トーラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマランサスの葉、ココナッツ、唐辛子その他から作った南ケーララの伝統的なトーラン
ジュウロクササゲのトーラン

トーラン(Thoran、マラヤーラム語:)は、ココナッツベースの野菜料理である。通常蒸し米とともに食べる。ケーララ州の料理の1つで、サッディヤの一品である。表記ゆれトーレン

作り方[編集]

キャベツジュウロクササゲやその他の豆、未熟なパラミツツルレイシまたはゾウコンニャクアマランサスワサビノキヨウサイ等の葉、またワサビノキやシロゴチョウ等の花を細かく刻んで乾燥させた料理である。

刻んだ野菜は挽いたココナッツマスタードシードオオバゲッキツの葉、ウコン粉と混ぜ、フライパンで乾煎りする。

アレンジ[編集]

ヘビウリのトーラン

ニンジンサヤインゲン、緑色のトマト[1]ホウレンソウ等のケーララ州では入手できなかった野菜が加えられることもある。ケーララ州南部の伝統的なレシピではニンニクを使わないが、現在ではニンニクやタマネギも加える。

出典[編集]