トーマス・ガイアシュペヘラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

トーマス・ガイアシュペヘラー
 オーストリア
男子陸上競技
2000 シドニー マラソン T52
2004 アテネ 1500m T52
2004 アテネ 800m T52
2004 アテネ 5000m T52
2004 アテネ マラソン T52
2004 アテネ 400m T52
2008 北京 マラソン T52
2008 北京 800m T52

トーマス・ガイアシュペヘラーThomas Geierspichler1976年4月14日 - )は、オーストリアザルツブルク出身の元陸上競技選手。現在はアニフ在住[1]。18歳を迎える目前だった1994年4月4日ディスコからの帰りだった友人の車の中で交通事故にあい、生き延びることができたものの下半身の麻痺という障害が残った。事故に絶望した彼はタバコドラッグに溺れる毎日を送っていたが21歳からはスポーツの道へと進むことを決意した[2]2000年シドニーパラリンピック2004年アテネパラリンピック2008年北京パラリンピックの3度のパラリンピックの出場経験がある。2008年に出場した北京パラリンピックでは800mで日本の伊藤智也高田稔浩に次ぐ3位で銅メダルを獲得しており、マラソンでも日本の上与那原寛和との激しいデッドヒートを勝ち抜いて世界記録を3分半近く更新する記録で、3秒の差をつけて金メダルを獲得した。

日本の大会である大分国際車いすマラソンに出場するために来日している経験もあり、優勝も果たしている。

出典[編集]

外部リンク[編集]