トネリコバノカエデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トネリコバノカエデ
Acer negundo tree.jpg
自然公園内のトネリコバノカエデ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: カエデ科 Aceraceae
: カエデ属 Acer
: トネリコバノカエデ A. negundo
学名
Acer negundo L.
和名
トネリコバノカエデ

トネリコバノカエデ(アメリカ英語: Ash-leaved maple, イギリス英語: Ashleaf maple)とはカエデ科の植物の1種。学名はAcer negundo。別名はネグンドカエデアメリカ合衆国ではボックスエルダー・メイプル(Box elder, Boxelder maple)とも。

種小名ニンジンボクVitex negundo)が語源で、葉の形状が類似することにちなむ[1]

特徴[編集]

北アメリカ原産の落葉低木で、高さは10–25m、幹の太さは30-50㎝。雌雄異花で花期は4月頃。落葉樹であるが紅葉はしない。繁殖は挿し木、接ぎ木による。種子は他のカエデ属と同様の翼果

日本への移入[編集]

日本への移入は明治時代以後。葉がトネリコ(Ash)に似ている事からついた英名からの訳として、トネリコバノカエデの名が用いられた。寒冷地向きで、北海道では街路樹となっている。

用途[編集]

公園木によく使われ、葉に斑が入った園芸品種がある。その品種には、斑を炎に見立てラテン語の「flamma」から「フラミンゴ」という品種名が付いている。

樹液は、メイプルシロップメイプルシュガーとして利用される。

脚注[編集]

  1. ^ Derivation of some scientific names→"N"