トンブクトゥ写本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トンブクトゥ写本の例。

トンブクトゥ写本(トンブクトゥしゃほん、フランス語: Manuscrit de Tombuctou)はマリ共和国北部の都市・トンブクトゥが13~17世紀に全盛を極めてイスラム世界の教育の中心になった時に、そこで作成されたイスラムおよびその他の分野を広くカバーする様々なテキストの写本で、長らく個人で所蔵されていたものが20~21世紀に組織的に公共施設へ収集が進んだ。

概要[編集]

トンブクトゥは過去にイスラム文化の教育中心[編集]

13世紀から17世紀にかけて、特にマリ帝国とそれに続く王国の時期、莫大な富に裏打ちされたトンブクトゥはイスラム文化およびその他文化の教育中心であった。そのころ使われたテキストは「トンブクトゥ写本」(Timbuktu Manuscripts)と呼ばれている。

写本は過去個人所蔵だった[編集]

トンブクトゥ写本は多数あり、乾燥した地域の多数の個人が所有の形で、倉庫・洞窟・地下などに長らく大切に保管されてきた。しかし、トンブクトゥはニジェール川の近くにあり、湿気やシロアリによる被害も進んできていた。

写本を公共施設へ収集[編集]

20世紀後半になって外国の文化基金やヨーロッパの大学の協力もあり、組織的な収集が行われてきて、国内のアーメド・ババ研究所(Ahmed Baba Institute)、ママ・ハイダラ記念図書館(Mamma Haidara Commemorative Library)などへ、またイスラム文化に関連した世界の大学・研究所への寄贈が行われている。

2012~13年のマリ北部紛争の終盤にこうした公共施設に保管されていた写本のほとんどが焼却される被害に遭ったと一部に報道されたが、紛争中にひそかに首都のバマコへ搬出されて、安全に保管されていることが分かった。[1]

脚注[編集]

  1. ^ ジョシュア・ハマー(Joshua Hammer)著『アルカイダから古文書を守った図書館員』(紀伊國屋書店、2017年)

外部リンク[編集]