおりですが、今一度繰り返しますと、

  • 「ただし、同太政官指令内務省伺に「婚嫁後は婿養子同一に看倣し夫家の名字を終身称さる」と記載されているように、婿入養子は妻の氏での夫婦同氏とされていた。」といく独自の記述を3か所書かれていますが、そのような記述は内務省伺いの中にはございません。この伺の原文は橋本様が出典として出している、ここにあります。きわめて専門的な文書であり、これを解読して何か載せるためには2次資料が必要であることは明らかです。私の方は注釈12の中にこれに関する2次資料を載せ、それに従った記述を掲載しています。それに対し、橋本様は、ご自身の主張を出典なく記載されています。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:33 (UTC)

 →海底窓際族さん。独自の見解である理由は存在しませんので、仮に存在すると主張したい場合は「出典」や「書証」をつけれるようにしましょう。ウィキペディアのあなたの主観や政治思想を記述する場所ではありません。また、「きわめて専門的文書」であるならば太政官指令の記述そのものを削除したいという提案でしょうか? あなたの出典は「独自研究」であり、法律資格者による記事でなければ、裁判例でもありませんから、然るべき有資格者による「出典」をつけましょう。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:23 (UTC)

橋本様、あなたの答えは私の指摘に対して何も答えていません。私はあなたの編集について議論しているのであって、私の編集について議論していません。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:33 (UTC)

  • さらにその後ろで、出典付きで内縁の説明を記載されています。これは現代法の家裁の記述および現代民法の出典による記載で、当該法令(太政官指令)とは何の関係もない出典です。また、太政官指令には「内縁」などという言葉も入っておらず、これらの記述で何かを記載するのは独自研究ないし、情報の合成で、削除すべきと考えます。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:33 (UTC)

 → 海底窓際族さん。太政官指令は法令ではなく通達です。また、明治以降の文書と現代を峻別したい場合は、その理由となる法令上の出典を添付しましょう。ウィキペディアはあなたの願望や独自研究を載せる場所ではないことをご理解ください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:23 (UTC) いいかげんにしてください。情報の合成、についてWikipediaのルールを学習してください。あなたの編集には同意できません。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:33 (UTC)

  • また、これらの橋本様の編集は「通説」とか異なるご自身の自説であることをご自身のtwitterで明らかにされています。WIkipediaに記載するべき情報は、最も通説であるべきで、それ以外の説があるのであれば、出典付きでその説を補足として書くのが普通かと思います。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:33 (UTC)

 → 海底窓際族 あなたの考えが「通説」であるとする、法令・裁判例の出典を添付してください。ウィキペディアはあなたの独自研究や考えを発表する場ではないことをご理解ください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:23 (UTC) 私があなたに聞いているのですが。話をそらさないでください。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:33 (UTC)

  • 以上のことから橋本様のこれらの編集は***行ってはならない***と思いますがいかがでしょうか?よろしくお願いいたします。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 03:04 (UTC)

 → 海底窓際族 以上から、ウィキペディアは海底窓際族さんの思想(日本政府発行の出版物や法曹有資格者による法律書は出典にしてはいけないとする思想)を発表する場ではありませんから、今後、お気を付けください。今後も荒し行為を続ける場合はブロックの対象となります。ご自説を記述したい場合は、「夫婦別姓という法律の記事であることから、裁判例・法曹資格者の著作などの出典をつけるようにしましょう。(以上は橋本琴絵氏の編集

  • なお、補足ですが、これまでの議論で合意があるのは、太政官指令15号に関する説明において、「相続権という言葉は使わない」「婚姻という言葉は使わない」、「但し書き以下についても法令に従って書いてもよい」の3点だと理解しています。これらの合意はすでに記事に反映されており、問題があるとは思いません。橋本様の独自研究を出典もなく掲載しようとなさることに強く反対するとともに、国名などでなぜ出典にない国名を掲載したのかの釈明(二か所も異なる形で編集してますよね?どう考えても間違いではなく記事破壊に思えます。)と、何人もの編集者に人権侵害をしたなどという個人攻撃を行ったことの謝罪を求めます。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 04:31 (UTC)

海底窓際族 そのような「単語を抽出した合意」の事実はありません。法令等の文言通りに記載することが合意であるにもかかわらず、海底窓際族さんは合意形成後に記事の改変(独自研究の掲載)を出典なく繰り返すことをしました。こうした行為は荒しですから、絶対におやめください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:23 (UTC)

