ヌマハコガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌマハコガメ
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : リクガメ上科 Testudinoidea
: ヌマガメ科 Emydidae
亜科 : ヌマガメ亜科 Emydinae
: アメリカハコガメ属 Terrapene
: ヌマハコガメ T. coahuila
学名
Terrapene coahuila
Schmidt & Owens, 1944
和名
ヌマハコガメ
英名
Aquatic box turtle
Coahuila box turtle
Water box turtle

ヌマハコガメ(沼箱亀、Terrapene coahuila)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目ヌマガメ科アメリカハコガメ属に分類されるカメ。

分布[編集]

メキシコクアトロシェネガス渓谷[1][2][3][4]固有種

形態[編集]

最大甲長16.8cm。[2][3][4]背甲はややドーム状に盛り上がるが[2]、甲高は甲長の40%以下。[3]背甲は上から見ると細長い楕円型。[2]第1椎甲板と腹甲(折り曲げずに地面に接した状態)を横から見た角度が50°以上。[3]背甲の色彩は緑褐色や黄褐色、暗褐色。[1][2][3]腹甲の蝶番は第5縁甲板と第6縁甲板の継ぎ目(シーム)よりも前方にある。[3]腹甲の色彩は淡黄色や緑褐色で、不明瞭な暗色斑が入る。[2][3]

頭部の色彩は褐色。[2]

卵は長径2.9-3.3cm、短径1.7-1.8cm。[3]幼体では背甲の色彩が明るく甲板に放射状の暗色斑や斑点が入るが、成長に伴い背甲の色彩は暗くなり斑紋は消失する。[2][3]オスの成体は虹彩が褐色で黄色い斑点が入る。。[3]メスや幼体の虹彩は黄色や黄褐色。[3]

分類[編集]

属内ではカロリナハコガメと近縁だと考えられている。[3]

生態[編集]

底質が柔らかく水生植物が繁茂する流れの緩やかな小河川湿原などに生息する。[1][2][3][4]アメリカハコガメ属では唯一の半水棲または半陸棲で、[2][4]水場から離れることはまれ。[3]肺の大きさを変えて水中を浮かんだり、粘液嚢を使ってガス交換をし補助的に呼吸を行う。[2][3][4]

食性は雑食で、昆虫甲殻類貝類魚類両生類の幼生、水生植物(ハリイ属など)、果実藻類シャジクモ属など)などを食べる。[1][2][3][4]陸上でも水中でも採食を行う。[2][3][4]

繁殖形態は卵生。飼育下では秋季から春季にかけて水中や水辺で交尾を行った記録がある。[3]5-9月に1回に1-8個(主に2-3個)の卵を年に2-3回に分けて産む。[3]卵は夏季から秋季の初めに孵化するが、9月に産まれた幼体は地中で越冬し翌年の春季に地表に現れる。[3]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊や、水質悪化、ペット用の乱獲などにより生息数は減少している。[2][3][4]メキシコでは法的に保護の対象とされ、採集や輸出などが厳しく制限されている。[3]1995年にワシントン条約附属書Iに掲載された。[2][3]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されていた。[3]現在はワシントン条約附属書Iに掲載されているため国際的な商取引が禁止されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ1 アメリカ大陸のミズガメ』、誠文堂新光社2005年、39頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2000年、124、276-277頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 安川雄一郎 「アメリカハコガメ属の分類と生活史(後編)」『クリーパー』第15号、クリーパー社、2002年、19-24、45頁。
  4. ^ a b c d e f g h 安川雄一郎 「水棲ガメの世界」『ハ・ペト・ロジー』Vol.3、誠文堂新光社、2005年、31、42頁。

外部リンク[編集]