高田稔浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高田稔浩
個人情報
生誕 (1965-09-09) 1965年9月9日(53歳)
福井県
身長 166cm
体重 53kg2012年
スポーツ
競技 パラ陸上競技男子
障害クラス T52
種目 400m T52
800m T52
1500m T52
マラソン T52
成績・タイトル
パラリンピック
決勝
2004年アテネ
400m T52 -
1500m T52 -
5000m T52 -
マラソン T52 -
2008年北京
400m T52 -
800m T52 -
マラソン T52 -
2012年ロンドン
800m T52 - 4位
自己ベスト 1500m:3分46秒38
2004年、T52 NR
5000m:12分47秒64
2001年、T52 NR
マラソン:1時間40分20秒(2008年

高田 稔浩(たかだ としひろ、1965年9月9日 - )は、車いす陸上競技マラソン選手。 IPC 陸上競技クラス T52 [注 1]福井県出身、福井県身体障害者陸上競技協会所属。身長 166cm 、体重 53kg [1]

2004年アテネ・パラリンピック 400m5000mマラソン金メダルなどパラリンピック3大会連続出場し通算7つのメダルを獲得、2012年、第32回大分国際車いすマラソン大会優勝などで活躍。クラス T52 の 1500m 、 5000m のアジア記録、日本記録、マラソンの日本記録などを樹立した。

経歴[編集]

1965年9月9日福井県生まれ。生まれつき神経が消えていき次第に筋肉が動かなくなる遺伝性感覚運動性ニューロパチーシャルコー・マリー・トゥース病で、幼い頃は他の子供と同じようにかけっこをしたりサッカーをしたりしていたが、次第に脚が動かなくなった。福井工業大学大学院卒業後、福井市役所に就職。25歳の時に下半身の自由を失い車いす生活になる。パラスポーツの大会にボランティアで参加したことがきっかけで競技用車いすの陸上競技があることを知り、友人の勧めもあって30歳で車いすマラソンを始めた。[1][2][3]

2004年、初出場したアテネ・パラリンピック 400m5000mマラソンの3種目で金メダル、 1500m で銅メダルを獲得した。2008年9月、北京パラリンピック 400m 銀メダル800m では伊藤智也が金メダル、高田が銀メダルの日本選手のワンツーフィニッシュを果たした。マラソンでは上与那原寛和が銀メダル、高田が銅メダルを獲得。出場した3種目すべてでメダルを獲得した。北京大会以降にも症状は進行し、左手親指が動かなくなるも、2012年、3回目の出場となるロンドン・パラリンピック 800m で4位に入賞した。「最後を、発祥の地で終えられて良かった」と述べ、ロンドンを最後に国際舞台から降りるつもり、とも報じられた。[3][4][5][6][7]

国内では活躍を続け、2012年10月の第32回大分国際車いすマラソン大会初優勝、2014年4月、ハーフマラソンの第10回長野車いすマラソン大会を初優勝した。[8][9]

自己ベスト・記録[編集]

種目 タイム 年月日 大会 備考
1500m T52 3分46秒38 2004年7月18日 第9回関東身体障害者陸上競技選手権大会 日本記録 大会記録 [10][11]
5000m T52 12分47秒64 2001年10月14日 第6回関東身体障害者陸上競技選手権大会 日本記録 大会記録 [12]
13分10秒86 2004年9月19日 アテネ・パラリンピック パラリンピック記録 アジア記録 [13]
マラソン T52 1時間40分20秒 2008年9月17日 北京パラリンピック [注 2]
1時間44分04秒 2007年10月27日 第27回大分国際車いすマラソン大会 日本記録 大会国内選手記録 [14][15]
太字は2017年8月5日現在保持する記録

主な成績[編集]

国際大会[編集]

