ニュー・ファウンド・グローリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
New Found Glory
New Found Glory.jpg
基本情報
別名 NFG
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州コーラルスプリングス
ジャンル ポップ・パンク
活動期間 1997年 -
レーベル ホープレス・レコード
エピタフ・レコード
ゲフィン・レコード
Suretone Records
メンバー ジョーダン・パンディク
チャド・ギルバート
イアン・グルーシュカ
サイラス・ブルーキ
旧メンバー ジョー・モレノ
スティーブ・クライン

ニュー・ファウンド・グローリー (: New Found Glory) は、アメリカ合衆国フロリダ州コーラルスプリングス出身のポップ・パンクバンド。

略歴[編集]

1997年にフロリダ州コーラルスプリングスで同じ高校の同級生だったスティーヴ・クライン(G)、ジョー・モレノ(Ds)、ジョーダン・パンディク(Vo)、イアン・グルーシュカ(B)が結成。結成はグリーン・デイに影響されてのものであった。さらにハードコアバンドシャイ・ハルードボーカルを担当していたチャド・ギルバート(G)が加わる。

結成から5ヶ月でマイアミのインディ・パンク・レーベルFiddler Recordsから『IT'S ALL ABOUT THE GIRLS』を発表。その後、ジョー・モレノが音楽性の違いから脱退、後任としてサイラス・ブルーキ(Ds)が加入した。

1999年には12曲入りで初のフル・アルバム『NOTHING GOLD CAN STAY』をマイアミのパンク・レーベルEulogy Recordingsからリリース。そのアルバムから「ヒット・オア・ミス」がスマッシュ・ヒットし、ロサンゼルスのレーベルDrive-Thru Recordsと契約を交わす。

2002年6月、メジャー2作目(通算3作目)となるアルバム『スティックス・アンド・ストーンズ』を発表。ビルボード・チャート初登場4位を獲得した。2003年1月に初来日し、ツアーのチケットはソールド・アウト。さらにサマーソニック03にも再び来日した。以降2007年4月パンクスプリング、サマーソニック08にも再来日している。

2008年、新たにパンク・ロック・レーベル、エピタフ・レコードに移籍し、2009年2月に移籍第1作目(通算6作目)となるアルバム『ノット・ウィズアウト・ア・ファイト』を発表。日本盤は2週間先行発売であった。2011年には、ゲフィン在籍時にバンドのプロデュースをしていたニール・アヴロンと再びタッグを組んで、通算7作目のアルバム『レディオサージュリー』をリリースする。

2013年12月、結成メンバーでリズムギターのスティーヴが方向性の相違を理由にバンドを脱退する。

2014年、エピタフ・レコードより離脱し、ホープレス・レコードへ移籍。同レーベルより同年10月に通算8作目となるアルバム『レザレクション』をリリースすることを発表した(日本盤はKick Rock INVASIONよりリリース)。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • ジョー・モレノ (Joe Moreno) - ドラムス(1997年)
  • スティーヴ・クライン (Steve Klein、1979年9月29日 - ) - ギター(1997年 - 2013年)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[1]
AUS
[2]
FRA
[3]
IRE
[4]
UK
[5]
1999 Nothing Gold Can Stay
  • 発売日: 1999年10月19日
  • レーベル: Eulogy
  • 全米売上: 30万枚[6]
2000 New Found Glory
  • 発売日: 2000年9月26日
  • レーベル: Drive-Thru
  • 全米売上: 50万枚[7]
107 136
2002 Sticks and Stones
  • 発売日: 2002年6月11日
  • レーベル: MCA
  • 全米売上: 56万枚[9]
4 33 100 61 10
  • US: ゴールド[7]
  • CAN: ゴールド[10]
  • UK: シルバー[8]
2004 Catalyst
  • 発売日: 2004年5月18日
  • レーベル: Geffen
  • 全米売上: 50万枚[7]
3 32 154 27
  • US: ゴールド[7]
2006 Coming Home
  • 発売日: 2006年9月19日
  • レーベル: Geffen
  • 全米売上: 8.3万枚[11]
19 48 86
2009 Not Without a Fight
  • 発売日: 2009年3月10日
  • レーベル: Epitaph
  • 全米売上: 2.6万枚[12]
12 36 83
2011 Radiosurgery
  • 発売日: 2011年10月4日
  • レーベル: Epitaph
  • 全米売上: 1万枚[13]
26 50 142
2014 Resurrection
  • 発売日: 2014年10月7日
  • レーベル: Hopeless
  • 全米売上: 1.4万枚
25 33 74
2017 Makes Me Sick
  • 発売日: 2017年4月28日[14]
  • レーベル: Hopeless
40 36 55
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

カヴァー&コンピレーション・アルバム[編集]

  • From The Screen To Your Stereo (2000年)
  • From The Screen To Your Stereo II (2007年)
  • ベスト・ヒット・NFG - Hits (2008年)

脚注[編集]

  1. ^
  2. ^ Discography New Found Glory”. Australian-charts.com. 2009年3月1日閲覧。
  3. ^ "NEW FOUND GLORY DANS LES CHARTS FRANÇAIS" lescharts.com. Retrieved on November 19, 2008.
  4. ^ Steffen Hung. “Discography New Found Glory”. irishcharts.com. 2013年10月29日閲覧。
  5. ^ "UK Chart Log: 'Nadanuf – Michael Nyman' (1994–2006)" Zobbel. Retrieved on November 19, 2008.
  6. ^ Manley, Brendan (March 2010), “1999-2000: The Oral History of New Found Glory”, Alternative Press]] (Alternative Magazines Inc) (260): 64, ISSN 1065-1667, http://i46.tinypic.com/2rz5rhg.jpg 2010年1月31日閲覧。 
  7. ^ a b c d e RIAA Search for New Found Glory Archived June 26, 2007, at the Wayback Machine. Recording Industry Association of America. Retrieved on November 19, 2008.
  8. ^ a b Certified Awards Search (To access, enter the search parameter "New Found Glory" and select "Search by Artist")”. British Phonographic Industry. 2013年10月28日閲覧。
  9. ^ http://www.popbuzz.co.uk/music/features/pop-punk-albums-biggest-selling-ever-top-10/#xjqf3T9iAjgObVjy.97
  10. ^ Gold & Platinum Certification – February 2003”. Canadian Recording Industry Association. 2010年8月20日閲覧。
  11. ^ Coming Home Chart History”. Billboard. Prometheus Global Media. 2009年8月18日閲覧。
  12. ^ DeAndrea, Joe. “New Found Glory Debuts at #9”. AbsolutePunk. 2009年3月17日閲覧。
  13. ^ Building Album Sales Chart: 10/10/2011”. Hits Daily Double. 2011年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月13日閲覧。
  14. ^ New Found Glory announce new album”. Alternative Press. 2017年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]