ドニ・パパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドゥニー・パパンDenis Papin1647年8月22日 - 1712年頃)はフランス物理学者、発明家である。圧力調理器(「スティーム・ダイジェスタ」)の発明者、蒸気機関の原理の開発者として知られている。 ロンドン王立協会フェロー[1]にもなった。

生涯[編集]

ドゥニー・パパンの肖像画

フランスでの生い立ち[編集]

フランス中部 ロワール・エ・シェール県ブロワ近郊のシトネ(Chitenay)で生まれた。 10人兄弟の4番目で長男であり、 一家はユグノー教徒(フランスのプロテスタント)であった。 6 歳から伯父の保護のもとでソーミュールのユグノー・アカデミーに通い、1661年からアンジェの大学で医学を学び、1669年に医学の学位を授かった。 1670年に医者としてパリへ移ったが、数学や力学へ興味が捨てきれず、 翌1671年から、当時パリに居たクリスティアーン・ホイヘンスの助手となった。 空気ポンプ(真空ポンプ)などの器具測定器を製作して、 空気、気圧、真空や生物への影響などについて種々の実験を行い、 結果を本として出版した。 ゴットフリート・ライプニッツとも交流があった。

最初のイギリス訪問[編集]

1675年にはホイヘンスの紹介でロンドンに渡り、 1676年から王立協会ロバート・ボイルの助手を務めた。 ボイルが病気になってから、ボイルのほとんどの実験と執筆をパパンがおこなった。 1679年からは王立協会でロバート・フックの助手を務めた。 この間、水の沸騰温度が圧力に依存することを発見し、 圧力調理器「steam digester」を発明して、1679年に王立協会へ提出した。 この調理器には安全弁がついており、パパンは安全弁の発明者としても知られている。 1680年には、フック、ボイルとの優れた研究でロンドン王立協会フェローとなった。

1681年にパパンはフランスへ帰ろうとしたが、 プロテスタントへの規制のために帰ることができず、 やむなくイタリアへ渡った。 イタリアでは、1684年までベニスの公立科学アカデミーの実験主任を務めた。 パパンは1684年に再びイギリスの王立協会へ戻り、1687年まで留まった。 フランスでは1685年に、ルイ14世によりナントの勅令が廃止された。

ドイツ[編集]

1687年にはドイツのヘッセン州カッセルへ移り、マールブルク大学の数学教授となった。 1689年、かれはは加圧ポンプとベローズを用いて、 潜水鐘(diving bell)内に圧力と空気を保持できることを示した (後の1789年にジョン・スミートンがこのアイデア構想を実現した)。 「ダイジェスター」に作用する大気の力の観察をもとに、 また彼は1690年に、シリンダとピストンを用いた蒸気機関の模型を製作した。蒸気を冷却して真空を作り出すという、大気圧機関の最初となった。

再度のロンドン滞在[編集]

1707年に、パパンは妻子をドイツに残してロンドンへ戻った。 1712年までの間、彼は王立協会へ何件か論文を提出したが、 出版されることはなかった。 彼は、王立協会は正当に評価しなかったと強い不満を持っていた。 パパンが最後に残した記録は、1712年1月23日の手紙である。 この年に、パパンは貧窮のなかでロンドンで死去したと考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ "List of Fellows of the Royal Society 1660 - 2007"Royal Society、2013年2月16日閲覧。