年月 大会 開催地 順位 種目 タイム 備考
2004年9月 第12回パラリンピック ギリシャアテネ 1位 400m T52 1分00秒92 PR [16] NR [17]
棄権 800m T52 DNS [16]
3位 1500m T52 3分49秒76 [16]
1位 5000m T52 13分10秒86 PR [16] AR [18]
1位 マラソン T52 2時間00分02秒 PR [16]
2006年9月 2006 IPC 陸上競技世界選手権大会 オランダアッセン 5位 800m T52 2分13秒36 [19]
4位 1500m T52 4分03秒29 [19]
4位 マラソン T52 2時間00分07秒 [19]
2008年9月 第13回パラリンピック 中国北京市 2位 400m T52 1分00秒32 [20][21]
2位 800m T52 1分53秒67 [20][21]
3位 マラソン T52 1時間40分20秒 [20][21]
2011年1月 2011 IPC 陸上競技世界選手権大会 ニュージーランドクライストチャーチ 4位 400m T52 1分02秒88 [18][22]
3位 800m T52 2分02秒19 [18][22]
4位 1500m T52 4分19秒94 メダルなし種目 [18][22]
3位 5000m T52 13分59秒55 メダルなし種目 [18][22]
2012年8月・9月 第14回パラリンピック イギリスロンドン 予選 100m T52 19秒63 [23][24]
予選 200m T52 33秒96 [23][24]
予選 400m T52 DQ [23][24]
4位 800m T52 2分02秒64 [23][24]
AR エリア(アジア)記録 | GR 大会記録 | NR 日本記録 | PR パラリンピック記録

国内大会[編集]

トラック競技[編集]

年月日 大会 開催地 順位 種目 タイム 備考
2001年9月16日 2001 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 高知市 1位 1500m T52 4分08秒0 GR [25]
1位 5000m T52 13分40秒6 GR [25]
2001年10月14日 第6回関東身体障害者陸上競技選手権大会 5000m T52 12分47秒64 NR GR [26][27]
2002年9月7日・8日 2002 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 宮城県岩沼市 6位 1500m T53/54 3分52秒24 [28]
6位 5000m T53/54 12分53秒66 [28]
2003年6月22日 大阪市 1500m T52 3分59秒44 AR [18]
2003年9月20日・21日 2003 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 東京都町田市 1位 1500m T52 4分21秒75 [29]
2位 5000m T52 15分14秒50 [29]
1位 砲丸投 F53 4m67 NR GR [29]
2004年3月14日 第7回九州パラリンピック 熊本市 800m T52 2分03秒42 NR [17]
2004年5月23日 2004 ジャパンパラリンピック陸上競技大会
兼第15回日本身体障害者陸上競技選手権大会
大阪市 2位 800m T52 2分09秒75 GR [30]
2位 1500m T52 3分50秒79 GR [30]
2位 5000m T52 13分02秒27 [30]
2004年7月18日 第9回関東身体障害者陸上競技選手権大会 400m T52 1分01秒43 GR [27]
1500m T52 3分46秒38 NR GR [26][27]
2005年7月17日 第10回関東身体障害者陸上競技選手権大会 東京都町田市 2位 1500m T52 4分04秒54 [27]
1位 800m T52 2分10秒28 GR [27]
2006年6月11日 第17回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪市 200m T52 35秒25 [31]
800m T52 2分10秒12 [31]
1500m T52 4分13秒54 [31]
2006年9月30日・10月1日 2006 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 岡山市 2位 200m T52 36秒30 [17]
2位 800m T52 2分07秒40 [17]
3位 1500m T52 4分21秒53 [17]
2007年5月27日 第18回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪府堺市 2位 200m T52 36秒32 追風参考[32]
1位 400m T52 1分04秒18 [32]
1位 800m T52 2分05秒29 GR [32]
2007年10月20日・21日 2007 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 大阪市 2位 100m T52 21秒10 [33]
2位 200m T52 37秒04 [33]
1位 800m T52 2分20秒65 [33]
2008年6月22日 2008 ジャパンパラリンピック陸上競技大会
兼第19回日本身体障害者陸上競技選手権大会
大阪市 3位 400m T52 1分07秒37 [34]
2位 800m T52 2分09秒06 [34]
2009年7月5日 第14回関東身体障害者陸上競技選手権大会 東京都町田市 1位 800m T52 2分03秒11 GR [35]
1位 1500m T52 3分46秒70 [35]
2009年9月22日 2009 ジャパンパラリンピック陸上競技大会
兼第20回日本身体障害者陸上競技選手権大会
大阪市 1位 800m T52 2分09秒65 [36]
1位 1500m T52 3分57秒77 [36]
2010年7月31日・8月1日 2010 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 仙台市 2位 400m T52 1分02秒21 [37]
2位 800m T52 2分05秒81 [37]
1位 1500m T52 3分58秒21 [37]
2011年7月17日・18日 第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪府吹田市 2位 100m T52 19秒59 [38]
2位 200m T52 33秒72 GR [39]
2位 400m T52 1分02秒00 [40]
1位 800m T52 2分08秒90 [41]
2011年9月24日・25日 2011 ジャパンパラリンピック陸上競技大会 大分市 3位 100m T52 19秒39 [42]
3位 200m T52 32秒50 [42]
2位 400m T52 1分02秒39 [42]
1位 800m T52 2分02秒42 GR [37][43]
2012年6月2日・3日 2012 ジャパンパラ陸上競技大会
兼第23回日本身体障害者陸上競技選手権大会
大阪市 2位 200m T52 34秒24 [44]
2位 400m T52 1分05秒04 [44]
1位 800m T52 2分11秒09 [44]
2014年6月7日・8日 第25回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪市 1位 400m T52 1分05秒14 [45]
3位 800m T52 2分19秒05 [45]
1位 1500m T52 4分02秒31 [45]
2014年9月6日・7日 2014 ジャパンパラ陸上競技大会 山口市 2位 400m T52 1分08秒03 [43]
1位 800m T52 2分09秒76 [43]
1位 1500m T52 4分05秒14 [43]
2015年9月19日・20日 2015 ジャパンパラ陸上競技大会 大阪市 4位 400m T52 1分07秒99 [46]
3位 1500m T52 4分10秒54 [47]
2017年6月10日・11日 第28回日本パラ陸上競技選手権大会 東京都世田谷区 3位 400m T52 1分07秒84 [48]
3位 800m T52 2分15秒50 [48]
3位 1500m T52 4分10秒16 [48]
2017年9月23日・24日 2017 ジャパンパラ陸上競技大会 福島市 4位 400m T52 1分09秒92 [49]
2位 1500m T52 4分13秒50 [49]
AR エリア(アジア)記録 | GR 大会記録 | NR 日本記録

