ナザム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナザム
NASUM
出身地  スウェーデン
エレブルー県 エレブルー
ジャンル グラインドコア[1]
デスメタル[1]
活動期間 1992年 - 2005年
レーベル リラプス・レコード
バーニング・ハート・レコード
Ritual Records
メンバー ミエツコ・タラーツィク
アンダース・ジェイコブソン
ジョン・リンドクヴィスト
アーバン・スキット
リカルド・アーリクソン
イエスパー・リヴロッド

ナザム(NASUM)は、スウェーデンエレブルー出身のグラインドコアバンドである。

彼等のサウンドは、昔のナパーム・デス(『Mentaly Murderd』(1992年,EP)、『The Peel Sesions』(1993年)辺りのグラインドコアサウンド)に、エントゥームドカーネイジに通じる北欧デスメタルのギターサウンドを加え、それに地元スウェーデンのハードコアクラストコアの要素や、現代的なブルータリティの要素を加えた、ゴア要素のないストレートなグラインドコアであり、これといってオリジナリティ溢れる音楽性ではないが、グラインドコア/デスメタルのルーツに忠実なサウンドであった。

1992年にグラインドコアバンド、ネクロニーのメンバーを中心に結成され、初期の頃はリハーサル・ルームでの活動をメインにしたプロジェクト・バンド的な側面が強かったが、リラプス・レコードと契約してリリースした1stアルバム以降アンダーグラウンド・シーンで人気が高まり、レコード会社のサポートもあって積極的にツアーを行うようになる。その後も順調にアルバムをリリースし、3rdアルバムでは母国スウェーデンで国営ラジオ局による「ベスト・ロック/メタル」アウォードを始めいくつかの賞を受賞するなど着実に人気を高めていくが、2004年末にリーダーのミエツコ・タラーツィクが、休暇に訪れたタイスマトラ沖地震に巻き込まれ死亡したことによって2005年に活動を終了した。

略歴[編集]

  • 1995年になってドラムのリカルド・アーリクソンが脱退し、アンダース・ジェイコブソンがドラムに転向しし、しばらくの間2人はデュオとして活動していくことになり、シングルやコンピレーション中心にリリースを行う。
  • 1997年6月にミエツコ・タラーツィクはプロデューサー業を辞めようとしていた元エッジ・オブ・サニティのダン・スウォノ所有のスタジオ「ユニサウンド」の設備をパンク・ロックバンドミレンコリンのマティアス・ファームと共に買い取り、新たに「サウンドラブ・スタジオ」と名付け共同オーナーとなる。以後ナザムはそこを拠点にレコーディングを行う。そしてミエツコ・タラーツィクはプロデュース活動を積極的に行い、ガジェットインキャパシティなどのプロデュースを行う。その後、ディスチャージのトリビュートに曲を提供し、それが元でリラプス・レコードと契約することとなる。そして、年末から年明けにかけてアルバムのレコーディングを行い、1stアルバム『Inhale/Exhale』を1998年5月にリリースする。
  • その後、アルバムの曲作りに入り、2002年の年末から年明けにかけてレコーディングを行い、3rdアルバム『Helvete』(Helveteはスウェーデン語で地獄を意味する)を2003年5月にリリースした。このアルバムにはナパーム・デスのシェーン・エンバリー(B)やエントゥームドのユルゲン・サンドストロム(B)がゲスト参加している。アルバムのリリース後、スウェーデンフィンランドなどでツアーを行い、夏にはスウェーデンでいくつかのフェスティバルに出演する。その後、イエスパー・リヴロッドが脱退し、彼はバーストでの活動に専念することになる。後任にセイヤディナのジョン・リンドクヴィスト(B)が加入し、さらにリガージテイトのアーバン・スキット(G)が加入し4人編成となる。翌年の2004年1月には「EXTREME THE DOJO Vol.7」で来日し、ナパーム・デスAxCxピッグ・デストロイヤーらと共演した。
  • 日本から帰国後、母国スウェーデンで2つの賞を受賞した。一つは「Swedish P3 Guld」(各ラジオ局主催のスウェーデン・ナショナル・ラジオ・アウォード)での「ベスト・ロック/メタル」、もう一つは「Manifest Award」での「ベスト・メタル/パンク・アルバム」である。その後、新たに母国スウェーデンのバーニング・ハート・レコードと契約を行い、3rdアルバム『Shift』を10月にリリースした。
  • 年末にミエツコ・タラーツィクは彼のガール・フレンドと共に、タイピピ島へ休暇のため訪れたが、12月26日に起きたスマトラ沖地震による津波の被害に遭い行方不明になる(津波でバンガローごと流されたとのこと)。翌年の2005年の2月17日になってミエツコ・タラーツィクは遺体で発見された。これを受け残されたメンバーはバンドを解散することにした。そして、10月にこれまでにオリジナル・アルバム以外で発表したシングルやコンピレーションでの曲を集めた2枚組全152曲の編集盤『Grind Finale』をリリースした。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

ベスト[編集]

コンピレーション[編集]

  • 2001 V.A. / Requiems of Revulsion(カーカス・トリビュート)

出典[編集]

  1. ^ a b Nasum|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]