ドローン インパクト チャレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドローン インパクト チャレンジ(英: Drone Impact Challenge)とは、ドローンテクノロジーによる社会貢献を念頭に結成された団体の名称[1]であり、同団体が主催するドローンレース(無線操縦マルチコプターによる競技)の名称[2]でもある。

概要[編集]

数年前から携帯電話等で使用されるMEMSジャイロスコープ加速度センサーの小型軽量化、ブラシレスモータリチウムポリマーバッテリーの進歩により、マルチコプター(とりわけクワッドローター)の高性能化が進み、普及が急速に拡大してきた。 それらの普及、革新を背景に国内外の各地でドローンによるレースが開催されてきた。それらの大半は愛好家達による草レースの域を出ないものが大半だったが、本格的なレースの開催の機運が高まってきた。

開催されたドローンレース[編集]

2015年11月07日に千葉県香取市にあるTHE FARM(ザファーム)にて第1回となる「Drone Impact Challenge 2015 (ドローンイン パクトチャレンジ 2015)」が開催され、[3]総勢61名のパイロットが参加した[4]ニコニコ生放送にて生放送も行われた[5]

2016年03月26日には千葉県千葉市美浜区にある幕張メッセでイベント「Japan Drone 2016」が開催され、イベントの内の1つとして屋内レース「ドローンインパクトチャレンジ2016」が開催された[6][7][8]。「Japan Drone 2016」の来場者数は8,023人。次回開催は2017年03月23日~25日 幕張メッセを予定[9]

クラス[編集]

マスタークラス(FPV部門)[10]
操縦者はヘッドマウントディスプレイモニターを用いて、機体からのFPV映像を見ながら飛行する。
参加条件として、5.6GHz無線局免許状コピー、無線従事者免許(および第四級アマチュア無線技士相当の資格)、保険加入が求められる[11]
参加する機体にはFPV用カメラの搭載が必須になる[11]
レギュラークラス(目視)
目視範囲内でのフラッグ周回のみ。
参加条件は特に定められておらず、アマチュア無線技士免許は無くても参加可能[11]
参加する機体にカメラを搭載する必要は無い[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドローンインパクトチャレンジ”. Drone Impact Challenge. 2016年5月18日閲覧。
  2. ^ ドローンインパクトチャレンジ”. Drone Impact Challenge. 2016年5月18日閲覧。
  3. ^ プレスリリース (PDF)”. Drone Impact Challenge. 2016年5月18日閲覧。
  4. ^ 日本初上陸「ドローン・インパクト・チャレンジ」で見た、最高時速100キロの興奮”. SENSORS. 2016年5月18日閲覧。
  5. ^ Archives in 2015”. Drone Impact Challenge. 2016年5月18日閲覧。
  6. ^ ドローン・インパクトチャレンジ//パイロットエントリー”. Drone Impact Challenge. 2016年5月18日閲覧。
  7. ^ ドローンインパクトチャレンジ2016:優勝者決定【Japan Drone 2016】”. DRONE: ZERO GRAVITY. 2016年5月18日閲覧。
  8. ^ はじめてのドローンレース観戦レポ!想像以上に速い、観客もどよめく圧倒的なスピード。ドローンインパクトチャレンジ”. BOOST MAGAZINE. 2016年5月18日閲覧。
  9. ^ ジャパン・ドローン 2016”. JUIDA 一般社団法人日本UAS産業振興協議会. 2016年5月18日閲覧。
  10. ^ FPV(First Person View=一人称視点)
  11. ^ a b c d regulation4dronerace”. Drone Impact Challenge. 2016年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]

備考[編集]