マラソン[編集]

年月日 大会 開催地 クラス 順位 タイム 備考
2000年11月12日 第20回大分国際車いすマラソン大会 大分市 クラス2 2位 1時間59分35秒 男女総合91位 [50][51]
2001年11月11日 第21回大分国際車いすマラソン大会 大分市 クラス2 1位 1時間55分15秒 男女総合98位 [52][53]
2002年10月20日 第22回大分国際車いすマラソン大会 大分市 クラス3 1時間52分59秒 男女総合69位 [54]
2003年11月16日 第23回大分国際車いすマラソン大会 大分市 クラス2 2位 1時間56分08秒 男女総合75位 [55][56]
2004年10月31日 第24回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T52 2位 2時間05分10秒 [57]
2005年10月30日 第25回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T52 3位 2時間04分36秒 [58]
2006年10月29日 第26回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T52 DNF [59]
2007年10月28日 第27回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T52 2位 1時間44分04秒 NR 大会国内選手記録 [14][15][60]
2008年11月9日 第28回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T52 2位 1時間50分44秒 [61]
2009年10月25日 第29回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T52 2位 2時間13分50秒 [62]
2010年2月28日 東京マラソン 2010 東京都 車いす DNF [63]
2010年11月14日 第30回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T33/52 2位 1時間50分23秒 [64]
2011年10月30日 第31回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T33/52 DNF [65]
2012年9月30日 第24回全国車いすマラソン大会 兵庫県篠山市 2時間03分56秒 総合18位 [66]
2012年10月28日 第32回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T33/52 1位 2時間00分05秒 [67]
2013年10月27日 第33回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T33/52 4位 1時間57分00秒 [68]
2014年11月9日 第34回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T33/52 3位 1時間58分48秒 [69]
2015年11月8日 第35回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T33/52 4位 1時間57分10秒 [70]
2016年10月30日 第36回大分国際車いすマラソン大会 大分市 T33/52 3位 1時間54分17秒 [71]
NR 日本記録

ハーフマラソン[編集]

