ノルイボガイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノルイボガイン
Noribogaine.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • AU: 処方箋薬(S4)
  • US: Specifically Unscheduled(but still a Schedule I Analogue due to being a main metabolite of C-I Ibogaine).
  • C-I Analogue
投与方法 Metabolite of Iboga-alkaloid(s?) Ibogaine.
識別
CAS番号
481-88-9 ×
PubChem CID: 3083548
ChemSpider 2340735 チェック
化学的データ
化学式 C19H24N2O
分子量 296.407 g/mol
テンプレートを表示

ノルイボガイン(Noribogaine)または12-ヒドロキシイボガミン(12-hydroxyibogamine)は、向精神作用を持つ、幻覚剤であるイボガイン代謝物質である。イボガインを含む植物抽出物の抗嗜癖作用に関わっていると考えられている[1][2][3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Glick SD, Maisonneuve IS (May 1998). “Mechanisms of antiaddictive actions of ibogaine”. Annals of the New York Academy of Sciences 844: 214–26. doi:10.1111/j.1749-6632.1998.tb08237.x. PMID 9668680. 
  2. ^ Baumann MH, Pablo J, Ali SF, Rothman RB, Mash DC (2001). “Comparative neuropharmacology of ibogaine and its O-desmethyl metabolite, noribogaine”. The Alkaloids. Chemistry and Biology 56: 79–113. doi:10.1016/S0099-9598(01)56009-5. PMID 11705118. 
  3. ^ Kubiliene A, Marksiene R, Kazlauskas S, Sadauskiene I, Razukas A, Ivanov L (2008). “Acute toxicity of ibogaine and noribogaine”. Medicina (Kaunas, Lithuania) 44 (12): 984–8. PMID 19142057.