    • 合意していない分を合意した、などと主張されないように、明確に書いておきますと、「但し書き以下」とは「但夫ノ家ヲ相続シタル上ハ夫家ノ氏ヲ称スヘキ事」のことです。それ以上でもそれ以下でもありません。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 06:22 (UTC)
  • あと、他人のコメントの途中にご自身のコメントを挿入するのはおやめください。後から誰がどの部分を書いたかがわからなくなってしまいますので。>橋本様。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 04:34 (UTC)

 →海底窓際族 合意形成した事実は「法令などの文言通りに記載する」であり、あなたの主観によって「法令などの文書を開存することに合意する」ことではありません。今後、こうした合意形成後に記事改変を何度も強行することは荒し行為であるため、絶対におやめください。(以上は橋本琴絵氏の編集

橋本琴絵様。こちらの私のコメントに答えて合意を得てから編集を行ってください。その後行ったあなたの編集は、私の合意を得ていません。編集を強行しないでください。すべて戻してください。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 13:27 (UTC)

海底窓際族 あなたは合意形成後に、記事改変を繰り返しました。従い、あなたとの合意形成には有効性が期待できないため、一応議論は続けますが、あなたがご自説を裏付ける「裁判例・法曹資格者による発行された書籍」などの出典を付することができない場合は「荒し行為」としてブロックの対象となりますから、ご注意ください。--ことにゃん会話) 2020年8月20日 (木) 15:23 (UTC)

私はあなたの編集についてお聞きしているのですが、話をそらして答えることをしませんね。対話拒否ということでしょうか?--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 15:33 (UTC)

いずれにせよ、現時点であなたが保護寸前にやった編集のいずれについても、合意はしておりませんので、後で戻すようお願いします。--海底窓際族会話) 2020年8月20日 (木) 16:52 (UTC)

  • コメント橋本琴絵さん、他者の文章の間にいちいちコメントを挿入されると、どれがあなたのコメントでどれが他者のコメントかわからなくなりますのでおやめください。可読性が著しく低下し議論撹乱でしかありません。そもそも合意形成のための議論する気はあるのでしょうか?--Naga-r-juna会話) 2020年8月20日 (木) 17:08 (UTC)
  • 合意されていない編集を元に戻しました。橋本琴絵様に対するブロック依頼が提出されている状況ですが、この記事に対する私の意見を以下に整理しておきます。(橋本様による他人のコメントにコメントを挟み込む編集によって、議論の全体像がまったくわからない状況になってしまっていますので。)
    • 橋本琴絵様の編集における、指令の冒頭の「相続しない」は出典には書かれていませんので、これを書くことには明確に反対します。
    • 橋本琴絵様の編集における、裁判例等を出典とした養子とは何かの説明は、ここでは何の関係ありませんので、この記述を追加することにも明確に反対します。なぜそのような記述が必要か、をコミュニティがわかる形で説明できない限り、追加すべき文言ではないです。
    • 独自研究については何度も指摘していますが、「同批准を議会がしていないため法的効力はない。」などという出典にない独自研究を追加しないでください。出典のないこのような記述の追加に明確に反対します。また、出典がある既存記述について、出典を確認せず、出典にない記述に改変することはやめてください。(記述以外のがある場合は、「〇〇は~としている(既存出典による既存記述に主張者を追加)。一方△△は~としている(新たな別の出典)。」などのように併記してください。)
    • こちらも何度言っていますが、出典のある記述を十分な説明なく削除することはやめてください。削除する場合は、コミュニティの納得する説明をお願いします。
    • 橋本琴絵様は、ご自身の編集が(この記事に限らず)差し戻されたり修正されたりするごとに、他の編集者の差戻しを「あなたの編集は」等と述べられていますが、これはあなたの編集に対する異議であって、他の編集者が編集しているわけではありません。他の編集者はあなたの編集に異議を唱えているだけなので、議論をはぐらかさないようお願いします。
    • また、これも私も含め何人もの編集者が指摘していることですが、他人のコメント中にコメントを差し込まないことをお願いします。これでは議論を追うことができず、議論の進行が極めて困難になります。
    • 私だけでなく、他の編集者も橋本琴絵様の編集には異を唱えています。今後は他の編集者の合意を得た上での編集をお願いします。--海底窓際族会話) 2020年9月3日 (木) 23:21 (UTC)

