ニコラス・シムズ=ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニコラス・ジョン・シムズ=ウィリアムズ(Nicholas John Sims-Williams、1949年4月11日 - )は、イギリス東洋学者言語学者イラン語派の諸言語、とくにソグド語バクトリア語の研究者として知られる。

略歴[編集]

シムズ=ウィリアムズはチャタムに生まれた。ケンブリッジ大学サンスクリットをジョン・ブラフに、イラン学をイリヤ・ゲルシェヴィチに学んだ[1]。ゲルシェヴィチのクラスの学生はふたりだけで、シムズ=ウィリアムズは、もうひとりの学生であるアースラ・シートン=ワトソンと1972年に結婚した[1]。アースラはイスラム化以前のイランと中央アジアを専門とする学者で、大英図書館のイラン諸言語のキュレーターである[2]

1976年に東洋アフリカ研究学院(SOAS)のイラン諸語の講師に就任した。シムズ=ウィリアムズはアヴェスター語古代ペルシア語中世ペルシア語パルティア語バクトリア語ソグド語ホータン語を教え、シリア語を教えることもあった[3]。1989年に東洋アフリカ研究学院の准教授(reader)、1994年に教授に就任し、2004年に退官した後は研究教授の官についた[1]。2015年からは名誉教授に就任した[4]

1988年にイギリス学士院フェロー(FBA)に選ばれた[4]

主な業績[編集]

シムズ=ウィリアムズはシリア語からソグド語に翻訳されたキリスト教文献の研究によって1978年にケンブリッジ大学の博士の学位を取得した。この研究は1985年に出版され、フランス学士院のギルシュマン賞を取得した[5]

  • The Christian Sogdian Manuscript C2. Berliner Turfantexte 12. Berlin: Akademie-Verlag. (1985). 

ほかにソグド語の文献や文法に関する論文・著書が多数ある。

  • Sogdian and other Iranian Inscriptions of the Upper Indus. Corpus Inscriptionum Iranicarum. (1989-1992). (2冊)
  • Documents turco-sogdiens du IXe-Xe siècle de Touen-houang. Corpus Inscriptionum Iranicarum. (1990-2008). (2冊、James Hamilton と共著)
  • Turco-Sogdian Documents from 9th-10th century Dunhuang. Corpus Inscriptionum Iranicarum. (2015). ISBN 9780728604056. 
  • Iranian Manuscripts in Syriac Script in the Berlin Turfan Collection. Stuttgart: Franz Steiner. (2012). ISBN 3515101411. 
  • Biblical and Other Christian Sogdian Texts from the Turfan Collection. Turnhout: Brepols. (2014). ISBN 9782503555362. 
  • A Dictionary: Christian Sogdian, Syriac and English. Wiesbaden: Reichert. (2016). ISBN 9783954901753. 

1990年代にアフガニスタンで皮に書かれた多数のバクトリア語文献が発見され、それまで資料が乏しかったバクトリア語の状況は一変した。シムズ=ウィリアムズは新出の文献を研究し、1997年の教授就任講義で最初にその成果を発表した[1]。また、同じころに発見されたラバータク碑文大英博物館のジョー・クリブとともに研究し、シルクロード研究所の機関紙に発表した[1]

  • “A new Bactrian inscription of Kanishka the Great”. Silk Road Art and Archaeology (4): 76-142. (1995/1996). 
  • Bactrian Documents from Northern Afghanistan. Oxford University Press. (2001-2012). (3冊)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Sundermann, Werner; Hintze, Almut; Blois, François de (2009). “Nicholas Sims-Williams”. Exegisti monumenta, Festschrift in Honour of Nicholas Sims-Williams. Wiesbaden: Harrassowitz. pp. XIII-XXIV. ISBN 9783447059374. https://www.harrassowitz-verlag.de/dzo/artikel/201/002/2548_201.pdf. 
  2. ^ Ursula Sims-Williams, British Library, https://www.bl.uk/people/experts/ursula-sims-williams 
  3. ^ Nicholas Sims-Williams, Institute for the Study of the Ancient World, New York University, http://isaw.nyu.edu/people/affiliates/senior-fellows/nicholas-sims-williams-1 
  4. ^ a b Professor Nicholas Sims-Willams, British Academy, http://www.britac.ac.uk/users/professor-nicholas-sims-williams 
  5. ^ Nicholas John Sims-Williams - Biography, Academia Europaea, http://www.ae-info.org/ae/Member/Sims-Williams_Nicholas_John/CV 

外部リンク[編集]