トックリクジラ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トックリクジラ属
キタトックリクジラ切手
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: アカボウクジラ科 Ziphiidae
亜科 : トックリクジラ亜科 Hyperoodontinae
: トックリクジラ属 Hyperoodon
学名
Hyperoodon
Lacépède1804

トックリクジラ属(徳利鯨属、Hyperoodon)はハクジラ亜目アカボウクジラ科に属するの一つである。同じアカボウクジラ科のオウギハクジラ属タイヘイヨウアカボウモドキ属に似ており、これら3属でトックリクジラ亜科 (Hyperoodontinae) を構成する。

トックリクジラ属に属するのはキタトックリクジラ(北徳利鯨、Hyperoodon ampullatus)とミナミトックリクジラ(南徳利鯨、Hyperoodon planifrons)の2種のクジラである。

概要[編集]

キタトックリクジラとミナミトックリクジラはともに比較的寒冷な海域に棲息する。 従来はこれら2種は身体的な類似点が多いとされていたが、近年ではむしろ違いが大きいことがわかってきている。 キタトックリクジラは19世紀から20世紀初頭までノルウェーイギリスによって大規模な商業捕鯨の対象とされていた。 ノルウェーは1973年にキタトックリクジラの捕獲を中止した。 一方、ミナミトックリクジラは滅多に観察されることもなく、捕鯨の対象とされたこともなく、南極海において最も多数棲息しているクジラであろうと考えられている。

和名のトックリ(徳利)は頭部の形状が徳利に似ていることに由来する。属名はギリシャ語で「上・超」を意味する「hyper- (υπερ-)」と「歯」を意味する「 donti (δόντι)」 を合わせたもの。本属の上顎に歯は無いが、1798年のBaussardという学者による「上顎に小歯がある」という記述を信じたLacépèdeが属名を付けたもの。この「小歯」は実際には上顎の骨質のシワを「歯」と誤認したものとされる。

分類[編集]

トックリクジラ属 Hyperoodon

模式種は Hyperoodon butskopf Lacépède, 1804(= Hyperoodon ampullatus キタトックリクジラ)(単模式)

形態[編集]

トックリクジラは2種とも成体の体長は8mから10mに達し、全体的に丸っこい体型である。特に頭部メロンは丸く、前方に飛び出している。口吻は長く、雄は白、雌は灰色である。背びれは30cmから38cmで体長の割には小さく、背の中央よりも後側(尾側)に位置し、鎌状に曲がっていて、先端は尖っている。

背側の体色は、キタトックリクジラは灰色、ミナミトックリクジラはやや明るい灰色である。2種とも腹側はより明るい灰色である。また雄の方が雌や子供に比べると濃い灰色であり、多くの雄が濃い灰色から黒に近いのに対し、多くの雌や子供は明るい灰色から白に近い。

生息数と生息域[編集]

キタトックリクジラは北大西洋に固有な種である。デーヴィス海峡ラブラドル海グリーンランド海バレンツ海などの寒冷な亜北極圏の海域に棲息する。水深の深い海域を好むとされる。カナダノヴァスコシア州の東沖にあるザ・ガリー (en:The Gully) と呼ばれる巨大な海底渓谷には130頭ほどが定住している。

全生息数不明であるが、およそ数万頭であると考えられる。

ミナミトックリクジラは南極海に棲息する。 生息域の南限は南極大陸の極近くまで、北限は南アフリカニュージーランド北島、ブラジル南部あたりである。全生息数はおそらく50万頭を超えるだろうと考えられている。

尚、南極海において最も多く生息しているであろうとされるミナミトックリクジラであるが、ナンキョクオキアミを捕食するイカ類を捕食する事で間接的にオキアミを消費しており、本種を含む南極海のアカボウクジラ科(他にミナミツチクジラが生息している)のクジラの消費量はオキアミ換算で2400万トンであり、これは、クロミンククジラの1600万トンを上回り、ペンギン類の3300万トンに匹敵するとされる。本種が南極海のアカボウクジラ科というより、南極海の鯨全体で一番オキアミ資源を消費しているとされるが、厳密には不明である。

熱帯亜熱帯における目撃例も報告されているが、おそらくタイヘイヨウアカボウモドキ(同じトックリクジラ亜科に属する珍しいクジラ)の間違いであろうと考えられる。他のアカボウクジラ類との関係はまだ明らかにされていない。

保護[編集]

ミナミトックリクジラについては特に懸念点はない。

キタトックリクジラは、商業捕鯨が盛んになる以前には大西洋に4万から5万頭が棲息していたと推測されている。 1850年から1973年までに8万8千頭が主にノルウェーとイギリスによって捕獲されたため、生息数はかなり減少したと考えられる。 捕鯨は1973年に中止されたためその点に関する懸念はなくなったが、ザ・ガリー (The Gully) 付近における石油天然ガスの開発が新たな問題として浮上している。

2006年1月20日、キタトックリクジラの雌がロンドン中央部のテムズ川で見つかった[BBC News]。 テムちゃん (en:River Thames whale) はアルバート橋 (en:Albert Bridge) まで遡上した。 はしけに乗せて海まで運んで救出することが試みられたが、翌21日に死亡した[BBC News]。

参考文献・外部リンク[編集]

  1. Shannon Gowans, Bottlenose Whales in the Encyclopedia of Marine Mammals (1998). ISBN 0125513402
  2. Reeves et al., National Audubon Society Guide to Marine Mammals of the World (2002). ISBN 0375411410.
  3. Carwardine, Whales, Dolphins and Porpoises (1995). ISBN 0751327816
  4. Marine Bio: Northern Bottlenose Whale
  5. Marine Bio: Southern Bottlenose Whale
  6. 70South - information on the Bottlenose Whale
  7. Northern Bottlenose Whale
  8. BBC News 2006年1月20日 テムズ川で見つかったキタトックリクジラのニュース
  9. BBC News 2006年1月21日 テムズ川で見つかったキタトックリクジラ死亡のニュース
  10. 村山司、笠松不二男『ここまでわかったクジラとイルカ』(講談社、1996)ISBN 4062571080
  11. 海棲哺乳類図鑑「キタトックリクジラ」 国立科学博物館 動物研究部
  12. 海棲哺乳類図鑑「ミナミトックリクジラ」 国立科学博物館 動物研究部