ドミニク・ペルベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2012年

ドミニク・ペルベンDominique Perben1945年8月11日 - )は、フランス政治家国民運動連合所属。リヨン出身。

リヨン第三大学パリ政治学院フランス国立行政学院をそれぞれ卒業する。 1986年から国民議会議員。1989年には、シャロン・シュル・ソーヌ市長に当選している。

1993年海外領土相、1995年アラン・ジュペ内閣の行政管理担当相、2002年ジャン=ピエール・ラファラン内閣の国璽尚書法務大臣2005年ドミニク・ド・ヴィルパン内閣で運輸・公共事業・観光・海洋相を歴任した。2008年リヨン市長選挙に立候補を表明している。

先代:
マリリーズ・ルブランシュ
法務大臣
2002年 - 2005年
次代:
パスカル・クレモン
先代:
ジル・ド・ロビアン
運輸・公共事業・観光・海洋相
2005年 -
次代:

外部リンク[編集]