ヌロンイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌロンイ / ファング
Nureongi dogs.jpg
ヌロンイ
各種表記
ハングル 누렁이 / 황구
漢字 - / 黃狗
発音 ヌロンイ / ファング
日本語読み: - / こうこう
2000年式
MR式
英語
Nureong-i / Hwanggu
Nurŏng-i / Hwangku
Korean Edible Dog
テンプレートを表示

ヌロンイ朝鮮語누렁이)またはファング(朝鮮語:황구 黃狗)とは、朝鮮半島原産の食用犬種である。別名コリアン・エディブル・ドッグ英語:Korean Edible Dog)。現在も多くが食用として飼育されており、犬食の是非を問う論議の中心となっている。大韓民国では特定の犬種ではなく黄色い雑種犬を意味する。大型のマスティフ土佐犬と交配して大型化を図った雑種犬も一般的にヌロンイと呼ばれる場合がある。

歴史[編集]

ヌロンイはとても古い犬種で、古来より朝鮮半島に土着していて、中国の古代犬種のハン・ドッグとつながりがあると考えられている。猟犬番犬として使役する傍ら、食用にもされていた。大韓民国では、現在も犬肉レストランなどでヌロンイの料理が出されている。

食用犬種としての顔[編集]

ヌロンイの肉は甘く、北朝鮮ではタンコギ(단고기)と呼ばれている。韓国では滋養強壮剤として食されるもので、かつては貴重なタンパク源のひとつであった。また、に比べ、少ない餌で肥育できるために重要な収入源にもなっている。食用にされるのは主にオスで、大半のメスは繁殖用に残される。食用にされるヌロンイは去勢され、肉を与えず主に穀物系の餌のみを与えられて肥育される。攻撃性を削ぐために子犬の時に鼓膜を穿孔する場合もある。一定の期間、農場で大量のヌロンイが肥育された後に屠殺業者に売られて屠殺される。一般人が番犬として使役させたヌロンイを屠畜業者に売る場合もある。屠殺は撲殺と知られているが、最近は電気ショックなどで屠殺され出荷される場合が多い[1]。屠殺方法が残酷だとされることと一部農場の劣悪な施設が動物虐待に値するとして各国から厳しい批判がなされる。こういった抗議について、他国の文化を理解していないと疑問の声もある。また、批判をしている国々もかつては犬食文化があったこともしられる。近年では、韓国にも「犬は愛玩動物」という意識を持つ人が増えており、韓国人主体の動物愛護団体が犬肉食を批判することもある。

ペット犬種としての顔[編集]

近頃では珍しい犬種を好む人にペットとして飼われたり、農村部では猟犬として使役させるなど、卓上に上る運命を免れるヌロンイも多くなってきた。韓国国内でも犬食に反対する動物愛護団体が増えつつあり、犬を食べない人も年々増加している。また、計画的な交配によりヌロンイの犬種の質を向上させようという運動も盛んに行われている。

また、2006年時点で日本にも全国で30頭ほどのヌロンイがペット用として飼育されている。

特徴[編集]

「黄色い犬」という意味の名の通り毛色は黄色っぽく、背、耳、マズル(口吻)、頭頂などに黒いマーキングがあるものもいる。 日本犬によく似たスピッツタイプの犬種だが、それらよりも大型で筋肉質のがっしりとした体格をしている。 耳は立ち耳または垂れ耳で、尾は巻き尾か刺し尾(まっすぐな垂れ尾)。性格は忠実で内向的、繊細で育てられた家族によくなつくため、度重なる転売(=主人を何度も変えられること)により、かなりの精神的ダメージを受けて弱ってしまう。

脚注[編集]

  1. ^ 박재범개고기의 식용 합법화 찬반론과 위생문제 연구」2004年、9頁

参考文献[編集]

  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』(誠文堂新光社)デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年
  • 『犬食文化と7つ犬種』(央端社) 田中沙耶著 1995年

関連項目[編集]