トリプルキャッチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トリプルキャッチャーは、インナーが販売しているクレーンゲームである。かつてはアトラスから販売されていたが、アトラス製の販売とサポートはアトラス(旧社)を吸収合併したインデックス(旧社)時代に全て終了している。アトラス製の各種権利は、2013年12月に実施されたアトラス(新社)のアーケードゲーム事業のセガへの移管に伴い、セガホールディングスセガ・インタラクティブ(2社共2015年3月まではセガ)が保有している[1][2]

シリーズ[編集]

アトラス発売[編集]

トリプルキャッチャー[編集]

初代機。2004年登場。

トリプルキャッチャーメガ[編集]

トリプルキャッチャーの巨大版。アームの形状が変更された。2005年登場。

トリプルキャッチャーメガダッシュ[編集]

筐体形状が一新した。また、ウォレットスペース(財布置き場)を新設し、遊びやすさとデザイン性を両立させた[3]2006年登場。

トリプルキャッチャープチ[編集]

小型タイプの機種。2006年登場。

トリプルキャッチャーギガ[編集]

トリプルキャッチャーメガダッシュの巨大版。カラーバリエーションは青と黒。2006年登場。

トリプルキャッチャーアイス[編集]

冷凍機メーカーの協力により、-25℃の冷凍機能を備え、これまで困難だったアイス景品の使用を実現した。また、冷凍機とゲーム機電源は、個別にオン/オフにすることができる。[4]2008年登場。

トリプルキャッチャーギガプラス[編集]

トリプルキャッチャーギガの巨大版で、アトラスとしては最後の機種。最大で6分割可能な筐体になったことで、これまで導入が難しかったロケーションにも搬入しやすくなったほか、デザイン物の交換が容易になるなど、改良が施された。2009年登場。

インナー発売[編集]

ニュートリプルキャッチャー[編集]

アトラスのアーケードマシン事業が2013年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)へ移管されたため、発売元はインナーとなった。従来とは大幅にリニューアルされた他、アーム速度を自由に設定できるようになった。2016年登場。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社インデックスのアミューズメント事業のグループ内移管についてセガプレスリリース 2013年12月2日
  2. ^ a b 「トリプルキャッチャーメガ/メガダッシュ/ギガ」電源スイッチ周辺部品の点検及び、新仕様部品への交換のお願いセガ・ロジスティクスサービス 2015年1月
  3. ^ トリプルキャッチャーメガダッシュアミューズメントジャーナル
  4. ^ トリプルキャッチャーアイスアミューズメントジャーナル
  5. ^ インデックス社(旧アトラス社)製品「トリプルキャッチャーシリーズ」部品販売・先貸し出し・現物修理業務終了のお知らせセガ・ロジスティクスサービス 2012年12月