ヌール・ムハンマド・タラキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヌール・ムハンマド・タラキーパシュトー語: نور محمد ترکی、Nur Muhammad Taraki、1917年6月15日 - 1979年9月17日)は、アフガニスタンの政治家、初代革命評議会議長

ガズニー州ナワ郡カライ村の裕福な農家に生まれた。ムクル市の小学校を卒業し、ボンベイで夜間英語学校に通った。カーブル大学で学士、コロンビア大学で修士、ハーバード大学で博士号取得。

1932年、カンダハール市の果物輸出会社に就職。優れた仕事ぶりにより、ボンベイ市支社の秘書に昇格した。ボンベイで、パシュトゥーン人民族主義者のハーン・アブドゥルガッファール・ハーンの側近に加わった。

1937年、ボンベイから帰国し、各新聞紙に記事を執筆し始め、英文の翻訳、ソビエト賛美の記事を発表した。

1947年、社会運動ビシュ・ザルミヤン(目覚める青年)に入った。1951年から、週刊誌アンガル(炎)に記事を定期的に投稿し始めた。1945年から1952年まで、国営銀行総裁、経済相アブドゥル・マジド・ザボリの個人秘書として働いたが、不穏分子として首都から追放され、バダフシャーン州に左遷された。

1952年から、駐米アフガニスタン大使の報道官。1953年、ニューヨークで記者会見を開き、「現体制は、弾圧的かつ権威主義的で、国王一人を代えても変らない」と表明した。アメリカのマスコミは、彼がイギリスに政治亡命すると報道したが、彼は自ら帰国した。

1955年から1958年、アメリカの海外ミッションの通訳。1962年5月から1963年9月まで、駐アフガニスタン米大使館の通訳。独立の翻訳会社ヌル(世界)を設立した。1963年、ソ連を初訪問し、ソ連共産党により進歩的活動家として認められた。

1965年1月1日、カーブルにおいて、アフガニスタン人民民主党第1回設立会議が開かれ、書記長、執行委員会委員に選出された。故郷の村から議会選挙に出馬したが、落選。

1967年、アフガニスタン人民民主党は、ハルク(人民)派とパルチャム(旗)派の二派に分裂した。分裂の主な原因は、パルチャム派が進歩的なムハンマド・ダーウード体制を支持したのに対し、ハルク派が反対したことにあった。

1977年、人民民主党は再統合され、タラキーは、アフガニスタン人民民主党中央委員会書記長に再選出された。党機関紙「ハルク」の出版責任者となったが、6号を出版したところで閉鎖された。1978年4月26日、ダーウードの命令により逮捕されたが、4月27日、人民民主党のクーデターが起こり解放された。

1978年4月に軍事クーデター「四月革命英語版」が発生し、革命評議会議長、アフガニスタン首相に就任。12月、ソ連を訪問し、友好及び善隣条約に署名。

1979年9月14日、タラキーと副首相のハフィーズッラー・アミーンの警護員間で銃撃戦が起き、両者は互いに非難しあった。9月15日、タラキーは、アミーンの支持者により逮捕され投獄された。9月16日、アフガニスタン人民民主党中央委員会幹部会は、「健康上の理由」と「彼自身の依願」により、彼を全ての党職及び公職から解任した。9月23日、新大統領アミーンは、タラキーが存命で、治療を受けていると表明したが、病名は告げなかった。

1979年10月9日、カーブルのラジオは、タラキーが「重度かつ継続的な病気」のため死亡したと発表した。

パーソナル[編集]

パシュトゥーン人で、ギルザイ部族連合タラク部族ブラン氏族出身。妻帯、子供はいない。

パシュトー語小説の著者。ソビエトの教科書「マルクス・レーニン主義の基本」の翻訳者。

先代:
-
アフガニスタン人民民主党書記長
1965年 - 1979年
次代:
ハフィーズッラー・アミーン
先代:
ムハンマド・ダーウード
アフガニスタン大統領
1978年 - 1979年
次代:
ハフィーズッラー・アミーン
先代:
ムハンマド・ムーサー・シャフィーク
アフガニスタン首相
1978年 - 1979年
次代:
ハフィーズッラー・アミーン
先代:
-
革命評議会議長
1978年 - 1979年
次代:
ハフィーズッラー・アミーン