年月日 大会 開催地 クラス 順位 タイム 備考
1998年11月1日 第18回大分国際車いすマラソン大会 大分市 クラス3 58分46秒 男女総合42位 [72][73]
1999年10月31日 第19回大分国際車いすマラソン大会 大分市 クラス2 1位 54分59秒 男女総合28位 [74][75]
2001年7月15日 日産カップ追浜チャンピオンシップ 2001 神奈川県横須賀市 T52 1位 56分46秒 男女総合14位 [76]
2005年4月17日 第1回長野車いすマラソン大会 長野市 16位 53分31秒 男子総合 [77]
2006年4月16日 第2回長野車いすマラソン大会 長野市 30位 1時間01分48秒 男子総合 [77]
2008年4月20日 第4回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 2位 51分14秒 [78]
2008年12月7日 日産カップ追浜チャンピオンシップ 2008 神奈川県横須賀市 T52 1位 56分54秒 男女総合21位 [79]
2009年4月19日 第5回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 2位 52分21秒 男女総合26位 [80]
2010年4月18日 第6回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 2位 54分26秒 男女総合20位 [81]
2012年4月15日 第37回全国健勝マラソン加賀温泉郷大会 石川県加賀市 車いす49歳以下 3位 1時間24分03秒 男女総合5位 [82]
2014年4月20日 第10回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 1位 1時間18分31秒 [83]
2015年4月19日 第11回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 2位 57分20秒 [84]
2016年4月17日 第12回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 1位 1時間06分21秒 [85]
2016年9月25日 第28回全国車いすマラソン大会 兵庫県篠山市 シニア1クラス2 1位 1時間15分53秒 [86]
2017年4月16日 第13回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 2位 58分53秒 [87]
2018年4月15日 第14回長野車いすマラソン大会 長野市 T52 6位 1時間18分37秒 [88]

受賞[編集]

2014年、「障がい者スポーツの普及に尽力し、会員の高田稔浩選手が3大会連続でパラリンピックに出場したほか、 生涯スポーツとして車いすマラソンの普及と『大分国際車いすマラソン』など競技の参加を続けてきた」として、福井県身体障害者陸上競技協会に「 FBC かがやき基金かがやき賞」が授与された。[93]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ クラス分け説明表 2015年度版 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2015年8月5日). 2015年9月1日閲覧。 “障害種別:(車椅子) 頸髄損傷 脊髄損傷 切断 機能障害、クラス: T52 、クラス説明:肘の屈筋と伸筋、手首の背屈筋および手の掌屈筋が機能する。手指の屈伸筋の機能は不十分であり、手内筋は萎縮している(神経機能残存レベル C7/8)。”(原文は表)
  2. ^ 車いすマラソンで上与那原と笹原が銀、高田は銅メダル”. Sportsnavi. Yahoo! Japan (2008年9月18日). 2016年8月7日閲覧。 “車いすT52クラスの上与那原寛和が1時間40分10秒で銀、前回優勝の高田稔浩が1時間40分20秒で銅メダルを獲得した。”

出典[編集]