橋本琴絵様。合意なき編集はおやめください。他のコミュニティが合意できてから編集してください。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 08:35 (UTC)

海底窓際族様。合意が形成された記事について編集は荒し行為ですので、通報の理由となります。荒し行為はやめてください。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 08:38 (UTC)

通報は好きにされればよいと思いますが、これまでのあなたの編集は荒らし以外の何物でもありません。私の上記の意見に対して、コミュニティにもわかる説明をお願いします。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 08:40 (UTC)

  • コメントとりあえずお二方とも記事の編集の手を止めていただいた方が良いかと思います。橋本琴絵さんにお聞きしますが、合意形成のために議論をする意志はおありでしょうか?--Naga-r-juna会話) 2020年9月4日 (金) 08:43 (UTC)

Naga-r-junaさん。ノートに書きこむ前に「合意形成の履歴」を参照するようにしましょう。すでに合意形成のための議論は二か月にわたってなされています。再度、合意形成の議論が必要である場合は、理由を付してください。合意形成の議論によって形成された内容に違反する行為につき、助長する行為は荒しですからおやめください。ウィキペディアは、あなたの独自研究を発表する場ではありません。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 08:56 (UTC)

-海底窓際族既に議論がなされ合意が形成された内容に反して編集する行為は荒し行為ですからおやめください。ウィキペディアは、あなたの独自研究を発表する場ではありません。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 08:56 (UTC)

-海底窓際族 日本政府発行の資料に対して、日本政府が発行していることを理由に「日本人が作成した文書はウィキペディアでは使用することが出来ない」とするあなたの主張は、人種差別ですから、ウィキペディアでは認められていません。記事に疑義がある場合は、夫婦別姓という法制度の議論であるため、判例・法令などの資料を使いましょう。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:02 (UTC)

私はあなたの編集に上で合意していません、と何度も何度も言っているのですが、通じない方ですね。自分勝手に合意を捏造するのをおやめください。そもそも、合意云々以前に、あなたがWikipediaのルールに違反しているのを私は指摘しているだけです。ルール違反した記述に合意など成立するわけがありません。私の上のコメントに対し、真摯に答えていただき、私や他のコミュニティを納得させた上で編集をお願いします。それまでは、あなたの編集は元に戻してください。それ以前の状態で長年書かれていて、合意されていたと考えられる状態の文言から変更しようとしているのはあなたです。人種差別云々は意味不明な個人攻撃であると、指摘しておきます。また、あなたの自己ルールではなく、Wikipediaのルールに従ってください。意味不明の返答で議論を攪乱し、実質的に対話拒否と同じことをすることをおやめください。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:10 (UTC)

-海底窓際族 明確に合意した議論の経緯があなたのノートと私のノートにありますが、消されたのでしょうか。合意内容を破棄したい場合はその理由を付してください。また、あなたの人種差別思想をウィキペディアに書き込むことは、ルール違反ですからおやめください。人種差別思想という方ごりーでの議論をされるようお願いします。もし、添付したい資料がある場合は、夫婦別姓という法制度史に照らし、判例・法令・法曹資格者の出典を付するようにしてください。繰り返しますが、ウィキペディアはあなたの独自研究を発表する場ではありません。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:15 (UTC)

新しいトピックを作成します。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:15 (UTC)

上に私が書いていることですが、もう一度書きますと、これまでの議論で合意があるのは、太政官指令15号に関する説明において、「相続権という言葉は使わない」「婚姻という言葉は使わない」、「但し書き以下についても法令に従って書いてもよい」の3点だと理解しています。ここで「但し書き以下」は、太政官指令15号の「「但夫ノ家ヲ相続シタル上ハ夫家ノ氏ヲ称スヘキ事」という文言のことです。それをあなたの独自研究による見解の説明を追加することには一切合意をしていません。--海底窓際族会話) 2020年9月4日 (金) 09:20 (UTC)

-海底窓際族 さん 新しいトピックをつくりましたのでそちらでお話ししましょう。また、法令等に記載された文言を転記を「独自研究」だとするあなたの「独自研究」を裏付ける出典をまずは付することはされては如何でしょうか。--ことにゃん会話) 2020年9月4日 (金) 09:31 (UTC)