ノナ・ガプリンダシヴィリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nona Gaprindashviliノナ・ガプリンダシヴィリ
ნონა გაფრინდაშვილი
Nona Gaprindaschwili 1982 Kissingen.jpg
1982年、バート・キッシンゲンにて
ソビエト連邦ジョージア
生誕 (1941-05-03) 1941年5月3日(80歳)
ズグジジ, ジョージア, ソビエト連邦
タイトル グランドマスター (1978)
女子世界選手権 1962–78
最高レート 2495 (July 1987)
テンプレートを表示

ノナ・ガプリンダシヴィリグルジア語: ნონა გაფრინდაშვილი 英語:Nona Gaprindashvili; 1941年5月3日生まれ)は、ジョージアチェスプレーヤーである。 女性で初めて国際チェス連盟(FIDE)グランドマスターとなった。世界女子チェス選手権で5人目のチャンピオン(1962年から1978年)でもあった。

1961年、20歳で第4回女子候補トーナメントで世界チャンピオンのエリザベータ・ビコバとのタイトルマッチを制し、優勝した。最終スコアは9-2(+ 7-0 = 4)であった。その後、4度のタイトル防衛戦に勝利した。タイトル挑戦者は、アラ・クシュニール(1965年:10–6; 1969年:12– 7; 1972年:12–11)と、ナナ・アレクサンドリア(1975年:9-4)であった。1978年に、17歳のマイア・チブルダニッツェに6½–8½(+ 2−4 = 9)のスコアでチャンピオンの座を奪われた。

1963年、1966年、1969年、1972年、1974年、1978年、1980年、1982年、1984年、1986年、1990年の女子チェスオリンピックソビエト連邦代表として出場し、1992年にはジョージア代表として出場している [1]。1980年代に女子チェスオリンピックを席巻したソ連チームの貢献者の一人であった。25個ものメダルを獲得しており、そのうち11個がチーム金メダル、9個が個人金メダル出会った [2] 。1986年のドバイ女子チェスオリンピックでは、出場した10試合すべてで優勝した。

1964年、1973年、1981年、1983年、1985年のソビエトチェス女子チャンピオンシップで優勝した。

男子トーナメントにも出場し、1963/4年にヘイスティングス国際チェス大会で優勝、1977年にローンパイン・インターナショナル・トーナメントで優勝した。

1978年、合計23ゲームでGMノームを2回達成し、FIDEから女性初のグランドマスターの称号を授与された。最後のGMノーム達成は、1977年のローンパイン・インターナショナル・トーナメントで、45人のプレイヤーを相手に優勝したことで達成された。グランドマスターの称号は通常、 24 ゲームを必要とするが、ローンパイン・インターナショナル・トーナメントでGMノームを達成したことにより、23ゲームの成績が24 ゲームに相当するものと判断された 。

1995年、女性で初めて世界シニアチェス選手権で優勝した [3]。2009年、2014年、2015年、2016年、2018年、2019年にも優勝を収めている(2014年以降は65歳以上部門)。2011年、2015年、2016年、2017年、2018年にはヨーロッパ女子シニアチェス選手権でも優勝している(2014年以降は65歳以上部門)。

2005年、64歳の時に、オランダのハーレムで開催されたBDOチェストーナメントにて、6½/ 10ポイント、レート2510のパフォーマンス評価で優勝した [4]

2015年、ジョージア大統領ギオルギ・マルグヴェラシヴィリから「国家と国民への卓越した貢献」及び「国際的にジョージアを代表する人物」であることから優秀勲章を授与された[5]

2016年、FIDE会長のキルサン・イリュムジーノフ氏から、カイサ賞が贈られた。トロフィーはチェスの女神カイサを表した彫像で、ロボルタス・クラシック・ジュエリーハウス社によって制作された [6]

Iberia 社によって制作された香水、「ノナ」はノナ・ガプリンダシヴィリにちなんで名付けられている。香水瓶はチェスのクイーンのような形をしている。 [7]

ジョージアの首都、トビリシにあるチェスパレスはノナ・ガプリンダシヴィリに捧げられている。 [8]

脚注[編集]

  1. ^ OlimpBase :: Women's Chess Olympiads :: Nona Gaprindashvili”. www.olimpbase.org. 2018年10月22日閲覧。
  2. ^ Only her compatriot Maia Chiburdanidze won more: 28 medals in 15 olympiads (15 individual and 13 team medals, of which 15 gold)
  3. ^ Crowther (1995年11月26日). “The Week in Chess 59”. The Week in Chess. 2020年7月29日閲覧。
  4. ^ Agterdenbos, Frits (2005年9月10日). “Nona Gaprindashvili wins BDO Chess Tournament Haarlem”. Chess News. https://en.chessbase.com/post/nona-gaprindashvili-wins-bdo-che-tournament-haarlem 2018年10月22日閲覧。 
  5. ^ Order of Excellence to Nona Gaprindashvili”. FIDE. 2015年12月29日閲覧。
  6. ^ Nona Gaprindashvili Earns the World Chess Champion Title Once Again”. Georgia Today on the Web. 2018年10月22日閲覧。
  7. ^ Nona - Нона Iberia - Иверия perfume - a fragrance for women 1978”. www.fragrantica.com. 2018年10月22日閲覧。
  8. ^ Tbilisi Chess Palace and Alpine Club”. architectuul.com. 2018年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]


先代:
Elisaveta Bykova
Women's World Chess Champion
1962–1978
次代:
Maia Chiburdanidze