ニッポン (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニッポン号(J-BACI)

ニッポン号は、第二次世界大戦前期における日本の民間航空機1939年に日本で初めて4大陸2大洋を連続周航した。

概要[編集]

1939年8月26日午前10時27分に東京市蒲田区(現 東京都大田区)の羽田飛行場(現 東京国際空港)を離陸し、下記ルートで55日後の10月20日に帰国した。総飛行距離52,886 km(52,860 kmとも)。

世界一周毎日新聞社大阪毎日東京日日)が企画したもので、使用されたのは大日本帝国海軍山本五十六中将の了承で払い下げられた海軍の九六式陸上攻撃機二一型328号機を長距離連絡運輸機に改造したもので、銃座を取り外し、当時最新の自動操縦機能を備えた旅客機に改造したものであり、三菱式双発輸送機と呼ばれる機体の一機だった。外翼内に1400l入りの燃料タンクが増設されていた、長距離に耐えるように燃料52 klを積み、24時間飛行が可能だった。

三菱重工業製で全長16m、翼長25m。巡航速度毎時280 km/h、最大速度400 km/h(500 km/hとも)と推定される。乗員は中尾純利機長・下川一機関士・佐藤信貞通信士・吉田重雄操縦士・佐伯弘技術士・八百川長作機関士に毎日新聞社の大原武夫航空部長を親善使節として加えた総勢7名であった。

また、毎日新聞社は本機の飛行に際して壮行歌の歌詞を一般から募集しており、入選した歌詞を元にした楽曲は1939年8月6日に「世界一周大飛行の歌」(作詞:掛川俊夫、作曲:橋本国彦)として発表された。[1]

飛行ルート[編集]

地名および国名は現在の名称

予定
東京根室→(太平洋)→ノーム米国)→ホワイトホースカナダ)→バンクーバー(カナダ)→シアトル(米国)→オークランド(米国)→サンフランシスコ(米国)→ロサンゼルス(米国)→シカゴ(米国)→ニューヨーク(米国)→ワシントンD.C.(米国)→マイアミ(米国)→サンホセコスタリカ)→グアヤキルエクアドル)→リマペルー)→アリカチリ)→サンティアゴ(チリ)→ブエノスアイレスアルゼンチン)→サンパウロブラジル)→リオデジャネイロ(ブラジル)→ナタール(ブラジル)→(大西洋)→ダカールセネガル)→カサブランカモロッコ)→マドリードスペイン)→パリフランス)→ロンドンイギリス)→ベルリンドイツ)→ローマイタリア)→バグダッドイラク)→カラチパキスタン)→ジョドプール英語版インド)→バンコクタイ)→台北台湾)→東京[2]
実行ルート 
東京→千歳→(太平洋)→ノーム→フェアバンクス(米国)→ホワイトホース→シアトル→オークランド(米国)→ロサンゼルス→アルバカーキ(米国)→シカゴ→ニューヨーク→ワシントン→マイアミ→サンサルバドルエルサルバドル)→サンティアゴ・デ・カリコロンビア)→リマ→アリカ→サンティアゴ→ブエノスアイレス→サントス(ブラジル)→リオデジャネイロ→ナタール→(大西洋)→ダカール→アガディール(モロッコ)→カサブランカ→セビリア(スペイン)→ローマ→ロドス島ギリシャ)→バスラ(イラク)→カラチ→コルカタ(インド)→バンコク→台北→羽田[3]

羽田から千歳まで約3時間、千歳から北太平洋を渡り、アラスカまでの4,340kmを15時間48分で飛行した。

国際親善を目的としたニッポンがアメリカ国内を飛行中に、皮肉にもドイツポーランドに侵攻し第二次世界大戦が勃発したが、各寄航地では日本移民等により熱烈な歓迎を受けた。飛行後は「暁星(明星とも)」と改名し、毎日新聞が中国大陸との連絡に使ったが、終戦の1945年8月に行った大阪から所沢のフライトを最後に、進駐軍によって破棄された。

諸元(三菱式双発輸送機)[編集]

  • 全長:16.5 m
  • 全幅:25.0 m
  • 全高:4.5 m
  • 主翼面積:75.0 m2
  • 全備重量:9,200 kg
  • エンジン:三菱 金星 空冷複列星型14気筒(900 hp) × 2
  • 最大速度:340 km/h
  • 巡航速度:280 km/h
  • 実用上昇限度:8,000 m
  • 航続距離:3,500 km
  • 乗員:6名
  • 乗客:4名

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中村勝実『近代佐久を開いた人たち』(ISBN 978-4900408524)278〜287頁
  2. ^ 『ニツポン世界一周大飛行』9~10頁
  3. ^ 『ニツポン世界一周大飛行』30頁

外部リンク[編集]