  1. ^ a b 2012パラリンピックロンドン大会 選手名鑑 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 21 (2012年8月13日). 2015年9月1日閲覧。
  2. ^ 森山俊子『学校だより』11月号 No. 7、高浜町立高浜小学校(2011年)、p. 1。
  3. ^ a b 河北彬光 (2012年8月25日). “難病に負けぬ姿を 3度目のパラ五輪、福井の高田選手”. 中日新聞. 2015年9月11日閲覧。
  4. ^ 男子800メートルで日本がワンツーフィニッシュ”. AFPBB News (2008年9月17日). 2015年9月20日閲覧。
  5. ^ 車いすマラソンで上与那原と笹原が銀、高田は銅メダル”. Sportsnavi. Yahoo! Japan (2008年9月18日). 2015年9月21日閲覧。
  6. ^ 高田稔浩選手ロンドン2012パラリンピック競技大会結果報告!”. 福井県 (2012年9月14日). 2015年9月11日閲覧。
  7. ^ 同じ病の娘の希望に 陸上・高田選手「走り続ける」”. 朝日新聞デジタル (2012年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  8. ^ 第32回大分国際車いすマラソン大会 開催!”. 大分県障がい者体育協会 (2012年). 2015年9月15日閲覧。
  9. ^ 樋口、圧巻の4連覇 長野車いすマラソン・男子T53/54”. 47NEWS (2014年4月21日). 2015年9月18日閲覧。
  10. ^ トラック競技 日本記録(男子) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2016年6月5日). 2016年7月6日閲覧。
  11. ^ 第21回関東パラ陸上競技選手権大会記録一覧 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2016年7月4日). 2016年7月6日閲覧。
  12. ^ トラック競技 日本記録(男子) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2016年9月30日). 2017年8月5日閲覧。
  13. ^ Records - IPC Athletics” (英語). 国際パラリンピック委員会 (2017年). 2017年8月5日閲覧。
  14. ^ a b ヒストリー 全大会のトピック”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  15. ^ a b 大会記録など”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  16. ^ a b c d e アテネパラリンピック大会競技結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2004-09-28 ). 2015年9月2日閲覧。
  17. ^ a b c d e 2006ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2006年). 2015年9月17日閲覧。
  18. ^ a b c d e f Results Book from 2011 IPC Athletics World Championships (PDF)” (英語). 国際パラリンピック委員会 (2011年1月31日). 2015年9月2日閲覧。
  19. ^ a b c 2006 IPC陸上競技世界選手権大会各選手の記録一覧 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 2 (2006-09-10 ). 2015年9月2日閲覧。
  20. ^ a b c パラリンピック北京大会成績一覧表 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2008年9月17日). 2015年9月2日閲覧。
  21. ^ a b c 北京2008パラリンピック 日本代表選手団リザルト (PDF)”. 日本パラリンピック委員会. p. 3 (2012年11月14日). 2015年9月2日閲覧。
  22. ^ a b c d 2011世界選手権大会 成績一覧 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2011年2月3日). 2015年9月2日閲覧。
  23. ^ a b c d ロンドン2012パラリンピック競技大会 1日目~10日目まで 日本選手総合結果 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟. p. 1 (2012年9月10日). 2015年9月2日閲覧。
  24. ^ a b c d ロンドン2012パラリンピック 日本代表選手団リザルト (PDF)”. 日本パラリンピック委員会. p. 1 (2012年11月14日). 2015年9月2日閲覧。
  25. ^ a b 2001ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2001年). 2015年9月17日閲覧。
  26. ^ a b トラック競技 日本記録(男子) (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2015年3月10日). 2015年9月1日閲覧。
  27. ^ a b c d e 第10回 関東身体障害者陸上競技選手権大会 トラック (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2005年7月17日). 2015年9月4日閲覧。
  28. ^ a b 2002ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2002年). 2015年9月17日閲覧。
  29. ^ a b c 2003ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2003年). 2015年9月17日閲覧。
  30. ^ a b c 2004ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2004年). 2015年9月17日閲覧。
  31. ^ a b c 2006開催大会記録全選手分 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2006年6月30日). 2015年9月21日閲覧。
  32. ^ a b c 第18回日本身体障害者陸上競技選手権大会 トラック種目 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2007年5月27日). 2015年9月4日閲覧。
  33. ^ a b c 2007ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2007年). 2015年9月17日閲覧。
  34. ^ a b 2008ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2008年). 2015年9月18日閲覧。
  35. ^ a b 「第14回関東身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧表 トラック種目 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2009年7月17日). 2015年9月15日閲覧。
  36. ^ a b 2009ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2009年). 2015年9月18日閲覧。
  37. ^ a b c d 2010ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2010年). 2015年9月18日閲覧。
  38. ^ 「第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧表 100m (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年7月). 2015年9月21日閲覧。
  39. ^ 「第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧表 200m (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年7月). 2015年9月21日閲覧。
  40. ^ 「第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧表 400m (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年7月). 2015年9月21日閲覧。
  41. ^ 「第22回日本身体障害者陸上競技選手権大会」成績一覧表 800m (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2011年7月). 2015年9月21日閲覧。
  42. ^ a b c 2011ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2011年). 2015年9月18日閲覧。
