ナイロート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナイル人(Nilotes)
Nilotpecol.jpg一段目: ミルトン・オボテアレック・ウェック
2段目: サルバ・キール・マヤルディダニエル・アラップ・モイ
居住地域
ナイル谷, アフリカ大湖沼, エチオピア南西部
言語
ナイル・サハラ語族 ナイル諸語
宗教
伝統的信仰, キリスト教

ナイル人(Nilotes)またはナイロート族ナイロートは主にナイル谷、および中央アフリカ東アフリカの一部に住む民族集団である。ナイル・サハラ語族の下位群であるナイル諸語を話す。 Luo, Kalenjin, ディンカ族, ヌエル族, シルック族, Ateker, Maa族等の民族集団が含まれる[1]

ナイル人は、その原郷と考えられる南スーダンの人口の多数を占める。今日でも、アフリカ大湖沼地域に住む民族ではバンツー族に次いで2番目に多く、エチオピア南西部でも重要な位置を占める[2]

遺伝子・形質[編集]

ハプログループA (Y染色体)が50.6%の高頻度で観察される[3]。またハプログループB (Y染色体)が24.7%、ハプログループE (Y染色体)#E1b1b系統も24.7%観察される。

著しく高身長・細身で、皮膚の色は濃く、鼻幅は広いが、直顎に近い。

言語[編集]

ナイル・サハラ語族ナイル諸語を話す。

宗教[編集]

宗教はキリスト教アフリカ伝統信仰を信仰する。

脚注[編集]

  1. ^ The American Heritage Dictionary of the English Language (2004年). “Nilotic”. Fourth Edition. Houghton Mifflin Company. 2013年1月11日閲覧。
  2. ^ A. Okoth & A. Ndaloh, Peak Revision K.C.P.E. Social Studies, (East African Publishers), p.113.
  3. ^ Hassan, Hisham Y. et al. 2008 Y-Chromosome Variation Among Sudanese: Restricted Gene Flow, Concordance With Language, Geography, and History