トンガの交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファアモツ国際空港
ネイアフ港

トンガの交通(トンガのこうつう)では、トンガ交通システムについて取り上げる。トンガの交通網道路海路空路の3つから成る。幹線道路の総延長は680km舗装路は184kmである。ほかにも多くの空港港湾が整備されている。

主要な港湾は3つで、ネイアフNeiafu)、ヌクアロファパンガイPangai)が挙げられる。1,000英トンを超す商船は7隻登録されている。これらの無積載時総重量は17,760英トンである。船種別では、ばら積み貨物船1、貨物船2、LNGタンカー2、石油タンカー1、ロールオン・ロールオフ船(ローロー船)1となっている。

1999年の推計によれば、トンガ国内には6つの空港がある。そのうち、舗装された滑走路を持つ空港はトンガタプ島ファアモツ国際空港とヴァヴァウ島(Vavaʻu)のヴァヴァウ国際空港の2港である。滑走路長は、2港が1,524m以上、2港が914m以上1,524m未満、2港が914m未満である。トンガの国内便はパウ・ヴァヴァウ航空(Peau Vavaʻu)が運航していたが、同社社屋が焼失し破綻した。