  43. ^ a b c d 2014ジャパンパラ陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2014年). 2015年9月18日閲覧。
  44. ^ a b c 2012ジャパンパラリンピック陸上競技大会 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2012年). 2015年9月18日閲覧。
  45. ^ a b c 第25回日本身体障害者陸上競技選手権大会 結果表 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2014年6月17日). 2015年9月21日閲覧。
  46. ^ 男子T52 400m 決勝”. ジャパンパラ大会公式ホームページ (2015年9月20日). 2015年9月21日閲覧。
  47. ^ 男子T52 1500m 決勝”. ジャパンパラ大会公式ホームページ (2015年9月20日). 2015年9月21日閲覧。
  48. ^ a b c 第28回日本パラ陸上競技選手権大会 競技記録一覧 (PDF)”. 日本パラ陸上競技連盟 (2017年). 2018年9月11日閲覧。
  49. ^ a b 2017 ジャパンパラ陸上競技大会 記録集 Results (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会 (2017年). 2018年9月9日閲覧。
  50. ^ 第20回大会(2000年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  51. ^ 第20回大分国際車いすマラソン大会大分国際車いすマラソン大会事務局。
  52. ^ 第21回大会(2001年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  53. ^ 第21回大分国際車いすマラソン大会大分国際車いすマラソン大会事務局。
  54. ^ 第22回大会(2002年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  55. ^ 第23回大会(2003年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  56. ^ 第23回大分国際車いすマラソン大会大分国際車いすマラソン大会事務局。
  57. ^ 第24回大会(2004年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  58. ^ 第25回大会(2005年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  59. ^ 第26回大会(2006年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  60. ^ 第27回大会(2007年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  61. ^ 第28回大会(2008年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  62. ^ 第29回大会(2009年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  63. ^ 男子車いす マラソン (Marathon Wheelchair Men's) (PDF)”. 東京マラソン財団. p. 1 (2010年2月28日). 2015年9月6日閲覧。
  64. ^ 第30回大会(2010年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  65. ^ 第31回大会(2011年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  66. ^ 第24回全国車いすマラソン大会 完走者記録 (PDF)”. ひょうご障害者スポーツサイト. p. 1 (2012年9月30日). 2018年8月20日閲覧。
  67. ^ 第32回大会(2012年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  68. ^ 第33回大会(2013年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  69. ^ 第34回大会(2014年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  70. ^ 第35回大会(2015年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2017年8月5日閲覧。
  71. ^ 第36回大会 マラソン記録”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2018年8月22日閲覧。
  72. ^ 第18回大会(1998年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2018年8月22日閲覧。
  73. ^ 第18回大分国際車いすマラソン大会大分国際車いすマラソン大会事務局。2018年8月22日閲覧。
  74. ^ 第19回大会(1999年)”. 大分国際車いすマラソン大会事務局. 2018年8月22日閲覧。
  75. ^ 第19回大分国際車いすマラソン大会大分国際車いすマラソン大会事務局。2018年8月22日閲覧。
  76. ^ 2001年大会 記録一覧”. 日産カップ大会実行委員会事務局. 2015年9月6日閲覧。
  77. ^ a b 第1回、第2回 大会記録 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会. p. 1. 2018年8月22日閲覧。
  78. ^ 第3回、第4回 大会記録 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会. p. 1 (2008年). 2018年8月22日閲覧。
  79. ^ 2008年大会 3日目 記録一覧”. 日産カップ大会実行委員会事務局. 2015年9月6日閲覧。
  80. ^ 第5回 全選手成績 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会 (2009年). 2018年8月22日閲覧。
  81. ^ 第6回 全選手成績 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会 (2010年). 2018年8月22日閲覧。
  82. ^ 第37回全国健勝マラソン加賀温泉郷大会総合成績 ハーフ車イスの部 (PDF)”. ラップシステム. p. 1 (2012年). 2018年8月22日閲覧。
  83. ^ 第10回長野車いすマラソン大会 競技結果 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会. p. 2 (2014年). 2018年8月22日閲覧。
  84. ^ 第11回長野車いすマラソン大会 競技結果 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会. p. 2 (2015年). 2018年8月22日閲覧。
  85. ^ 第12回長野車いすマラソン大会 競技結果 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会. p. 3 (2016年). 2018年8月22日閲覧。
  86. ^ 第29回全国車いす マラソン大会 参加募集要項 (PDF)”. 兵庫県健康福祉部障害福祉局 (2017年7月7日). 2017年8月5日閲覧。
  87. ^ 第13回長野車いすマラソン大会 競技結果 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会. p. 2 (2017年). 2018年8月22日閲覧。
  88. ^ 第14回長野車いすマラソン大会 競技結果 (PDF)”. 長野車障がい者スポーツ協会. p. 1 (2018年5月24日). 2018年8月22日閲覧。
  89. ^ a b パラ五輪3冠、高田さんに銀杯 【2004年10月27日】”. 福井新聞 (2015年7月23日). 2015年9月18日閲覧。
  90. ^ a b 福井市名誉市民・市民栄誉賞”. 福井市 (2015年7月23日). 2015年9月2日閲覧。
  91. ^ パラ五輪金の高田さんに県栄誉賞 【2004年10月5日】”. 福井新聞社 (2014年10月5日). 2015年9月4日閲覧。
  92. ^ ロンドンパラリンピック出場 高田稔浩選手 報告会”. 市長の部屋. 福井市役所 (2014年1月31日). 2018年9月13日閲覧。
  93. ^ FBC かがやき基金”. 福井放送 (2015年7月23日). 2015年9月2日閲覧。
  94. ^ 福井県障害者陸上競技協会・髙田稔浩選手 2016年05月14日(土)放送”. チカッペ+. 福井テレビ (2016年5月). 2018年8月20日閲覧。
  95. ^ 2018年福井国体・障スポ「融合型」PV公開 バドミントン山口茜さんら出演”. 福井経済新聞 (2017年12月19日). 2018年9月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]