ナゴヤ (バタム島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナゴヤ
Nagoya
Skyline of ナゴヤ Nagoya
ナゴヤ Nagoyaの位置(スマトラ島内)
ナゴヤ Nagoya
ナゴヤ
Nagoya
ナゴヤの位置(スマトラ島
北緯1度09分00秒 東経104度01分00秒 / 北緯1.15000度 東経104.01667度 / 1.15000; 104.01667
 インドネシア
リアウ諸島州
人口
(2010)
 • 合計 80,780人
等時帯 UTC+7 (WIB)

ナゴヤ (Nagoya)、別名:ルブク・バジャ (Lubuk Baja) は、インドネシア西部リアウ諸島州バタム島の主要な町であり、10.8平方キロメートルの範囲に及ぶ行政地区(ケカマタンインドネシア語版)の中心地である。

概要[編集]

2010年の人口調査によれば、人口は 80,780人であった。しかし、急成長を遂げている他の多くの都市と同じように、バタム島ではスプロール現象による都市化が続いている。ナゴヤ・ヒル・モール (Nagoya Hill Mall) は、この地域における最大のショッピングモールであり、A&WピザハットKFCなどといった人気の高いファーストフード店などが出店している。家庭用機器類、ファッション、電気器具類なども幅広く扱われている。モールの中には、唯一のグロサリーとして、ハイパーマート (Hypermart)が出店している。周辺には、2つ星から4つ星のホテルが多数立地している。

地名の由来[編集]

ナゴヤという地名については、日本名古屋と関係があるという諸説が流布しているが、定かではない[1]。そのひとつは、第二次世界大戦中に名古屋の部隊が当地に駐屯していたことが由来とするもので、現地でも信じられているが、そのような日本軍部隊の駐屯の事実は確認されていない[1]。もうひとつ、1970年代に当地で開発援助にあたった日本の商社関係者に名古屋と縁のある人物がいたことが契機とする説があるが、こちらも確認されていない[1]

経済[編集]

ナゴヤ・ヒル・モールの近傍には、小規模な路面店の食堂が多数あり、グリルしたシーフードや、サテオタオタインドネシア語版など、地元の食べ物が提供されている。食べ物はおおむねスパイシーである。

ナゴヤの中心部は、バタム島における最大の歓楽街が形成されており、観光客などの間では英語の「The Nagoya Entertainment District」を略して「The NED」と称されており、マッサージ店やカラオケ店などが集まっている[2]

交通[編集]

バタム島シンガポールに近く、シンガポールのハーバーフロント・センター英語版から、バタムセンター・フェリーターミナル (Batam Centre Ferry Terminal) までは、フェリーで60分から70分とされ、ナゴヤへはフェリー・ターミナルからタクシーで20分ほどで到達できる[3]

空港[編集]

バス[編集]

路線バス
  • バタム公共バス

港湾[編集]

  • バタムセンター フェリーターミナル
  • セクパン港

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ドープたつま (2008年5月30日). “インドネシアにはナゴヤがある”. Excite Bit コネタ/Excite Japan Co., Ltd.. 2015年8月14日閲覧。
  2. ^ Batam Nightlife Guide (Updated Sept 2014)”. Jakarta100bars. 2015年8月14日閲覧。
  3. ^ Batam Centre Ferry Terminal”. BatamFast Ferry Pte. Ltd.. 2015年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキボヤージュには、ナゴヤに関する旅行情報があります。