トルクメニスタンの査証政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アシガバート空港にてシンガポール国籍の旅券に貼られたトルクメニスタンの査証と出入国印

トルクメニスタンの査証政策(トルクメニスタンのさしょうせいさく)では、トルクメニスタン政府がトルクメニスタンに渡航しようとしている外国人に対して行っている査証(ビザ)政策について記述する。

概要[編集]

トルクメニスタンの法律では全ての国籍の外国人がトルクメニスタン入国に際して査証を取得することを義務付けている。トルクメニスタンの査証を取得する際にはトルクメニスタン政府に登録された旅行代理店にて発行された招待状が必要である[1]

トルクメニスタン政府公認の会社にて発行された招待状を所持している者はトルクメニスタン外務省から10日間有効な査証が発行され、さらに10日間延長も可能である。

アシガバート空港の制限区域内は全ての外国人が無査証で利用可能である。

特別許可[編集]

外国人がケルキ、ハザール、ダショグズ、セラフス、セルヘタバットを訪問する際には入国前にトルクメニスタン外務省の特別許可が必要である。

査証免除の特例[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]